iPad Air 第4世代(2020年モデル)の実機レビュー

iPad Air 第4世代レビューの概要(ポイント)

エッジが付いた第4世代Air

2020年に発売されたiPad AirはProライクになり、エッジが付いた第4世代モデルとなっています。過去モデルと比較して、CPU性能が向上しただけでなく、Apple製品で初めてとなるサイドTouch ID(指紋認証)を搭載。

Proと違い性能差はあるものの、数多くのカラー展開があるため、タブレットにファッション性を求める人にも向いているモデルです。Apple Pencil(第2世代)、Magic Keyboardにも対応しており、Pro版と同様にパソコンや液タブライクにも使える拡張性の高いモデルとなっています。

Wi-Fiモデルだけでなく、LTE対応のCellarモデルも存在します。なお5Gには非対応。

Pro版まで行かなくとも、大きなiPadが欲しいという人にとって、お手軽に手に入る魅力的なモデルなので初心者にもおすすめです。

簡易スペック表

発売日 2020/10/23
SoC A14 Bionic
RAM 4GB
ROM 64GB
256GB
画面 10.9インチ
重量 458 g(Cellular:460g)
5G(Sub-6) 非対応
5G(ミリ派) 非対応

※詳細、およびPro版は公式スペック表でご確認ください。
※メモリはGeekBench5にて判明

本文の前に

SIMフリー版のiPhoneを買おうとしている場合は、「iPhoneを安く買う方法」の記事もご覧ください。1,2分のちょっとした手続きだけで1%の楽天ポイントと今なら500円分の楽天ポイントがもらえます(たまにポイントアップすることもあるので要チェックです)。

iPhoneをキャンペーンやポイント術を活用して安く買う方法・コツ(新品・中古をそれぞれ解説)

もともとiPhoneはSoftBankの限定販売から始まったこともあり、買い物のルートが狭く、割引して買うことができない印象があります。しかし、2020年以降iPhoneの販路が拡大され、新品・中古と ...

続きを見る

 

iPad Air 第4世代の目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。筆者が使った主観的な内容については、メリット・デメリットの項目で記載しています。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューはAppleストアにて実際に購入の上レビューを行っています。

 

iPad Air 第4世代の特徴

この項目ではiPad Air 第4世代の特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

エッジデザインへの進化

iPad AirはこれまでのiPhone8シリーズを拡張したようなデザインが基本でしたが、第4世代からProライクなデザインに変化。さらに、エッジが横からはっきりと見えるようになったことでカラーバリエーションが映えるようになっています。

 

A14 Bionicに進化

iPad AirではプロセッサがA14 Bionicに変更になっています。これによりより高速な処理が可能となっています。ベンチマークで結果をまとめていますが、iPad Proほどの実力はないもののiPhone12クラスのパワーを持つiPadになっています。なおベンチマークの比較については、Antutuベンチマークまとめにて一覧で紹介しているためそちらをご覧ください。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代の価格とコストパフォーマンス評価

iPad Air第4世代は、比較的コストパフォーマンスに優れる機種で6万円台からの購入が可能です。プロセッサ、メモリの進化だけでなく、本来iPad Proでしか使えなかったMagic Keyboard、Apple Pencil第二世代に対応していることがコスパの良さを感じる魅力的な要素と言えるでしょう。

価格情報について

価格については執筆時点(2020/10/23)の情報です。現在の価格については各サイトをご覧ください。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代のマシンスペック

マシンスペック

今回レビューしたWi-Fi版のiPad Air 第4世代のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2020/10/23
寸法 178.5×247.6×6.1mm
重さ 458 g
ディスプレイ サイズ 10.9インチ
形式 液晶(LIQUID Retina)
画素数 2360×1640
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 電池容量
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電
プロセッサ(Soc) A14 Bionic
GPU 記載なし
ストレージ(ROM) 64GB
256GB
メモリ(RAM) 4GB
外部メモリ ×
通信 下り最大 公式記載なし
上り最大 公式記載なし
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証 ×
光彩認証 ×
おサイフケータイ ×
緊急避難速報 公式記載なし
防水 ×
防塵 ×
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS iPad OS14
SIMサイズ nanoSIM
eSIM
DSDV

※スペック詳細はこちら

 

対応バンドについて

LTE 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/14/17/18/19/20/21/25/26/28/29/30/32/34/38/39/40/41/42/46/66
3G 850MHz / 900MHz /1800MHz/1900MHz

 

スペックの解説

iPad Air第4世代では液晶ディスプレイ(Liquid Retina)を採用しています。また、本体は460gとほぼ同じサイズのiPad Pro11インチと比較して、13g軽くなっています。iPad Proではリフレッシュレートが120Hzですが、iPad Airでは60Hzになっている点に注意して下さい。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代のベンチマークテスト

Antutu

Antutuベンチマークのスコアは以下の通り624111となりました。同じA14 Bionicを使うiPhone12iPhone12 Proよりも高い数値がでています。その他の機種比較についてはAntutuベンチマーク測定データまとめと比較下さい。

 

GeekBench

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

iPad Air 第4世代の通信スピードテスト

Wi-Fi環境テスト

iPad Air 第4世代の通信環境テストをアプリOoklaを用いて行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

全部屋で安定した数値が得られています。また長距離でも若干ダウンロード速度の低下が見られるものの、PINGの低下は見られませんでした。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代のカメラスペック

カメラスペック

メインカメラ

カメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1200万 1.8

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

インカメラ

カメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 700万 2.2

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

動画撮影能力

アウトカメラは以下の通りです。8Kにも対応しています。

 

4K 撮影 24,30,60 fps
1080P 撮影 30,60,120,240 fps

 

iPad Air 第4世代で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。まず、iPad Air 第4世代でズーム機能を検証しました。最大ズームでも十分綺麗に映っています。カメラ使用時は倍率表示されませんが、おそらく5倍ズームとなっています。

1倍

最大倍率

 

ホワイトバランスの変化を検証しました。

黒いカメラにフォーカス

緑の葉にフォーカス

 

明るい色、暗い色の花の撮影によるホワイトバランスの変化を検証しました。

明るい花の写真

暗い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロモードを搭載していないため接写は弱いです。

充電器の文字にピント

50に合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ味は弱めです。

前の明るい花にピント

後ろの暗い花にピント

 

夜景テストをしました。ライトを消した状態からキャンドルライトの個数を変更して行いました。色味はかなり再現されています。また、カメラが弱い印象のiPadですが夜景は比較的綺麗に撮影できています。

ライト無し

1個

4個

8個

12個

 

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代の外観

今回購入したのは、スカイブルーです。センターにAppleアイコン、下部にMagic Keyboardの接続用端子があります。

 

表面です。ベゼル幅はかなり広めです。実測したところ10mmとなっています。

 

右側は音量ボタンがあります。

 

左側には何もありません。

 

下側にはUSB-Cとスピーカーがあります。

 

上部にはTouch ID兼用電源ボタンがあります。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代のメリット・長所

液晶ディスプレイである

iPad Airは液晶ディスプレイを搭載しています。本来であれば、画質を優先するならOLEDの方が理想ですが、消費電力が大きくなるため大画面で使うなら液晶の方が有利になります。

 

共用で使えるデバイス類

iPad Airの第4世代はiPad Pro 11インチとApple PencilやMagic Keyboardなどのデバイスを共用して使うことができます。例えば家族でタブレットを分けて使っているなどであれば、デバイスを共通化できます。

 

軽くて持ちやすい大きさ

iPad Air 第4世代は458gと持ち運びしやすい重さになっています。また本体厚みは6.1mmと非常に薄いため、カバンなどに入れやすいデバイスです。

 

USB-Cによる充電

初めてiPad AirでUSB-C対応となり、充電コネクタの統一化が出来るようになっています。本体の持ち運びしやすさに加えて、USB-Cで統一することでコネクタ類を減らすことが可能です。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代のデメリット・欠点

指紋認証である

タブレットで持ち運びするなら、指紋認証が付いている方が便利です。しかし、Magic Keyboard併用時は顔認証の方が「エンターキーを押す→顔認証で自然とロック解除」になるため、利便性が高くなります。またiPad Air 4の指紋認証はクセがあり、「電源ボタンタッチ→電源ボタンを触れ続ける」という2アクションでの解除となっており、非常に不便です。

 

Pro版に比べるとベンチマークで性能差が明確

iPad Air 第4世代は、性質上iPad Pro Gen4と比べられることが多いですがベンチマーク結果を見るとPro版の方が性能が高くなっています(Antutuで10万点ほど差がある)。ベンチマーク結果が全てではないですが、Adobe製品や動画編集など負荷がかかりやすい作業ではPro版をおすすめします。またメモリ差(RAM)が大きいことも注意して下さい。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代の口コミ・評判

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

iPad Air Gen4
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on iPad Air Gen4

大きくてお洒落なに進化したiPad Air。iPad Pro版のようなエッジが垂直に落ちるデザインに変更されスタイリッシュになっています。見た目、軽さは申し分なしで使い勝手はとても良い。Pro版と比較してリフレッシュレートが低いがハードな利用をしないのでそこまで気にならない。それよりも指紋認証が電源ボタンを押す、触れ続けるという2段階操作になっているのでとても使いづらい(触れただけで解錠にして欲しかった)。ここだけが欠点ですし、なによりも操作の起点になるのでとてもストレスが大きい。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代の女性目線の口コミ

普段、iPhone8を使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 本体のブルーカラーが綺麗
  • 背面のリンゴマークの主張が強い

 

iPad Air 第4世代がおすすめのタイプ

安めでデザインの良いiPadが欲しい人

iPad Air 第4世代は、Pro版と無印の間でバランスが取れたモデルと言えます。iPadが欲しい、けれどもApple Pencil第二世代を使いたい、USB-Cがいい、と言った人にちょうどぴったりになるグレードです。安くはありませんが、約6万からスタートと比較的手に入れやすいこともメリットの一つです。

 

外でタブレットを使う人

iPad Air 第4世代は形こそ変わりましたが指紋認証を継承しました。そのため、外でマスクを付けていても認証解除しやすく、利用しやすい端末と言えます。

 

iPad Air 第4世代をおすすめしない人

Magic keyboardを使う人

デメリットで述べたようにMagic Keyboardと指紋認証は非常に相性が悪いです。利便性にどこまでお金を払うかの問題はありますが、もし純正キーボードを使うなら、Pro版の顔認証タイプをおすすめします。

 

価格にこだわる人

10インチクラスタブレットであれば、同じApple製品としてiPad 第8世代があります。Apple Pencil第1世代であったり、Lighteningケーブルであったりと、欠点はあるものの3万円台で購入できます。それでいて、2020年のモデルのためプロセッサの性能が高いことが特徴。まずタブレットに触れてみたいという層にピッタリな一台となっています。

目次に戻る⇒

 

iPad Air 第4世代の実機レビューまとめ

中間グレードのちょうどいいiPad

結論

iPad Air 第4世代は、安さと性能のバランスが取れたちょうどいいモデルと言えます。特にタブレットを外出先で使うために持ち歩くということであれば、指紋認証(Touch ID)であることが大きな魅力になります。

最新のAppleアクセサリーとの連携性も高いため、iPad初心者の人にもぜひおすすめしたいモデルと言えるでしょう。

 

iPad Air 第4世代のキャンペーン・安く買う方法

iPad Air 第4世代は公式サイトをはじめ、通販サイトでの購入が基本になります。価格を比較して購入しましょう。

 

もしSIMフリーモデルをApple Storeで買うなら以下の方法で安く買えるので必ずチェックして下さい。

本文の前に

SIMフリー版のiPhoneを買おうとしている場合は、「iPhoneを安く買う方法」の記事もご覧ください。1,2分のちょっとした手続きだけで1%の楽天ポイントと今なら500円分の楽天ポイントがもらえます(たまにポイントアップすることもあるので要チェックです)。

iPhoneをキャンペーンやポイント術を活用して安く買う方法・コツ(新品・中古をそれぞれ解説)

もともとiPhoneはSoftBankの限定販売から始まったこともあり、買い物のルートが狭く、割引して買うことができない印象があります。しかし、2020年以降iPhoneの販路が拡大され、新品・中古と ...

続きを見る

 

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

 

関連公式サイト

© 2020 SIMPC(シンプシー)