LINE(ライン)を公式に複製できるツインアプリとは?クローン手順を写真と動画で解説

LINEは一人一つと思われがちですが、1つのスマホで複数のLINEを入れる方法はいくつかあります。例えば、以下の2つ。

 

他にも、LINEに似たチャットアプリ「Chatworkチャットワーク」を使ってLINE代わりにする方法などもあります。

【チャットワークとは?】ChatWorkの初心者向け使い方ガイド(LINEとの違いも解説)

LINE(ライン)は日本人のほどんどが使うとても便利なツールです。 しかし、1つの番号で1つのアカウントしか作れないため、プライベートとビジネスを分けるなど、連絡手段を変えたい時には適しません。 写真 ...

続きを見る

 

しかし、どの方法も公式のLINEを使う前にアプリを経由して使わないといけない面倒さがあります。

この記事ではメーカー公式の機能を使って、今までと同じようにLINEを使う方法をまとめました。

純正で2つ目のLINEを使える条件は「ツインアプリによるクローン」

スマートフォンは、日本ではiPhoneや、Xperiaが主流ですが、最近はHuawei、ASUS、OPPOといったメーカも増えてきています。

 

これらの海外メーカーから発売されているアンドロイドスマートフォンを使えば、LINEをクローンとして使うことができます。

以下はすでにクローンした写真です。下段にLINEが2つあります。

 

しかも、このクローンはアプリの「並行世界」を使う場合と異なり、公式の機能を使うので、今までと全く同じ形でLINEを使うことができます。

 

LINEを複製できる「ツインアプリとは」

ツインアプリは、スマホメーカーのHuawei端末に最初から搭載されている機能で、メーカーが出している公式の機能です。

この機能はアンドロイドスマートフォンとして有名な「Xperia」や「Galaxy」には、搭載されていません。

ポイント

※ファーウェイの他にも、ASUSやOPPOの端末でも搭載されていますが、世界シェアが一番多いのがファーウェイなので、このメーカーの端末で説明します。またHuaweiはツインアプリと言いますが、他のメーカーでは異なります。

 

アプリ「並行世界」は、アンドロイドアプリとしては評価が4を超える良アプリですが、アプリであるが故にスマホとの相性があります。

ツインアプリ機能はメーカーが搭載している機能なので、安定性が抜群です。

 

ツインアプリでLINEを複製する方法

ツインアプリの設定はとても簡単。画像を使って、順に説明します。動画で見たい人はスクロールして、下から見て下さい。

まず、スマホから設定をタップ。次に、アプリと通知をタップ。

 

ここからツインアプリをタップ。

 

さらに複製したいアプリをタップすれば終了です。

 

これだけで、ホーム画面に新しいLINEが追加されています。

 

動画でも設定を撮影しているので、ぜひ見てみてください。

 

2つめのアカウントの取得はどうするべきか?

LINEは基本的に1番号につき、一つしか取れません。そのため、LINEをクローン出来たところで、使えるのは一つだけです。

2つ目のLINEを取るためには、以下の2つの方法が現実的です。

2つ目のLINEの取得方法

  • フェイスブック認証を使う
  • LINEモバイルのデータ通信プランを使う

 

フェイスブック認証を使う

今すでにフェイスブックアカウントを持っているのであれば、2つ目のアカウントを取るのは簡単です。

 

LINEの新規登録画面からフェイスブック認証を使えば済むので簡単に取得できますね。

 

LINEモバイルのデータ通信プランを使う

こちらは月額500円でもう一つ番号を取る方法です。海外製のスマホのほとんどは、SIMカードが2つ入る「DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)」もしくは「DSDV」に対応しています。

このスタンバイ状態になっていると、4Gの通信は片方で行いますが、音声通話は両方ともできるようになります。DSDSでは、2つの電話番号を両方とも一つのスマホで持てる状態になります。たとえば、プライベート用とビジネス用を分けたり、日本用と海外用で電話番号を分けることもできるようになります。

DSDVとは?より引用)

 

以下のようにSIMスロットが2つあります。

 

一つに格安SIMを入れて、さらにもう一つのSIMカードを入れておけば、一つのスマホで2つの電話番号を同時に使えるようになる超便利な機能。

1つ目のSIMカードはどこでもいいのですが、2つ目のSIMカードでLINEモバイルを使っておけば、新しい番号でLINEを取得できます。

勘違いされがちですが、LINEを取得するためには音声通話プランは必要ありません。SMSが発信できるカードがあればいいのです。

 

LINEモバイルを進める理由は「LINEの年齢認証」と「プリペイドカード支払い」

2つめのアカウントを取るときに、SMSがある格安SIMを使えばどこでも使えますが、年齢認証の機能が使えません。LINEモバイルのデータSIMであれば、年齢認証を含め全機能が使えます。

ポイント

さらに、LINEモバイルならLINE@も登録可能なので実質3つのLINEアカウントを併用して使うこともできます。

 

さらにLINEモバイルの面白いところはスマホアプリ型の「LINE PAYラインペイ」で支払いができるところ。

 

プリペイド式なので、銀行口座やクレジットカードと直結させることなく支払いが可能になります。プリペイド式なので、SuicaやiCoCaなどと同じく審査は全く必要ありません。

2つめのLINEを契約したいけど、クレジットカードがない・・・という人でも契約しやすくなっています。

 

ツインアプリの注意点

ツインアプリは便利な機能ですが、設定が簡単なように削除も簡単にできてしまいます。

 

設定からワンタップでデータがすべて消せてしまうので、注意してください。

 

LINEを一つのスマホで最高3つ(LINE@も入れれば4つ)使える

ツインアプリはメーカー公式の機能なのでとても安心。アプリ「並行世界」とLINE@を使えば、実質LINEを一つのスマホで4つ持てます。

4つ持つ場合のアカウントは以下のようになります。

4つ持つ場合のパターン

  1. 普段の電話番号
  2. LINEモバイルで取得した番号
  3. フェイスブックアカウント
  4. LINE@アカウント(通常の電話番号でOK)

 

プライベートと仕事で分けたい人や、さらに店舗用を持ちたい人など色々いると思いますが、うまく使い分けれれば便利そうです。

 

ツインアプリではLINE@の複製はできない

LINEと同じようにLINE@も複製したいと思うかもしれませんが、これはできないので注意してください。

 

LINE(ライン)をツインアプリでクローン(複製)する方法まとめ

ラインを複製する方法として、公式でかつ最も安定した方法でクローン出来る仕組みがこの海外製スマホの「ツインアプリ」。

 

スマホを買い替える必要が出てきますが、アプリをコピーして使いたい人にはそれだけでも価値があります。

もし予算的にスマホを買い替えられない場合は、以下のアプリをご覧ください。

LINE(ライン)を1つのスマホで2つ使うアプリならParallel Space(並行世界)がオススメ

人によってLINEを2つに切り分けたい人がいるんじゃないでしょうか? 例えば、仕事用と営業用や、リアルでの知り合いとオフ会などで会った人との切り分け、子供との共有などがあると思います。 そんな時に便利 ...

続きを見る

 

またiPhoneで2つのLINEを疑似的に使いたいなら以下を参考にしてください。

LINE(ライン)の2つ目のアカウントを同じ1つのスマホで取る方法(裏技)

LINEは通常、1つの電話番号で1つのアカウントしか取れません。これが意外と不便。 プライベートと仕事を分けたい人もいたり、色々な理由で2つのアカウントがあると便利ですよね。 LINEの2つ目のアカウ ...

続きを見る

 

LINEにこだわらないなら、ビジネス版LINEのチャットワークが超便利です。

【チャットワークとは?】ChatWorkの初心者向け使い方ガイド(LINEとの違いも解説)

LINE(ライン)は日本人のほどんどが使うとても便利なツールです。 しかし、1つの番号で1つのアカウントしか作れないため、プライベートとビジネスを分けるなど、連絡手段を変えたい時には適しません。 写真 ...

続きを見る

-Tips・裏技

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.