当サイトの記事は広告を含みます。

Yoga Slim 7x Gen 9の実機レビュー

Yoga Slim 7x Gen 9のレビュー概要

AI搭載の次世代PC

Yoga Slim 7x Gen 9はARMのSnapdragon型ノートパソコンです。話題のCopilotを搭載し、AIを使って作業することが可能。

先進的な機能だけでなく、薄型コンパクトな筐体でこれまでのノートパソコンと比較しても、十分に使える一台となっています。

こんなタイプにマッチ

  • 長時間持ち運びする人
  • AIを使いたい人

簡易スペック表

発売日 2024年
CPU Snapdragon X Elite X1E-78-100
RAM 32GB
ストレージ 1TB
画面サイズ 14.5インチ
GPU Qualcomm Adreno GPU
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 非搭載
重量 1285g
Cinebench R20 8261pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2024年7月7日時点で222860円(税込)から。現在の価格は公式サイトでご確認ください。

 

Yoga Slim 7x Gen 9の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Yoga Slim 7x Gen 9の特徴

ここではYoga Slim 7x Gen 9の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Snapdragon搭載パソコン

本モデルは一般的なintelプロセッサではなく、クアルコムのSnapdragonが用いられています。十分なパフォーマンスを持ちながら、Snapdragonらしい省電力性などの特徴も併せ持ったモデルになっています。

 

薄型コンパクト

14.5インチディスプレイを搭載し、ノートパソコンでは大きめのモデルになりますが実際に手にすると、薄く、コンパクトさを感じるモデルになっています。

 

美しいOLEDディスプレイ

ディスプレイは3Kの有機ELが採用されています。光沢ディスプレイと相まって、表現力の高い映像を楽しむことができます。

 

Yoga Slim 7x Gen 9の価格とコストパフォーマンス

Snapdragonプロセッサのため、intel機とのコストパフォーマンス比較が難しいですが、メモリ32GB、ストレージ1TBであることに加えOLEDディスプレイを採用していることを考えると22万円台はコストパフォーマンスは非常に優れていると感じました。

2024年7月7日時点で222860円(税込)から。現在の価格は公式サイトでご確認ください。

 

Yoga Slim 7x Gen 9のスペック

今回レビューしたYoga Slim 7x Gen 9のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売年 2024年
製品名 Yoga Slim 7x Gen9
型式 -
サイズ 225.15×325×12.9mm
重量(実測) 本体 1285g
電源アダプタ 300g
CPU Snapdragon X Elite X1E-78-100
GPU Qualcomm Adreno GPU
メモリ(RAM) 32GB
ストレージ 1st 1TB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14.5インチ
解像度 2944×1840
アスペクト比 16:10
形式 OLED
リフレッシュレート 90Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.3
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 19.8
公称値 70Whr時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Yoga Slim 7x Gen 9のベンチマーク

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は8261pts、シングルコア1116ptsという結果になりました。

 

CINEBENCH R2024

CINEBENCH R2024の測定値は854pts、シングルコア107ptsという結果になりました。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Crystaldiskmarkの結果READは5000MB/sを超えるパフォーマンスが出ています。一般的な利用で困ることはまずないでしょう。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 3072 普通

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

Yoga Slim 7x Gen 9の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:609.91Mbps
ポイント②:358.74Mbps
ポイント③:584.2Mbps
ポイント④:520.5Mbps
ポイント⑤:271.67Mbps
ポイント⑥:81.76Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 609.91 519.74 8
ポイント② 358.74 301.75 8
ポイント③ 584.2 385.66 9
ポイント④ 520.5 415.65 10
ポイント⑤ 271.67 215.27 9
ポイント⑥ 81.76 67.78 11

 

通信スピードテストの評価

通信速度はほとんどのエリアで100Mbpsを超えるパフォーマンスが出ています。最長距離では少し低下する傾向があるので、長い距離での利用は苦手かもしれません。

 

Yoga Slim 7x Gen 9のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。30W以下の充電器では低速充電表示となりました。45W以上では表示が出ず、そのまま充電できています。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Yoga Slim 7x Gen 9の外観

カラーはコズミックブルーで少し濃い青色です。天板にはメーカーロゴが配置されています。

 

背面にはパンチングで小さなスリットが設けられています。

 

開いた様子です。ベゼルは狭く、モダンな質感です。光沢ディスプレイになっています。

 

キーボード全体です。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.09mmとなりました。

 

本体右側にはUSB Type-Cポート、電源ボタン、カメラの電子シャッターが設けられています。

 

本体左側にはUSB Type-Cポートが2つ設けられています。

 

本体の重量を測定したところ、1285gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1585gとなりました。充電器単体では300gとなります。

 

Yoga Slim 7x Gen 9のメリット・魅力

満足度の高いパフォーマンス

ベンチマークの結果と実際に使ってみた感覚から、非常に満足度の高いパフォーマンスを持っていると感じました。特にGPU性能が思ったよりも高く、クリエイティブ作業でも十分使っていけそうです。

 

14インチに見えるコンパクトさ

本モデルは14.5インチサイズですが、実際に手に持ってみるとベゼル幅が狭いこともあり、14インチクラスに感じるサイズ感になっています。画面領域の広さは作業性に大きく貢献するので、嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

美しいOLEDディスプレイ

光沢ディスプレイかつOLEDを搭載していることで、非常に美しいディスプレイが魅力的です。ARMプロセッサで省電力性が期待できることもあり、3Kの電力消費を補完できる関係性にあると感じました。

 

Yoga Slim 7x Gen 9のデメリット・欠点

ARMにしては駆動時間が短め

本モデルはARMプロセッサ搭載にしては短めのJEITA2.0で約20時間となっています。ARMプロセッサでは30時間近くに公称値がなるものも多いため、それらと比べると性能が劣ります。

 

インターフェイスがUSB Type-Cのみ

左右のインターフェイス共にUSB Type-Cのみとなっており、その他の端子と繋ぐためにはハブが必要になります。

 

ARMに対応したソフトがメインになる

ARMのWindowsはどうしても過渡期になることもあり、これまでのintelプロセッサで動いていたソフトウェアはエミュレータで動かすことになります。その過程でエラーが出るものもあるため、注意が必要です。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Yoga Slim 7x Gen 9
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

Snapdragon搭載でパフォーマンスも十分にありつつ、美しいディスプレイを備えたノートパソコンです。CPU性能だけでなく、GPU性能も比較的高めな点に魅力を感じました。ARM搭載パソコンのため、2024年7月時点でソフトウェアに制約が付く点だけは気を付けておかなければいけないでしょう。

 

Yoga Slim 7x Gen 9がおすすめな人

持ち運びが多い人

軽く、持ち運びに優れる上に14.5インチの大きな画面を持つため、PCを開いてさっと作業したいユーザーには非常に便利な一台と言えるでしょう。Snapdragonの省電力性も魅力の一つです。

 

メモリを多く使うユーザー

本モデルは32GBメモリとなっており、余裕のある設計になっています。マルチタスクを行うことが多いユーザーにはうってつけでしょう。

 

Yoga Slim 7x Gen 9がおすすめではないタイプ

ARM非対応ソフトを使う人

ARMに対応していないソフトを使うユーザーにとっては、無用の長物になりかねません。特別なソフトウェアを使う場合は必ずチェックしてから使うようにしましょう。

 

大学生(特に理系)

上記と重複しますが、特に注意して欲しいユーザーが大学生です。1年目や2年目でレポートを作る分には気にならないかもしれませんが、研究など専門的な分野に進む際に専用のソフトウェアをインストールして解析するケースがあります。

その場合、ARMが対応していないことが想定されるためintelモデルを候補に入れておいても良いかもしれません。

 

Yoga Slim 7x Gen 9のカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルにカスタマイズグレードはありません。

公式サイトを見る

 

Yoga Slim 7x Gen 9の実機レビューまとめ

新しい息吹を感じるPC

結論

ARM、そして流行りのAIを搭載しているということもあり新しい風を感じるノートパソコンです。

筆者としてはAIとしての魅力よりも、Snapdragonのパフォーマンスが発揮された結果からこれからの躍進が楽しみなモデルと感じました。

2024年7月7日時点で222860円(税込)から。現在の価格は公式サイトでご確認ください。

 

Yoga Slim 7x Gen 9を安く買う方法

Yoga Slim 7x Gen 9に限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年7月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト