ThinkPad T15 Gen1の実機レビュー

ThinkPad T15 Gen1のレビュー概要

ThinkPadの基本モデル

ThinkPad T15 Gen1は15インチでスタンダードなThinkPadスタンダードノートパソコンです。シリーズらしい打ちやすさはそのままに、テンキーを搭載して事務用途でも使いやすさを持ち合わせています。また、USB-PDにも対応しているためスマートフォンや他PCと共有できるメリットを持つPCです。

ただし、コストパフォーマンス的にはThinkPad Eが安く手に入るため、敢えて本モデルを選ぶのは難しいとも言えるモデルになっています。

簡易スペック表

CPU Core i7-10610U
Core i7-10510U
Core i5-10310U
Core i5-10210U
RAM 最大48GB
ROM 512GB~2TB
画面 15.6インチ
GPU GeForce MX330
UHDグラフィックス620
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測)  1815g
Cinebench R20  788pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

ThinkPad T15 Gen1実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーから検証機をお借りして実機レビューしています。

 

ThinkPad T15 Gen1の特徴

ここではThinkPad T15 Gen1の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

15インチThinkPadのベースモデル

ThinkPad T15 Gen1は、シリーズの中で最もスタンダードな15インチノートモデルです。Thinkpadらしい打ちやすさはそのままに、赤ポチやタッチパッドの使いやすさに優れています。

 

Wi-Fi6などの最近のトレンドをカバー

ThinkPad T15 Gen1では昨今のインターネットのトレンドであるWi-Fi6を搭載しています。また、USB-Cを用いて充電するUSB-PDが純正アダプターでも適用されており、持ち物を減らせるメリットも持っており、スタンダードなモデルながら、昨今のトレンドを抑えています。

次に戻る⇒

 

ThinkPad T15 Gen1の価格とコストパフォーマンス

ThinkPad T15 Gen1は基本を抑えたモデルですが、位置付け的にシリーズの上位となるため価格が高くなってしまう傾向があります。2021年においてはThinkPad E15 Gen21が割安で手に入ることからコストパフォーマンスとして劣る機種になっています。

 

ThinkPad T15 Gen1のスペック

今回レビューしたThinkPad T15 Gen1のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年5月29日
製品名 ThinkPad T15 Gen1
型式 記載なし
サイズ 365.8×248×19.5cm
重量(実測) 本体 1815g
電源アダプタ 255g
CPU Core i5-10210U
GPU intel UHDグラフィックス 620
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB SSD
2nd 無し
ディスプレイ サイズ 15.6 インチ
解像度 ×
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 有り
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ 3セル
公称値 最大14.9時間

※1 詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

今回レビューしたThinkPad T15 Gen1はシリーズの中でも最廉価クラスでdGPU非搭載のモデルになります。T15 Gen1は様々なパターンから選ぶことができ、プロセッサは第10世代のCore i5、及びCore i7から4種類、GPUはMX330、RAMは48GBまで搭載可能となっています。自分の好みに合わせて選択すると良いでしょう。また特徴でも述べた通り昨今のトレンドである、Wi-Fi6、及びUSB-PDを搭載しています。

目次に戻る⇒

 

ThinkPad T15 Gen1のベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は778pts、シングルコア306ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は2517pts、シングルコア943ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCinebench R23の結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードで3000MB/sを超えた数値が出ており高速な結果が得られています。

 

ベンチマーク時の熱について

ベンチマークテスト時でも、あまり熱は気になるほどではありませんでした。

 

騒音テスト

ベンチマークテスト時にはそれなりにファンの回る音が聞こえますが通常時は気になるほどではありません。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質
高品質
標準 1083 設定変更が必要

 

FF15

FF14のベンチマーク結果が低かったため、15は未計測です。

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

ThinkPad T15 Gen1の通信環境(WI-Fi)のテスト

通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。PINGが1桁台となっており、非常に安定した数値が出ています。

1F

2F

目次に戻る⇒

 

ThinkPad T15 Gen1のUSB-C(PD)による充電テスト

ThinkPad T15 Gen1でUSB-PDによる充電テストを行いました。30W以下のUSB-PDについては、低速の充電ケーブルの表示が出ます。

USB-PDの出力 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

ThinkPad T15 Gen1の外観

天板です。ThinkPadらしいマットな質感になっています。

 

背面です。こちらもマットな仕上がりになっています。通気口は少なめです。

 

開いた様子です。ベゼル幅は広めです。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。T15の刻印があります。

 

フロントカメラは上部ベゼルにあります。また物理シャッターも搭載しています。

 

キーボードです。Thinkpadらしい左下のFnとCtrlが入れ替わっていますがそれ以外には大きなクセはありません。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2つのキーを測定し割返した結果、キーピッチは17.8mmとなりました。またキーストロークは1.8mmとなっています。

 

タッチパッド幅は100mmとなっています。

 

本体右側です。ケンジントンロック、イーサネットコネクタ、通気口、USB-Aとなっています。

 

本体左側です。USB-C、ドックの接続部、USB-A、フルサイズHDMI、ヘッドフォンジャック、microSDカードとなっています。

 

本体質量は1815gとなっています。

 

充電器込みの質量は2070gとなっています。充電器単体では255gとなっています。

目次に戻る⇒

 

ThinkPad T15 Gen1のメリット・魅力

USB-PDに対応

ThinkPad T15 Gen1ではUSB-PDに対応しています。充電性能の検証でも書いた小型のGaN対応充電器を用いることでよりコンパクトに使うことが可能になっています。

 

テンキー搭載で入力が楽

ThinkPad T15 Gen1ではテンキーを搭載しており、入力が楽になっています。エクセルデータを整理したり、家計簿を入力することの多いユーザーにとって魅力的です。

 

ThinkPadらしい打ち心地

ThinkPad T15はシリーズらしい打ち心地が魅力的な一台です。タイピング性能だけで購入しても十分アリと言える一台です。

目次に戻る⇒

 

ThinkPad T15 Gen1のデメリット・欠点

絶対性能から見たコスパは悪め

今回レビューしたCore i5-10210U、RAM8GBモデルはベンチマーク結果が同価格帯のPCと比較すると低い結果となりました。もっと安く15インチノートパソコンが欲しい場合はThinkpad E15 Gen2を検討してください。

 

ベゼルが広い

パッとみた印象として、昨今のPCとしてはベゼルが広く少し古いイメージを持ちます。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

ThinkPad T15 Gen1
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on ThinkPad T15 Gen1

スタンダードなクラスのThinkPad。15インチを探しているなら、Tシリーズと合わせてEシリーズにも15インチがあるため比較して選ぶと良いでしょう。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • (15インチとしては)大きく感じる
  • 打ちごこちが深くて好みが分かれそう
  • デザインはシンプルな黒で良い

 

ThinkPad T15 Gen1がおすすめな人

家の中で家計簿などテンキー入力をする人

ThinkPad T15 Gen1は家計簿などの据え置き機としてテンキー入力する人におすすめです。文章入力もThinkPadだと打ちやすい魅力があります。

 

ThinkPad T15 Gen1がおすすめではないタイプ

コストパフォーマンスを求める人

デメリットでも書いた通り、ThinkPadは同じ15インチクラスのE15 Gen2がかなり安くなっており、かつ性能的にもそちらの方が優れるためコストパフォーマンスを求めるのであれば、そちらを選択することをおすすめします。以下で実機レビューしているため参考にしてください。

ThinkPad E15 Gen2(AMD・2020年)の実機レビュー

ThinkPad E15 Gen2のレビュー概要 ThinkPad E15の後継モデル ThinkPad E15 Gen2は、ThinkPadシリーズの中でも安くて手に入れられるモデルとして大人気だっ ...

続きを見る

 

ThinkPad T15 Gen1のカスタマイズ・モデルの選び方

ThinkPad T15 Gen1は、CPUの選択肢、メモリの幅、GPU搭載の有無と幅広くなっています。ただし、このPCだけで比較するのではなく、ThinkPad Eシリーズと合わせて比較するようにしてください。

公式サイトを見る

Eシリーズを公式で見る

 

ThinkPad T15 Gen1の実機レビューまとめ

スタンダードな15インチ

結論

本モデルは15インチのスタンダードなThinkPadでテンキーを使う人で事務処理が多い人向けです。ただし、同サイズでほぼ同じ性能かつコストパフォーマンスに優れるモデルがあるため、そちらを合わせて検討するようにしてください。

 

ThinkPad T15 Gen1を安く買う方法

ThinkPad T15 Gen1に限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

Lenovo(レノボ)公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セールで安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買うためには、ネット限定の「Eクーポン」と「キャンペーン(セール)」があります。 あまり知られていませんが、レノボの購入ページは同じに見えて割引率が違う ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)