Tab M7 3rd Genの実機レビュー

Tab M7 3rd Genのレビュー概要

超低価格帯の7インチタブレット

1万円台で購入できる超激安な7インチタブレットでプロセッサ、RAM、ストレージなど最低限となっているため、割り切った人向けのためのモデルとなっています。

低価格帯のため、ラフに使いたい人や初めてのタブレットがどんなものか試したい人向けのモデルと言えます。

簡易スペック表

発売日 2021年7月28日
SoC MediaTek MT8166
RAM 2GB
ストレージ 32GB
画面サイズ 7インチ
重量 237
5G 非対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年1月30日時点で12,373円から。現在の価格は公式サイトからご確認ください。

 

Tab M7 3rd Genの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Tab M7 3rd Genの特徴

ここではTab M7 3rd Genの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

超低価格で手に入るAndroidタブレット

Lenovo Tab M7 Gen3は1万円台で手に入る非常に安いAndroidタブレットです。海外メーカーでは同価格帯で手に入るものもいくつかありますが、ブランドがはっきりしているという観点で見るとほぼこれ一択と言えるほどです。

 

7インチで片手で持ちやすいサイズ感

本体サイズは7インチとなっており、片手でも持ち運びできるサイズ感になっています。本体質量は237gでこちらも持ち運び用タブレットとしてはちょうど良いスペックです。

 

Tab M7 3rd Genの価格とコストパフォーマンス

2022年1月28日時点で1万2千円台と非常に安いです。パフォーマンスは価格なりでかなり低めですが、割り切った使い方ができるならこの価格帯で手に入ること自体がメリットとなるでしょう。

2022年1月30日時点で12,373円から。現在の価格は公式サイトからご確認ください。

 

Tab M7 3rd Genのスペック

今回レビューしたTab M7 3rd Genのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年7月28日
製品名 Tab M7 3rd Gen
型式 ZZA8C0052JP
サイズ 176.2×102.3×8.3mm
本体重量 237g
ディスプレイ サイズ 1024×600
アスペクト比 128:75
サイズ 7
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 記載なし
バッテリー 容量 3750mAh
ワイヤレス充電 有り
リバースチャージ 無し
急速充電 有り
SoC(CPU) MEdiaTek MT8166
GPU 記載なし
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ 32GB
コネクタ microUSB
外部メモリ 形式 microSD
最大容量 128GB
通信速度 上り数字 記載なし
下り最大 記載なし
Wi-Fi6
bluetooth バージョン v5.0
最大接続台数 記載なし
生体認証 指紋認証
ディスプレイ内指紋認証
顔認証
光彩認証
おサイフケータイ 無し
緊急避難速報 無し
防水 非対応
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android11 Go Edition
SIMサイズ 非対応
DSDV 無し
5G通信 無し

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

Tab M7 3rd Genのベンチマーク

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。ベンチマークの結果から、必要最低限レベルの能力であることがわかりました。

 

Tab M7 3rd Genの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:328Mbps
ポイント②:284Mbps
ポイント③:304Mbps
ポイント④:287Mbps
ポイント⑤:272Mbps
ポイント⑥:87.1Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 328 170 32
ポイント② 284 162 17
ポイント③ 304 91.7 70
ポイント④ 287 112 7
ポイント⑤ 272 103 7
ポイント⑥ 87.1 38.4 8

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6は非対応のため、ダウンロード速度は300Mbps台止まりですが、十分なスコアです。PING値が高い点は気になるものの、本体スペックが高くないため気にしてもしょうがない部分かもしれません。

 

Tab M7 3rd Genのカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。クリックしてご覧ください。

有効画素 F値 光学手振れ補正
アウトカメラ 200万画素 - -
有効画素 F値 光学手振れ補正
イン 200万画素 - -

 

Tab M7 3rd Genで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。画像は暗めで質感は荒いです。200万画素ではしょうがないと言えるでしょう。

1倍

2倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロカメラを搭載していないため、ピントを合わせることができませんでした。

 

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ感は低めです。

前の花にピント

後ろの花にピント

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。全体的にノイジーな仕上がりです。

1個

4個

8個

12個

 

Tab M7 3rd Genの外観

本体背面です。ガンメタリックシルバーで1万円台とは思えない高級感があります。Lenovoのマークは控えめとなっています。

 

カメラはシングルで、張り出しはほとんどありません。

 

表面です。廉価モデルなのでベゼル幅は広め。ディスプレイは解像度が低めということもあってか、コントラストが低く見えることがあります。

 

本体上側にはヘッドフォンジャックがあります。

 

本体左側にはmicroSDカードスロットを備えます。128GBまでしか対応していないので注意が必要です。

 

本体右側には電源ボタン、音量ボタンを備えます。

 

本体下側にはmicroUSBポートがあります。

 

microSDカードスロットを外した様子です。

 

Tab M7 3rd Genのメリット・魅力

手のひらサイズで使いやすい

スマホ同様にタブレットも大型化の傾向があるなかで、7インチと手のひらに入るサイズ感で扱いやすくなっています。小さいため持ち運びの面でも有利な上、値段の安さからラフに使えるメリットもあります。

 

スピーカー性能が割と良い

低価格タブレットではスピーカー性能が低いケースが多く、せっかくの大画面を動画視聴で活かせないことがあるのですが、本モデルではスピーカー性能が必要十分となっています。

 

思ったよりもカメラの起動が早い

本モデルはプロセッサの強さ、メモリ量から考えると決して高い性能とは言えません。そういう機種の多くはカメラ起動が遅いのですが、Tab M7 Gen3はほとんど気になりませんでした。

 

Tab M7 3rd Genのデメリット・欠点

ディスプレイが低解像度で色合いが薄め

安さの秘密の一つがディスプレイが低解像度であること。そのためにコントラストが低く、輝度も高くないため少しボケたような質感になってしまっています。

 

動作は2022年時点では厳しい

記事執筆時において、本モデルは必要最低限の性能です。アプリを複数動かしたり、負荷をかけると性能面での限界をすぐに感じてしまいます。

 

シングルスピーカー

スピーカー性能は悪くはないものの、シングルのためタブレットでの動画視聴が物足りなく感じるでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

Tab M7 3rd Gen
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

とにかく安いAndroidタブレット。1万円台のためスペック面では見劣りします。低価格に振り切っているため、「タブレットを一度試してみたい」という人に良いかもしれません。

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 持ち運びは楽そう
  • 本体に高級感がある

 

Tab M7 3rd Genがおすすめな人

とにかく安いタブレットが欲しい人

Tab M7 Gen3はスペックは二の次にして、とにかく安いタブレットが欲しい人向けです。

 

Tab M7 3rd Genがおすすめではないタイプ

Amazonアプリをタブレットで使う人

Amazon PrimeやkindleなどAmazon系のアプリをメインで使う人は、Fireタブレットを使う方が良いでしょう。価格帯はほぼ同じか、それ以上に安いにも関わらずパフォーマンスは上になります(一部アプリはダウンロードできないものもあるので注意)。

 

サクサクさを求める人

上述した通り、処理能力を求める人には本モデルは向きません。必要最低限のレベルのパフォーマンスです。

 

Tab M7 3rd Genの実機レビューまとめ

とにかく安いタブレットが欲しい人に

結論

Tab M7 Gen3はとにかく安いタブレット。Android OSで買えるモデルとしては最廉価クラスです。

スペックが低いため全ての人におすすめできるわけではありませんが、安さを最優先するなら候補に入れておいて良いでしょう。

2022年1月30日時点で12,373円から。現在の価格は公式サイトからご確認ください。

 

Tab M7 3rd Genを安く買う方法

Tab M7 3rd Genに限らず、Lenovoのタブレットを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年5月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト