AQUOS(アクオス)のスマホラインナップと全端末スペック完全比較

SHARP(シャープ)が発売しているスマートフォン「AQUOS」シリーズ。国産メーカーのスマホは軒並み厳しい状況が続いていますが、AQUOSは着実に良いモデルを作ってきています。この記事ではAQUOSのスマートフォンについて、そのラインナップをまとめました。

 

AQUOSのスマートフォン解説目次

先におすすめ端末を知りたい人はまず「AQUOSおすすめ端末」からお読みください。スペック一覧では、エクセル一覧で詳細スペックを比較できる表を用意しています。

 

AQUOS(アクオス)スマホの特徴

格安系とハイエンド系に分かれる

シャープは格安スマホ、キャリアスマホの両方も出しています。そのため、AUQOSのスマホはスナドラ800番台を搭載するハイエンド系と、スナドラ600番台以下を搭載する格安スマホ系に分かれます。AUQOSにはある程度命名規則があります。

命名規則

  • ハイエンド:R、zeroシリーズ
  • ミッドレンジ:senseシリーズ

 

ただ名前で完全にハイエンドと格安系に分かれているわけではありません。基本的にRが付くシリーズはハイエンドになることが多いですが、一部格安系に該当するものもあります。そのため、名前で判断するのではなく、スペックで判断することが必要です。

 

のぞき見ブロックが威力大

AQUOSが唯一搭載している機能が「のぞき見ブロック」。横から覗き込みをさせないように、液晶側でパターンを浮かび上がらせるものです。

 

非常に便利な機能で、コントロールパネルからワンタッチでオンオフができます。そのため、フィルムを使ってのぞき見防止をする必要がありませんし、家で一人でいるときにはオフにして見やすくすることができます。満員電車での通勤など、人に覗き込まれやすいようなシーンが多い人にはとてもオススメできる機能です。

 

防水防塵対応・おさいふケータイが基本で使いやすい

格安スマホ系の端末は、ファーウェイにしろ、ASUSにしろ、どこも防水防塵には現状でも非対応が多くなっています。ところが、AQUOSはもともと国産メーカーなこともあって、防水・防塵には対応しています。ほぼ全て、JRのSuicaの認証も通っているため、スマホをつかってSuicaを活用している人には嬉しい仕様ですね。

 

アプリ系の使い勝手が親切

言葉にしづらいのですが、AQUOS系はとにかくアプリ系の初期設定が親切です。丁寧に説明してくれる印象。スマートフォン初心者でAQUOSを買う人が多いらしいですが、親切さを考えれば、その選択肢を選ぶ理由が分かります。

 

エモパーの存在

AQUOSにはGoogleアシスタントとは別の音声アシスタント「エモパー」が付いてきます(参考:エモパーク)。エモパーを使うのは人によると思います。学習機能があるので、使ってみたい人は試してみてもいいかも。

 

AQUOS(アクオス)スマホの選び方

ミッドレンジかハイエンドか

AQUOSの端末を選ぶときは、値段を重視するか、高性能を重視するかで選びましょう。高性能モデルは、パフォーマンスが高いですが、その分かなり値段が高いです。またAQUOSはキャリア専用モデルとSIMフリーモデルの2種類があります。あとのAQUOSのラインナップ一覧でも記載しているので、注意しておいて欲しいポイントですね。

 

格安系を選ぶならSoCに注目すること

格安系のAQUOS端末を選ぶ場合は、SoC(CPU)に絶対注意しましょう。値段帯は同じでもSnapDragon600番台と400番台は大きな違いがあります。上でも書きましたが、AQUOSがややこしいのは名前でグレードが統一されていないので、そこで判断できないこと。後で書いているスペック一覧を必ずチェックしてから判断してください。

 

AQUOS(アクオス)のおすすめスマホ

AQUOS sense4 シリーズ

2020年後半に登場したAQUS sense4シリーズはとにかくおすすめです。3万円レベルで非常に優れたバランスを持ったスマートフォンになっています。特に前年度発売のAQUOS sense3シリーズと比べるとカメラの性能が大幅に向上しており今まで格安スマホで弱点だったところが補強されたモデルになっています。

以下で楽天モバイルの専売モデルAQUOS sense4 liteについて実機レビューを行っています。ポイントの還元率が非常に大きいのでぜひチェックしておいてください。

AQUOS sense4 liteの実機レビュー

AQUOS sense4 liteレビューの概要(ポイント) 3万円以下でも実力十分な機種 AQUOS sense4 liteは2020年に発売されたAQUOSの廉価モデルの中でも最もスペックが低いモ ...

続きを見る

 

ハイエンドながら140gの「AQUOS Zero2」

AQUOSシリーズの中で、最軽量を誇るハイエンドモデルがこちらの「AQUOS zero2」です。なぜかあまり話題に上がりませんが、140g、ハイエンド構成、おサイフケータイ機能搭載、240Hzリフレッシュレート、SIMフリーのDSDVに対応と全く隙のないモデル。もちろんその分値段が高いですが、とは言っても一般的なハイエンド級です。性能に妥協せず、軽さを追求するならAQUOSシリーズに限らずこれ一択です。

AQUOS zero2については実機レビューを行っています。

AQUOS zero2の実機レビュー

AQUOS zero2レビューの概要(ポイント) 超軽量な大画面モデル AQUOS zero2は、過去発売されたAQUOS zeroの後継にあたるモデルです。最大の特徴はその軽さ。6インチを超える大型 ...

続きを見る

 

AQUOS(アクオス)の発売日・発売価格・スペック一覧

AQUOSから発売されているスマートフォンのスペックをまとめました。この表から抜粋してデータを抜いて頂いても構いませんが、ご利用の場合は必ず当サイトへリンクしてください。

補足

※スマホの場合、スクロールが上手く行かないことがあります。その場合は、再読み込みしてください。

 

マシンスペック(SoC・メモリ・ストレージ他)

 

アウトカメラのスペック

 

インカメラのスペック

 

 

AQUOS(アクオス)の機種ラインナップ一覧

AQUOSのラインナップをCPU(SoC)ごとに3種類に分けています。AQUOSは発売数が多いのでここでは2018年度以降のラインナップをそれぞれ3つに分けて整理しています。

AQUOSラインナップの分け方

  • ハイエンド:Snapdragon800番台級
  • ミドルレンジ:Snapdragon600番台級
  • ローエンド:Snapdragon400番台級

 

ハイエンドモデル

AQUOS R5G

AQUOS初の5G対応モデル。基本性能を高めた上で、8K動画再生や4種類のカメラを搭載するなど、シャープの本気度が感じられる一台となっている。キャリア専売モデル。

 

AQUOS Zero2

シャープ(SHARP)
AQUOS zero2はSoftbankで投げ売りがあったため、イオシスでの価格が大幅に下がっています。中古でよければかなりお得なので在庫をチェックして下さい。

日本で発売されている同サイズクラスのスマートフォンの中では最軽量を誇る機種。実際に過去持ったことがあるが、とにかく異常なほど軽い。それでいてハイエンド、240Hzのリフレッシュレート対応、DSDV対応なのでもはや弱点がない一台。

 

AQUOS R3

AQUOS R3
ソフトバンク クリエイティブ

おすすめでも紹介したスマートフォン。カメラの性能が非常に高く、海外メーカーにも引けを取らない。リフレッシュレート120MHzの設定も可能で、液晶にも関わらず画面の動作が非常にスムーズ。型落ちしたことで中古市場で値落ちしているので狙い目になっている。キャリア専売モデル。

実機レビュー記事を見てみる

 

AQUOS Zero

2018年11月30段階で6インチ以上、3000mAhを超えるスマートフォンの中で最軽量を誇る機種(146g)。SIMフリーモデルも存在する。

 

AQUOS R2

AQUOS R3の前モデル。R3とは違い、上はノッチ形式だが下はノッチ形式になっていない。ベゼルも少し広めで、見た目の印象はかなり異なる。動画と静止画のデュアルカメラは同じ。

 

AQUOS R2 Compact

AQUOS R Compactの後継機種。SIMフリーモデルも存在。R Compactと違い、上位SoCのSnapdragon800番台を搭載したため、価格面もかなり強気設定になっている。またデュアルカメラを搭載済み。

 

ミッドレンジモデル

AQUOS sense4(lite含む)

2021/01/06時点で最大8,000円相当のポイント還元です。時間が経つにつれポイントアップすることが多いので現在の還元率は公式サイトをご覧ください。

2020年後半に発売されたAQUOS sense4は非常にバランスの取れたスマートフォンです。実機レビューは以下でレビューを行っているので参考にしてください。

AQUOS sense4 liteの実機レビュー

AQUOS sense4 liteレビューの概要(ポイント) 3万円以下でも実力十分な機種 AQUOS sense4 liteは2020年に発売されたAQUOSの廉価モデルの中でも最もスペックが低いモ ...

続きを見る

 

AQUOS sense4 plus

sense4シリーズの中で最も大型なモデルで専用モデルにあたる機種です。

 

AQUOS sense3

機能的には最も狙い目の一台。スタンダードモデルとして機能が成熟しつつある。ゲームをしないならこれで十分。

実機レビュー記事を見てみる

 

AQUOS sense3 Plus

AQUOSシリーズの大型モデル版。6インチになって見やすくなっている。同じようにIGZO搭載モデル。価格面でスタンダードモデルと比較すると高くなっているため購入は悩むところ。

 

AQUOS sense2

スタンダードAQUOS。senseシリーズの中で最もバランスが取れた機種。初心者にスマホを進めるなら、AQUOSの中でこれが一番ぴったりくるモデル。

実機レビュー記事を見てみる

 

AQUOS sense plus

AQUOS senseよりも少し大きなスマートフォンが欲しい場合はこちらのplusモデルがおすすめ。基本的にsense2の大型版と捉えると分かり易いモデル。

 

AQUOS R compact

コンパクト系ならぜひおすすめしたいのがこちらのAQUOS R compact。iPhoneSEのような小さなモデルは珍しい中、AQUOSがずっと出している良機種。スナドラ600番台搭載で、3Dゲームなどをしなければ文句なしに快適に使える。ちなみにかなり価格が下がってきているので狙い目。

 

ローエンドモデル

AQUOS sense(sense lite)

キャリア版とSIMフリー版が同時に出たモデル。正確には、ガラスの素材などが違う部分もあるがSoC、メモリの部分ではほぼ同じスペックになっている。型落ちのため安くはなっているが、この値段でスナドラ400番台は心許ないので、できれば他のモデルを選ぶ方が良いでしょう。

 

AQUOS(アクオス)のスマホまとめ

2020年後半に発売されたミッドレンジが非常に優れているためAQUOSのスマートフォンのラインナップはより魅力的になっています。どれを選んでも失敗しづらいモデルになっているのでぜひ参考にしてください。

 

以下ではAQUOS以外のスマホラインナップ、おすすめについて解説しています。

© 2021 SIMPC(シンプシー)