Tab B10 HDの実機レビュー

Tab B10 HDのレビュー概要

10インチの激安タブレット

Tab B10 HDはタブレットとしては価格の1万円台で発売されているモデル。

プロセッサやメモリは2022年時点で不足を感じるものの、価格を考えればラフに使えるモデルと言えるでしょう。

こんなタイプにマッチ

  • 安いタブレットが欲しい人
  • ネットをメインにしたい人

簡易スペック表

発売日 2020年9月15日
SoC Snapdragon429
RAM 2GB
ストレージ 16GB
画面サイズ 10.1インチ
重量 480g
5G 非対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Tab B10 HDの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Tab B10 HDの特徴

ここではTab B10 HDの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

1万円台の格安タブレット

Tab B10 HDは1万円台で買える激安タブレット。とりあえずタブレットが欲しい人向けのモデルと言えるでしょう。

 

Wi-Fiはacに対応

値段が安いタブレットですが、Wi-Fi acに対応しています。ベンチマーク結果でも良い結果が出ています。

 

Tab B10 HDの価格とコストパフォーマンス

Tab B 10は2022年2月28日時点で14,800円で購入可能なタブレットです。価格帯はかなり安めですが、それに伴い性能も低めなのでコストパフォーマンスで言うと微妙なところです。安さを最優先で魅力を感じる人なら、選んでも良いでしょう。

 

Tab B10 HDのスペック

今回レビューしたTab B10 HDのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年9月15日
製品名 Tab B10 HD
型式 ZA4G0160JP
サイズ 243.2×169.2×8.45mm
本体重量 480g
ディスプレイ サイズ 1280×800
アスペクト比 8:5
サイズ 10.1
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 記載なし
バッテリー 容量 4850mAh
ワイヤレス充電 無し
リバースチャージ 無し
急速充電 無し
SoC(CPU) Snapdragon429
GPU 内蔵グラフィックス
メモリ(RAM) 2
ストレージ 16GB
コネクタ micro USB
外部メモリ 形式 microSD
最大容量 256GB
通信速度 上り数字 公式記載なし
下り最大 公式記載なし
Wi-Fi6
bluetooth バージョン v4.2
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
ディスプレイ内指紋認証
顔認証
光彩認証
おサイフケータイ 無し
緊急避難速報 無し
防水 非対応
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android9.0
SIMサイズ モバイル通信非対応
DSDV 無し
5G通信 無し

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Tab B10 HDの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:237Mbps
ポイント②:111Mbps
ポイント③:252Mbps
ポイント④:248Mbps
ポイント⑤:197Mbps
ポイント⑥:54.3Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 237 168 6
ポイント② 111 103 6
ポイント③ 252 188 7
ポイント④ 248 194 6
ポイント⑤ 197 158 10
ポイント⑥ 54.3 40.6 7

 

通信スピードテストの評価

スペックが高くないものの、50~250Mbpsの間で推移しており、通信速度に不満はありませんでした。レスポンスを示すPing値も低めになっています。

 

Tab B10 HDのカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。クリックしてご覧ください。

有効画素 F値 光学手振れ補正
アウトカメラ 500万画素 - -
有効画素 F値 光学手振れ補正
イン 200万画素 - -

※カメラに関する詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

アウトカメラのレビュー

格安タブレットで画素数が500万画素しかないこともあり、オマケ程度の実力です。

 

インカメラのレビュー

アウトカメラ同様、インカメラも性能は良くありません。こちらは200万画素となっています。綺麗に撮りたいなら、スマートフォンのカメラを使う方が良いでしょう。

 

Tab B10 HDで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。1倍ではうまく撮れますが、2倍以上ではノイズがひどくなります。また全体的に暗い印象です。

1倍

2倍

5倍

6倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

ピントの合う最短距離で撮影し、接写能力を検証しました。マクロカメラはないため、接写はできません。

 

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。全体的にノイジーです。

1個

4個

8個

12個

 

Tab B10 HDの外観

背面は黒一色でシンプルです。カメラは背面にシングルで配置されています。

 

表面です。HDディスプレイで解像度が低いためドットが見えることがあります。また、色が全体的に薄めです。ベゼル幅は大きめに見えますが、この価格帯なら並み程度です。

 

本体上面には何もありません。

 

本体左側にはスマートコネクタ用の端子があります。

本体右側には音量ボタン及び、電源ボタンがあります。

 

本体下部にはコンボジャック、micro USB 2.0ポート、microSDスロットがあります。SDスロットは256GBまで対応です。

 

SDスロットを外した様子です。

 

実際に手に持った様子です。

 

電源ケーブルとコネクタが付属します。

 

Tab B10 HDのメリット・魅力

とにかく激安な10インチタブレット

なんと言っても、値段が安いことがメリットです。日本国内で名前が通っているメーカーの中で買えるタブレットとしては、最安値クラスと言えるでしょう。

 

Tab B10 HDのデメリット・欠点

処理能力がかなり低い

2022年時点で考えるとプロセッサのパフォーマンスが厳しく、動作に後れを感じるシーンが何度もありました。

 

解像度がHDで利用に厳しい場面も

10インチタブレットと比較的大きめですが、解像度がHD(1280×720)のためドットの荒さが見えます。また、カラーの表現が荒くなってしまい、元の色が出にくいため動画で気になるシーンがありました。

 

microUSBである

電源ポートはmicroUSBです。USB Type-Cで統一している人にとってはデメリットでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

Tab B10 HD
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

とにかく安さに振り切ったモデル。パフォーマンスは2022年度では厳しいところもあるので、ある程度理解して購入する必要があります。タブレットでネットサーフィンしたい人向け。

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 見た目は悪くない
  • 動作が遅く感じる

 

Tab B10 HDがおすすめな人

安さを求める人に

Tab B10 HDはとにかく安さを求める人向けです。機能制限のないAndroidタブレットをできるだけ欲しいならありでしょう。

 

ネットサーフィンのみ

用途がネットサーフィンのみならありです。ベンチマークの結果の通り、通信速度の面では不満がないので負荷の少ないネットなら実用性はあります。

 

Tab B10 HDがおすすめではないタイプ

動画を見たりゲームをするならNG

動画はカラーや解像度の問題で、ゲームは処理能力の観点で厳しいと言わざるを得ません。

 

Amazonサービスを中心に考えている人

動画サービスのAmazonプライムやkindleの利用を想定して購入検討している人はFire HD 10の方が良いでしょう。価格帯もほぼ変わらないですが、こちらの方が快適に使えます。ただし、素のAndroidタブレットとは異なり、一部アプリが使えないなどの点に気を付けましょう。

 

Tab B10 HDの実機レビューまとめ

安さに振り切ったタブレット

結論

Tab B10 HDはとにかく安さに振り切ったAndroidタブレット。安いのでラフに使えるだけでなく、一度試してみたいという人向けです。

 

Tab B10 HDを安く買う方法

Tab B10 HDに限らず、Lenovoのタブレットを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年5月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト