当サイトの記事は広告を含みます。

ThinkBook 15 Gen4 AMDの実機レビュー

ThinkBook 15 Gen4 AMDのレビュー概要

スタイリッシュなビジネスノート

今回レビューしたThinkBook 15 Gen4がAMDのRyzen5000シリーズ搭載のスタイリッシュなビジネスノートパソコンです。

しっかり使えるパフォーマンスとリーズナブルな価格帯を両立したモデルとなっています。

こんなタイプにマッチ

  • 自宅でPCを使う人
  • 安くてしっかり使えるPCが欲しい人

簡易スペック表

発売日 2022年12月27日
CPU Ryzen5 5625U
Ryzen7 5825U
RAM 8~16GB
ストレージ 256GB~1TB
画面サイズ 15.6インチ
GPU Radeon Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1770g
Cinebench R20 2876pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2023年4月3日時点で78,540円(税込)。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDの特徴

ここではThinkBook 15 Gen4 AMDの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

高いパフォーマンス

ThinkBook 15 Gen4はRyzen5000シリーズを搭載しているため、一般用途で使う上で十分以上のパフォーマンスを持ったノートパソコンです。

 

ノイズキャンセリング搭載

ターゲットをビジネスパーソン層としていることもあり、ビデオミーティングで使えるAIノイズキャンセリングマイクを搭載しています。

 

優れたインターフェイス

USB Type-CやフルサイズHDMIをはじめ、豊富なインターフェイスを備えています。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDの価格とコストパフォーマンス

ThinkBook 15 Gen4 AMDは他社を含めて、このクラスのノートパソコンではダントツに近いコストパフォーマンスを誇ります。

2023年4月3日時点で78,540円(税込)。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのスペック

今回レビューしたThinkBook 15 Gen4 AMDのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年12月27日
製品名 ThinkBook 15 Gen4 AMD
型式 21DL007XJP
サイズ 235×357×18.9mm
重量(実測) 本体 1770g
電源アダプタ 350g
CPU Ryzen5 5625
GPU Radeon Graphics
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 45Whr
公称値 11時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2876pts、シングルコア534ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Ryzen5000シリーズらしく高いパフォーマンスを持っています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は7438pts、シングルコア1405ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は2500MB/sを超えており、十分なパフォーマンスを備えています。実使用で使っていて不満は全くありません。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2069 重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファン音が聞こえる
GPUテスト時 ファン音が聞こえる

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 59.0% 59.4%
Adobe RGB 44.1% 44.1%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:618.46Mbps
ポイント②:250.94Mbps
ポイント③:618.78Mbps
ポイント④:506.77Mbps
ポイント⑤:280.63Mbps
ポイント⑥:147.04Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 618.46 571.14 13
ポイント② 250.94 261.23 15
ポイント③ 618.78 567.84 14
ポイント④ 506.77 522.86 14
ポイント⑤ 280.63 304.94 13
ポイント⑥ 147.04 161.8 14

 

通信スピードテストの評価

全エリアでダウンロード、アップロードともに十分なパフォーマンスが得られています。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのUSB-C(PD)による充電テスト

今回はテストを行なっておりません。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDの外観

天板はThinkBookの大きめのロゴとLenovoのマークとなっています。上下で加工が少し異なる点が特徴です。

 

背面は無塗装のプラスチックとなっています。

 

開いた様子です。ベゼルは左右狭め、上下は普通です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。テンキーを搭載しています。タッチパッドが全体的に左寄りになっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.59mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、105mmとなりました。

 

本体右側はセキュリティホール、フルサイズ有線イーサネットコネクタ、USB Type-A、4in1メディアリーダーが付属します。

 

本体左側にはUSB Type-Cポートが二つ、フルサイズHDMI、USB Type-A、コンボジャックが付属します。

 

本体の重量を測定したところ、1770gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2120gとなりました。充電器単体では350gとなります。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのメリット・魅力

シンプルなデザイン

ThinkBookはGen1から変わらずビジネススタイリッシュのコンセプトを貫きとうしている点が特に大きなメリットと言えます。普通10万円以下の価格帯になるとどうしても安っぽさが見えてしまう弱点がある一方で、ThinkBookにはあまりそういった点を感じません。

 

テンキー搭載で入力性が高い

15インチサイズはThinkBookシリーズの中で唯一、テンキーを搭載しているモデルです。ビジネスパーソンの中でも数字入力が多い人には大きな力となるでしょう。

 

インターフェイスが魅力

特徴のところでも述べた通り、ビジネスシーンで使うインターフェイスが一通り揃っている点が魅力と言えます。特に4in1メディアリーダーにより、SDカードを含む外部メディアの取り込みが容易になる点は評価が大きいポイントです。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのデメリット・欠点

見た目の割に重め

スタイリッシュな見た目の割に本体質量は重めです。そのため持ち運びにはあまり向きません。

 

AMDモデルはThunderbolt非対応

本モデルにはAMDとintelモデルがありますが、こちらはThunderboltに非対応です。もしThunderboltを使って外部拡張を作りたい場合は、intel版を購入する方が良いですが、2022年4月3日時点では販売が中止されています。必要に応じて公式サイトを確認しましょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ThinkBook 15 Gen4 AMD
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

15インチノートパソコンの中で低価格と見た目の良さ、さらにパフォーマンスの全てのバランスが取れたノートパソコン。インターフェイスが多いので、どんな人でも使いやすい一台と言えるでしょう。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDがおすすめな人

安さと見た目を両立したいタイプ

本モデルはパソコンは安く手に入れたい、しかし見た目が安っぽいのは嫌だという人に最もおすすめです。特にパフォーマンス面は十分以上のため、長く使えるパソコンと言えます。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDがおすすめではないタイプ

持ち運びが多い人

15インチクラスということに加え、同じクラスの製品群と比較しても質量が重めです。もし購入する場合で同価格帯が良いなら、インチサイズを落としたものを検討すると良いかもしれません。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルは最もリーズナブルなRyzen5、8GBのモデルに最も優位性がある(コストパフォーマンスが高い)製品です。そのため、それ以上のモデルを買うのであれば、別のモデルと比較しても良いレベルです(例えばThinkPadなど)。ですので、カスタマイズを中心に見るのではなく、他モデルとの比較も合わせて行いましょう。

公式サイトを見る

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDの実機レビューまとめ

見た目にこだわりたい人に

結論

ThinkBook 15 Gen4は安さと見た目両方にこだわる事ができる15インチノートパソコンです。

安いパソコンでも性能はしっかりしたものが欲しいという人はぜひ候補に上げるようにしてみてください。

2023年4月3日時点で78,540円(税込)。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

ThinkBook 15 Gen4 AMDを安く買う方法

ThinkBook 15 Gen4 AMDに限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年5月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト