IdeaPad Duet 560 Chromebookの実機レビュー

IdeaPad Duet 560 Chromebookのレビュー概要

13.3インチのタブレット型ChromeBook

IdeaPad Duet 560 Chromebookはキーボードが取り外し可能なデタッチャブル型2in1パソコン。

プロセッサにSnapdragon7c Gen2(ARM)を搭載した13.3インチのモデルです。

こんなタイプにマッチ

  • ブラウザベースで作業する人
  • タブレットとしても使いたい人
  • サブPCを探している人

簡易スペック表

発売日 2021年11月16日
CPU Snapdragon 7c Gen2
RAM 4GB
ストレージ 64~128GB
画面サイズ 13.3インチ
GPU Adreno618
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 700g
Cinebench R20 自動挿入pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookの特徴

ここではIdeaPad Duet 560 Chromebookの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

13.3インチの大型Chromebook

IdeaPad Duet 560 Chromebookは13.3インチの大きなディスプレイを持つChromeOS搭載タブレットです。広い領域になることでドキュメントやスプレッドシートの表示領域が大きくなり、作業性が向上したり、動画鑑賞をより楽しむことができます。

 

ARMプロセッサ搭載

プロセッサにはARMタイプのSnapdragon 7c Gen2が用いられています。そのためGoogle Playアプリに対するハードウェア上のアプリ対応力が高まり、より使いやすくなっています。

 

キーボードとカバーが付属

本モデルはデタッチャブルタイプで購入した段階でキーボードと背面カバーが付属してきます。一般的にこれらの価格は1万円を超えてくるため、それだけでもお得さを感じます。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookの価格とコストパフォーマンス

スペックから考えるとタブレット価格としては妥当です。ただし、キーボードと背面カバーが標準付属するため、そこまでのコストを考えると割安と言えるでしょう。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookのスペック

今回レビューしたIdeaPad Duet 560 Chromebookのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年11月16日
製品名
型式 82QS001QJP
サイズ 186.74×7.23×305.86mm
重量(実測) 本体 700g
電源アダプタ -700g
CPU Snapdragon 7c Gen2
GPU Adreno618
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 1st 128GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 13.3インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 OLED
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 500万
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 800万画素
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 15.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookのベンチマーク

Geekbench5

Chromebookのため、Geekbench5によるベンチマーク測定を行いました。結果は以下の通りです。ベンチマーク結果の比較については、Geekbench5測定データまとめページをご覧ください。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookのモニター評価(色域・トーンカーブ)

i1 Display ProがChromebookでは使えないため、モニター評価は行なっておりません。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:428Mbps
ポイント②:267Mbps
ポイント③:411Mbps
ポイント④:331Mbps
ポイント⑤:290Mbps
ポイント⑥:68.3Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 428 367 13
ポイント② 267 34.2 13
ポイント③ 411 201 17
ポイント④ 331 352 12
ポイント⑤ 290 317 13
ポイント⑥ 68.3 234 13

 

通信スピードテストの評価

最長距離では若干ダウンロード数値の低下が見られるものの、それ以外では全く問題ない結果となりました。

 

IdeaPad Duet 560 ChromebookのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。20Wのみ低速充電表示されました。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookの外観

カラーはストームグレーです。実際の色味はグレーと言うよりも青っぽい色合いとなっています。半分はマット加工されています。

 

こちらはカバーを取り付けた様子です。布地になっています。上側も同様の素材になっています。

 

キックスタンドを展開した様子です。

 

表から見た様子です。キックスタンド式のタブレットPCのため、真正面に向けることはできません(画像も上向きになっています)。ベゼル幅は上下左右ともに狭く高級感があります。そしてなんといってもOLEDディスプレイが非常に美しく、高精細かつ黒の深さが表現されています。

 

キーボード全体です。日本語配列ですが、Yogaシリーズと同様にエンターキー付近が横のキーと接合するタイプになっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.55mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.1mmとなっています。キーボードはタブレット型PCとしては非常に打ちやすく、使いやすい印象です。カバー自体が剛性のある素材なのでたわみが出ずに快適です。

 

タッチパッド幅を計測したところ、105mmとなりました。タッチパッドはサラサラで使いやすいです。クリック音は鳴るタイプです。

 

本体右側にはUSB Type-Cポートがあります。

 

本体左側にもUSB Type-Cポートがあります。左右にスピーカーがあり、ステレオとなっています。少し篭った音がしており、音質はあまり良くありません。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookのメリット・魅力

パソコンライクに使いたいならベストマッチ

IdeaPad Duet 560は13.3インチで美しいOLEDディスプレイのため、画面を大きく、美しく映すことができます。ブラウザにしてもドキュメント作成にしても、見辛さを感じることは無く効率的に作業ができます。

 

ディスプレイが非常に綺麗

上述したようにディスプレイが非常に綺麗です、OLEDタイプのため、黒が深い点も魅力。特に動画を見る際に強みを発揮します。

 

キーボード・カバー付属で割安感がある

コスト部分でも書きましたが、キーボード、カバーが付属しているため、1万円分くらいのお得感があります。専用品のため、接続の容易さ、安定性、製品クオリティなど文句はありません。

 

両側にUSB Type-Cポートがある

タブレットとしては非常に珍しく、両側にUSB Type-Cのポートを持っています。どちらからも充電でき、非常に便利です。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookのデメリット・欠点

キーボードがピッタリ止まらない

最も気になったのはキーボードカバーを閉じた際に少しだけズレが生じることです(マグネットでピッタリ止まらない)。電源のオンオフに対応しているだけに勿体ないポイントと感じました。以下のようにほんの少しだけズレてしまいます。

 

若干もっさり感がある

Snapdragon 7c Gen2はハイエンドには該当しないため、パフォーマンスはその分低くもっさり感を感じることがあります。

 

カメラ性能は並み程度

本モデルのアウトカメラは800万画素のシングル、インカメラは500万画素のシングルで、カメラ性能は並みです。ただ、ほとんどの人はスマホで撮影して写真を移すと思うのであまり関係ないかもしれません。

参考までに撮影画像を掲載します。クリックで拡大して比較して下さい。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

IdeaPad Duet 560 Chromebook
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

13.3インチで比較的大きめなChromebookでキーボード付属かつOLEDディスプレイであることを考えると安く感じます。時々、処理速度が遅くなるシーンがあったので、プロセッサが選べるとさらに良くなると感じました。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • ほとんどパソコンに見える
  • タブレットでは軽いが全てつけると重く感じる

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookがおすすめな人

ブラウザベースの仕事をする人

Chromebookはブラウザベースで仕事をする人にぴったりです。特にGoogleドキュメント、スプレッドシートを使う人にとってはChromeOSとの親和性もあり、効率的に作業することができます。

 

Google Playアプリを使う人

Windowsパソコンとの大きな違いとして、スマートフォンのアプリが使えることにあります。動画編集やSNSを使う場合、Chromebookの方がマッチすることがあります。ただし、一部のアプリは使えなかったり、Chromebookに最適化されていないこともあるので注意して下さい。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookがおすすめではないタイプ

処理速度を優先する人

実際に使ってみて、画面遷移などでひっかかりを感じることがありました。処理速度を最優先とするならintel Core iシリーズを搭載したChromebookやハイエンドSnapdragonを搭載したAndroidタブレットを検討する方が良いでしょう。

 

動画を楽しみたい人

OLEDディスプレイのため画面は美しいですが、スピーカーが少し籠ったような音がする点が残念。外部スピーカーで接続するか、同じメーカーのAndroidタブレット「Tab P12 Pro」や「Yoga Tab 13」を選ぶと良いでしょう。

これらはAndroidタブレットではあるものの、似たディスプレイサイズで音響性能に優れています。以下でそれぞれレビューしているので、併せて参考にしてみて下さい。

Yoga Tab 13の実機レビュー

スタンドが標準付属した13インチハイエンドタブレット。サクサクな動作感に加え、JBLスピーカー4基搭載するため、動画視聴機としては抜群の性能を誇ります。2021年9月24日発売モデル。

続きを見る

Tab P12 Proの実機レビュー

純正キーボードが付属したハイエンドタブレット。2022年1月22日発売モデル。

続きを見る

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookのカスタマイズ・モデルの選び方

IdeaPad Duet 560 Chromebookは64GBモデル版と128GBモデル版の2種類があります。ストレージ以外の性能は変わらないため、自分の予算に合う方を選んでください。

公式サイトを見る

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookの実機レビューまとめ

割安感のあるChromebook

結論

OLEDディスプレイ、13インチ、キーボードとカバー付属であることを考えると、割安感のあるChromebookです。

サブPCとしてはジャストサイズだと思うので、持ち出し用を探している人はぜひ候補に入れてみて下さい。

 

IdeaPad Duet 560 Chromebookを安く買う方法

IdeaPad Duet 560 Chromebookに限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年12月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。