ThinkPad E14 Gen4の実機レビュー

ThinkPad E14 Gen4のレビュー概要

エントリーThinkPad

ThinkPad E14 Gen4は過去モデルからコンセプトはそのままにintel 第12世代へパワーアップしたモデルです。

10万円以下から購入できるため、ThinkPadの中ではリーズナブルでありながら、優れたタイピング性能はそのまま搭載したパソコンになっています。

こんなタイプにマッチ

  • タイピングが多い人
  • シンプルなPCが良い人
  • ビジネスパーソン

簡易スペック表

発売日 2022年4月22日
CPU Core i7-1255U
Core i5-1235U
Core i3-1215U
Core i7-1260P
Core i5-1240P
Core i3-1215U
RAM 8~40GB
ストレージ 256GB~1TB
画面サイズ 14インチインチ
GPU intel UHD Graphics
Iris Xe Graphics
GeForce MX550
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 1600g
Cinebench R20 3146pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年11月20日時点で税込91,652円から。現在の価格については公式サイトでご覧ください。

 

ThinkPad E14 Gen4の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

ThinkPad E14 Gen4の特徴

ここではThinkPad E14 Gen4の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

第12世代で高いパフォーマンス

ベンチマーク結果でも後述しますが、intel 第12世代のプロセッサを採用しているため、パフォーマンスが大幅に向上しています。

 

Pシリーズプロセッサも選択可能

トップページではUシリーズしか表記されていませんが、BTOカスタマイズ項目に入るとPシリーズを選択することも可能になります。少し価格は上がるものの、パフォーマンスはさらに向上するので処理能力を追求する人はチェックしておくべきでしょう。

 

カメラやWi-Fiなど細かくカスタマイズ可能

ThinkPad E14 Gen4は上記のプロセッサの他にオプション項目が多彩です。自分が求めるパフォーマンスに合わせてチョイスしていくと良いでしょう。

 

ThinkPad E14 Gen4の価格とコストパフォーマンス

本モデルはThinkPadのエントリー機ということもあり、コストパフォーマンスに非常に優れています。好みが分かれる部分とはいえ、タイピング性能に関してはトップレベルの性能と言えるでしょう。

2022年11月20日時点で税込91,652円から。現在の価格については公式サイトでご覧ください。

 

ThinkPad E14 Gen4のスペック

今回レビューしたThinkPad E14 Gen4のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年4月22日
製品名 ThinkPad E14 Gen4
型式 21E300DFJP
サイズ 220×324×17.9mm
重量(実測) 本体 1600g
電源アダプタ 305g
CPU Core i5-1235U
GPU intel UHD Graphics
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 45Whr
公称値 16.17時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

ThinkPad E14 Gen4のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3146pts、シングルコア566ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Core i5でありながら、3000ptsを超えるパフォーマンスをたたき出しており、十分と言えるでしょう。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は7853pts、シングルコア1568ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は3200MB/s以上となっており、ノートパソコンとしてはトップクラスです。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 1138 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファンの音が聞こえる
GPUテスト時 ファンの音が聞こえる

 

ThinkPad E14 Gen4のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 60.5% 60.6%
Adobe RGB 44.9% 44.9%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

ThinkPad E14 Gen4の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:612.08Mbps
ポイント②:395.15Mbps
ポイント③:646.07Mbps
ポイント④:556.57Mbps
ポイント⑤:397.1Mbps
ポイント⑥:221.34Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 612.08 570.29 17
ポイント② 395.15 415.63 17
ポイント③ 646.07 575.25 15
ポイント④ 556.57 492.1 15
ポイント⑤ 397.1 391.25 15
ポイント⑥ 221.34 130.19 14

 

通信スピードテストの評価

最長距離においても200Mbpsを超えるパフォーマンスが出ており、十分な数値と言えるでしょう。

 

ThinkPad E14 Gen4のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。30W以下では低速充電表示が出ました。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

ThinkPad E14 Gen4の外観

天板はThinkPadらしいデザインとなっています。過去モデル同様にiの部分は起動時に赤く光ります。

 

開いた様子です。ベゼル幅は横が狭め、上下は少し広めです。

 

最大開き角は180°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、1.8mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、19.24mmとなっています。ThinkPadらしい深いキーストロークが魅力です。

 

タッチパッド幅を計測したところ、100mmとなりました。タッチパッドは扱いやすく、使いやすい印象を受けました。

 

本体右側にはUSB Type-C、フルサイズイーサネットコネクタ、USB Type-Aが搭載されています。

 

本体左側にはUSB Type-C、USB Type-A、フルサイズHDMI、ヘッドフォンジャックを備えます。

 

本体の重量を測定したところ、1600gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1905gとなりました。充電器単体では305gとなります。

 

ThinkPad E14 Gen4のメリット・魅力

コストパフォーマンスが高い

ThinkPad E14 Gen4は相変わらずコストパフォーマンスの高い製品です。スペックだけでなく、筐体のクオリティを考えると10万円以下から手に入るモデルではありません。ただし、過去モデルに比べると若干コストパフォーマンスは落ちています。

 

スピーカー性能が割と良い

エントリーノートパソコンはスピーカー性能が悪くなる傾向がありますが、本機は比較的良いです。色域カバー率が低いので、映像の質を追い求めるのは少し違う気もしますが、スピーカー性能が良いに越したことはありません。

 

キーストロークは最もThinkPadらしいかも

昨今のThinkPadはキーストロークが浅くなる傾向にありますが、逆にこのモデルが過去のThinkPadのキーストロークの深さを最も体現している気がしました。ThinkPadらしい深いキーストロークが欲しい人は一度検討してみても良いかもしれません。

 

ThinkPad E14 Gen4のデメリット・欠点

14インチPCとしては重い

価格を抑えたエントリー機ならではの宿命ですが、14インチノートパソコンとしては重めなので、持ち運びにはあまり向きません。

 

Core i7以上でIris Xeになる

本機はプロセッサにいくつかのラインナップがありますが、最も注意しておいて欲しいポイントがグラフィックス。Core i7モデルのみがIris Xe Graphicsになります。

もしクリエイティブな作業をするなら、Iris Xe Graphics搭載モデルがおすすめですが、それだと値段が上がり過ぎてしまいます。この場合は、上位機種やLEIGIONといったモデルも一緒に検討することをおすすめします。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

ThinkPad E14 Gen4
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

深く、しっとりしたタイピングが魅力。値段も控え目になっているため、Core i5モデルは購入する価値あり。それ以上のプロセッサは上位モデルとの価格差がなくなっていくため、比較の上購入検討することをおすすめします。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

ThinkPad E14 Gen4がおすすめな人

自宅でよくタイピングする人

ThinkPad E14 Gen4の最大の利点はキーボードです。エントリー機とは思えない魅力的な打ち心地なので、試す機会がある人は一度ぜひ触ってみてください。

 

時々持ち運ぶ人

エントリー機でありながら、標準の充電器がUSB Type-Cになっており、もちろんPD充電に対応しています。重さのデメリットはあるものの、荷物を減らせるので時々の持ち運びならおすすめです。

 

ThinkPad E14 Gen4がおすすめではないタイプ

常時持ち運ぶ人

ThinkPad E14 Gen4はコンパクトではあるものの、クラスの中ではかなり重めです。時々なら良いですが、常時持ち運ぶのは辛いのであまりおすすめできません。

 

ThinkPad E14 Gen4のカスタマイズ・モデルの選び方

ThinkPad E14 Gen4を購入する場合、基本的にCore i5モデルが値段と性能のバランスが最も良く、コストパフォーマンスが高いためおすすめです。

それに加えて、テレワークのためにカメラ性能をアップするなど、自分好みのBTOカスタマイズを施すと良いでしょう。

公式サイトを見る

 

ThinkPad E14 Gen4の実機レビューまとめ

魅力的なエントリー機

結論

10万円以下から購入できるノートパソコンの中ではトップクラスに魅力的なタイピング性能を持っています。

文書作成をはじめ、タイピングが多い人はぜひ検討してみてください。

2022年11月20日時点で税込91,652円から。現在の価格については公式サイトでご覧ください。

 

ThinkPad E14 Gen4を安く買う方法

ThinkPad E14 Gen4に限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年11月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト