ZenFoneシリーズのラインナップとスペック比較・おすすめ

格安スマホといえば、必ず名前が挙がるのがスマートフォンメーカー「ASUSエイスースZenFoneゼンフォン」。

このASUSから発売されているスマートフォンの中からおすすめスマホランキングをまとめました。

スペック表、おすすめのポイントも合わせて紹介しているので、どのスマホを買うか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

ZenFoneのスマートフォン解説目次

先におすすめ端末を知りたい人はまず「ファーウェイおすすめ端末」からお読みください。スペック一覧では、エクセル一覧で詳細スペックを比較できる表を用意しています。

 

ZenFoneのスマホの特徴

バッテリーが大きく連続使用に有利

ZenFoneのスマートフォンは格安スマホの中でもバッテリー容量が大きいものが多くなっています。

2019年発売モデルで格安モデルとしてよく売れた「ZenFone Max Pro M2」やハイエンドの「ZenFone6」はどちらも5000mAhの容量となっています。

どちらもそうですが、一日使ってもバッテリーに余裕があり、よく使う人でも心配いらずな使い心地となっています。

 

ハイエンドはギミックが効いたものも

ハイエンドモデルである「ZenFone6」は、完全ノッチレスを実現するためにフリップカメラを搭載しています。

インカメラ、アウトカメラを共通化することでカメラ性能を高めています。

ちなみに世界的なカメラ性能の指標であるDXOmarkにおいて、ZenFone6はインカメラで最高評価となっています。

 

ASUS(ZenFone)のスマホの選び方

他にはないハイエンドかコスパのミドルレンジか

ZenFoneのモデルは2018年まで、乱立型であり非常にややこしくなっていました。

2019年に入ってからはシンプルになり、ミドルレンジ、ハイエンド、ゲーミングの3種類で分かれるような設定になっています。

ASUSのラインナップ

  • ミドルレンジ:ZenFone Max Pro M2
  • ハイエンド:ZenFone 6
  • ゲーミング:ROG Phone

他にもスマホのラインナップとしてはなくはありませんが、実用性で選ぶならこの3つから選ぶと良いでしょう。

 

注意ZenFoneにはamazonに海外版がある

ZenFoneを発売しているASUSは世界進出しているスマホメーカー。そのため海外でもたくさんスマホを発売しています。

海外のスマホを日本で使う場合は、日本の法律である「電波法」に対応していることを証明する「技適マーク」が必要になります。

amazonは直接海外とやり取りできることや、出品者が海外の製品を取り扱っていることもあり、意図せず技適マークのないZenFoneが送られてくるケースがあるようです。

 

ZenFoneのおすすめスマホ

1位:ZenFoneMax Pro (M2):低価格帯ながらコスパに優れる

3万円強でSnapdragon660を積んだ隠れた名機がこちらの「ZenFone Max Pro(M2)」。Maxシリーズはバッテリーの強化シリーズで、5000mAhもの電池容量があります。

ツイッターなどのSNS、ゲームなどをする場合(ただしスペック的に軽いものに限る)はZenFoneMax Pro M2はちょうどよい選択肢でしょう。

ZenFone Max Pro(M2)の実機レビュー

続きを見る

 

2位:ZenFone6:855搭載で7万円切りのハイスペスマホ

2019年に登場した完全フルノッチレスのハイスペックスマホZenFone6。過去最強のCPUを搭載し、6GB、8GBの2種類に加え、30周年限定モデルが発売されています。

ポイントはZenFone6独特のフリップカメラ。これによりアウトカメラとインカメラを同じカメラで両立できます。通常アウトカメラの方が高性能なため、そのレンズをそのまま使えてしまうメリットが。

本来フルノッチレスにするための技術ですが、写真を撮る人には嬉しい仕様ですね。

かなり面白い機種ですが、弱点もありました。くわしくはレビューで解説しています。

ZenFone6の実機レビュー

続きを見る

 

3位:ZenFone5:価格はスタンダードながらハイスペックな一台

5シリーズの中ではスタンダード(ミッドレンジ)に位置しますが、中身は全くスタンダードではなく、むしろ良いスペック。

最新のSnapdragon636を搭載し、日本製スマホの2倍はあるメモリ6GB。フルスクリーンで、価格は驚きの5万円台になっています。

 

ZenFone端末の発売日・発売価格・スペック一覧

ZenFoneから発売されているスマートフォンのスペックをまとめました。2019年7月8日に最新情報へ更新しています。

※以下の情報をもとに表を作成、記事を公開することは構いませんが、その際は必ず当記事へのリンクをお願いいたします。

 

マシンスペック(SoC・メモリ・ストレージ他)

 

アウトカメラのスペック

 

インカメラのスペック

 

 

ZenFoneの機種ラインナップ一覧

ZenFoneのラインナップをCPU(SoC)ごとに3種類に分けています。ZenFoneは発売数が多いのでここでは2018年度以降のラインナップをそれぞれ3つに分けて整理しています。

 

ハイエンドモデル

ZenFone 6

フリップカメラを搭載し、フルノッチレスを実現した超ハイスペックモデル。カメラに注目されがちだが、大バッテリー、ハイエンドなのに7万円ぎりの価格はとてもお値打ちの一台。

ZenFone5Z

ZenFoneシリーズの最高スペックモデルの5z。ZenFone5の中で唯一スナドラ800番台を搭載しています。

ZenFoneAR

ZenFoneシリーズの中で、特殊グレードに当たるZenFone AR。名前の通りAR(Argumented Reality:拡張現実)に特化したスマートフォン。

ROG Phone

ASUSが出しているゲーミングスマートフォン。物理コントローラや風冷ファンをオプションとして用意してゲームをより快適にできるようにしたモデル。

 

ミッドレンジモデル

ZenFone MAX Pro(M2)

2019年爆発的に売れているZenFone。ちょうどよいCPUと5000mAhの大きなバッテリーを搭載し、コスパバランスに突出した機種。これを買っておけば間違いないと思わせてくれるモデルです。

レビュー

ZenFone MAX Pro (M1)

5000mAhでSnapdragon636搭載のモデル。後継機にZenFone Max Pro M2がすぐに出たため、そちらを買う方が良いでしょう。

ZenFone5Q

ZenFone5シリーズの中で、セルフィー(自撮り)に特化したモデル。CPU的には標準レベルだが、同時期発売されたモデルの中では唯一全画面モデルではないので注意。

ZenFone5

2018年に発売されたハイエンド寄りのZenFone。ZenFoneシリーズの中で全画面となったモデルでもある。

ZenFone4

2017年発売のZenFone4。ミッドレンジのCPUを搭載し、安定感のある機種。2019年に入ってamazonなどでかなり値段が下がっているので、安さを求めるなら意外と狙い目。

レビュー

 

ローエンドモデル

ZenFone MAX(M1)

4000mAhバッテリー搭載のモデル。メモリ3GBにSnapdragon430なので性能面ではかなり厳しい。また、ディスプレイ画素数も少なめの1440×720(HD+)

 

関連記事

以下ではZenFone以外のスマホラインナップ、おすすめについて解説しています。

-比較

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.