当サイトの記事は広告を含みます。

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの実機レビュー

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのレビュー概要

高性能なAMD搭載14インチノート

ThinkPad T14s Gen4はAMDのRyzen7000 Proシリーズを搭載したノートパソコンです。

マシンパフォーマンスが高く、一般的な用途において十分以上に快適に使えるモデルとなっています。

こんなタイプにマッチ

  • パフォーマンスが欲しい人
  • 高級感が欲しい人

簡易スペック表

発売日 2023年
CPU Ryzen 7 PRO 7840U
Ryzen 5 PRO 7540U
RAM 16~32GB
ストレージ 256GB~2TB
画面サイズ 14インチ
GPU AMD Radeon 740M Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 選択可能
MSオフィス 選択可能
重量 1.26kg
Cinebench R20 4093pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2024年2月13日時点で162,811円(税込)から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの特徴

ここではThinkPad T14s Gen 4 AMDの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Ryzen7000シリーズ搭載モデル

本モデルはRyzen7000の中でも上位にあたるProシリーズを搭載しており、非常に高いパフォーマンスを有しています。詳しくはベンチマーク結果で後述します。

 

豊富なカスタマイズ性

同メーカーはもともとカスタマイズをかなり細かく指定できるメーカーではありますが、本モデルは中でも際立ったカスタマイズ性があります。従って、予算に合わせて選びやすいと言えるでしょう。

 

ThnkPadならではの高級感

本モデルはブランドであるThinkPadならではの高級感を有しています。また、タイピング感覚が上品な点も注目ポイントです。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの価格とコストパフォーマンス

ThinkPadの中でも上位モデルということもあり、値段は少し高めの設定になっています。ただし、14インチノートでRyzen7000 Proシリーズ搭載モデルは市場から見れば珍しいため、そこを評価するという視点も持っておくと良いと感じました。

2024年2月13日時点で162,811円(税込)から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのスペック

今回レビューしたThinkPad T14s Gen 4 AMDのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売年 2023年
製品名 ThinkPad T14s Gen4 AMD
型式 -
サイズ 226.9×317.5×16.9mm
重量(公称値) 本体 1.26kg
電源アダプタ 未計測
CPU Ryzen 7 PRO 7840U
GPU Radeon 780M
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 500万画素
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v5.3
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 57Whr
公称値 23.1時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は4093pts、シングルコア690ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Cinebenchの結果、R20のスコアは4000ptsを超えており非常に高いパフォーマンスとなっています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は10174pts、シングルコア1743ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。ベンチマークの結果、7000MB/sを超えており非常に高いパフォーマンスを有していることがわかりました。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 3985 普通

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 75.5% 76.4%
Adobe RGB 98.1% 103.1%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの通信環境(WI-Fi)のテスト

今回はテストしておりません。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。今回はテストしておりません。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの外観

天板にはThinkPadとLenovoのロゴが配置されており、シンプルなデザインになっています。

 

背面は片側にスリットを備えるのみとなっています。

 

開いた様子です。昨今のパソコンの中では少しベゼル幅が広めな印象を受けるかもしれません。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。FnとCtrlが一般的なキーボードと比較して逆転していますが、その他は通常通りの配置となっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.09mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、115mmとなりました。

 

本体右側にはセキュリティロックと排気口、そしてUSB Type-Aポートを備えています。

 

本体左側にはUSB Type-Cポートが2つ、フルサイズHDMI、USB Type-A、そしてコンボジャックを備えます。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのメリット・魅力

圧倒的なパフォーマンス

Ryzen7000シリーズのパフォーマンスは圧倒的で全く問題のない性能を有しています。グラフィックスを多用するならともかく、一般的な用途で困ることはまずないでしょう。

 

LTE対応モデルがある

SIMを投入することができ、4G LTEに対応した通信が可能になっています。オプションのため、高価格になってしまいますがテザリングを利用せず、よりスピーディにネット通信を外で行いたい人向けと言えるでしょう。

 

2.2Kディスプレイが選択可能

本モデルはディスプレイの選択肢が非常に多くなっています。中でも2.2Kディスプレイが魅力的。ノートパソコンとしてのバッテリー性能と画面の綺麗さをうまく両立できるのが2.2Kと筆者は考えています。

 

インターフェイスの豊富さ

ビジネス用途メインを想定されたパソコンということもあり、インターフェイスが多くなっています。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのデメリット・欠点

スマートリーダーはカスタマイズ

インターフェイスが多いものの、SDカードリーダーを含むスマートリーダーはオプションとなっています。価格は2200円なので、つけておく方が良いでしょう。

 

価格は高め

ThinkPadであること、プロセッサのパフォーマンスが高いことの2点から価格設定は高めになっています。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ThinkPad T14s Gen 4 AMD
Average rating:  
 0 reviews

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDがおすすめな人

自宅使いのThinkPadユーザー

ハイパフォーマンスプロセッサのため、自宅で利用するThinkPadユーザーでたまに持ち出すようなユーザーにおすすめです。

 

タイピングが多い人

ThinkPadの真骨頂はやはりタイピング。この打ちやすさは非常に魅力的なため、触ったことがない人は店頭でも一度ぜひ試してみて欲しいです。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDがおすすめではないタイプ

持ち出しが多いユーザー

本モデルの公称重量は1.28kgとなっています。本体価格が16万円台ですが、同価格帯では質量の軽さに着目したモデルが数多くあります。持ち出しが多いユーザーの場合はそちらを選択する方が後々後悔しないような気がします。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルのカスタマイズのポイントはプロセッサとディスプレイ。個人的にはRyzen 5モデルかつ2.2Kディスプレイがおすすめです。メモリは32GBが嬉しいですが、費用が嵩むので予算と相談しながら調整しましょう。ストレージはアップグレードすると価格がグンと上がるため、外付けとの併用がおすすめです。

公式サイトを見る

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDの実機レビューまとめ

ハイパワーな14インチ

結論

AMD Ryzen PROシリーズを搭載し、とにかくハイパフォーマンスな14インチノートパソコン。

ハイパワーでありながら、高すぎるわけでもありません。性能重視の方はぜひ検討してみてください。

2024年2月13日時点で162,811円(税込)から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMDを安く買う方法

ThinkPad T14s Gen 4 AMDに限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年2月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。