当サイトの記事は広告を含みます。

G-Tune P5-AF(限定モデル)の実機レビュー

G-Tune P5-AF(限定モデル)のレビュー概要

低価格で買える限定モデル

G-Tune P5-AFは当サイト限定でメーカーさんからご提供いただいている特別な割引が適用されたモデル。

スペックはCore i5-11400H、GeForce GTX1650を搭載しながら、価格はなんと税込119,900円(税込)。写真や動画編集などで使いたい、かつ安く欲しい人向けのモデルになっています。

こんなタイプにマッチ

  • 写真、動画編集する人人
  • 安くグラボ搭載PCが欲しい人

簡易スペック表

発売日 2022年7月20日
CPU Core i5-11400H
RAM 16GB
ストレージ 256GB
画面サイズ 15.6インチ
GPU GeForce 1650
USB-PD 非対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 1995g
Cinebench R20 3506pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

本コラボモデル製品の販売は終了しました。

2022年10月27日時点で119,900円から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)の特徴

ここではG-Tune P5-AF(限定モデル)の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

第11世代intelプロセッサ搭載

G~Tune P5-AFはCore i5-11400Hをベースとしたモデルとなっています。プロセッサはカスタマイズできないため、一択となっています。

 

グラフィックボードはGTX1650

グラフィックボードはGeForce GTX1650を搭載しています。こちらもプロセッサ同様にアップグレードオプション等はありません。

 

ストレージやメモリはアップグレード可能

ベースモデルではメモリ16GB、ストレージ256GBですが、どちらもカスタマイズによるアップグレードが可能です。さらにセカンドストレージの増設も可能になっています。

 

非常にリーズナブルな価格設定

限定モデルということもありますが、他社と比べて似た構成で比較すると非常にリーズナブルです。そのまま購入するも良し、浮いたお金でアップグレードするのも良いでしょう。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)の価格とコストパフォーマンス

割引もあり性能と価格面からみて、コストパフォーマンスは非常に高いモデルです。特に、写真や動画の編集をこれから始めてみたい人にはマッチするでしょう。

2022年10月27日時点で119,900円から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のスペック

今回レビューしたG-Tune P5-AF(限定モデル)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年7月20日
製品名 G-Tune P5-AF
型式 -
サイズ 238×359.5×23.2mm
重量(実測) 本体 1995g
電源アダプタ 515g
CPU intel Core i5-11400H
GPU GeForce GTX1650
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 100万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 6.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

公式サイトを見てみる

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3506pts、シングルコア566ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Core i5モデルですが、Hシリーズということもありノートパソコンとしては十分以上のパフォーマンスを誇ります。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は8458pts、シングルコア1473ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は2500MB/sを超えており、トップクラスには一歩及ばないものの動作で一切不満を感じないレベルのパフォーマンスになっています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 7082 快適
高品質 5187 やや快適
軽量品質 3591 普通

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 少しファン音が聞こえる
CPUテスト時 ファン音が大きく聞こえる
GPUテスト時 ファン音が大きく聞こえる

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 59.9% 59.9%
Adobe RGB 44.4% 44.4%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:571.91Mbps
ポイント②:266.94Mbps
ポイント③:574.11Mbps
ポイント④:477.11Mbps
ポイント⑤:274.35Mbps
ポイント⑥:64.54Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 571.91 541.51 15
ポイント② 266.94 273.71 12
ポイント③ 574.11 392.02 12
ポイント④ 477.11 474.23 13
ポイント⑤ 274.35 286.33 14
ポイント⑥ 64.54 134.1 13

 

通信スピードテストの評価

最長距離では低下する傾向が見られたものの、全体的に十分なスピードテスト結果が得られています。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。USB-PD充電には非対応です。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W × PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W × PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W × RP-PC133
100W × AUKEY PA-B7

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)の外観

天板はブラックで、G-Tuneのロゴが配置されています。

 

背面は真ん中に大きなスリットが設けられたデザインになっています。スピーカーはパームレスト側、左右に設けられています。音は軽めで低音は少なめとなっています。音質は並程度です。

 

開いた様子です。上下ベゼル幅は普通です。フロントカメラには物理シャッター、顔認証はありません。

 

 

最大開き角は135°です。

 

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。テンキーを搭載しています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.31mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.7mmとなっています。キー入力は深くて打ちやすい印象でした。

 

タッチパッド幅を計測したところ、120mmとなりました。タッチパッドはサラサラで非常にコントローラブルです。

 

本体右側にはフルサイズイーサネットコネクタ、USB Type-A、USB Type-Cポート、SDカードスロットを備えています。

 

本体左側にはUSB Type-A×2、マイクジャック、ヘッドフォンジャックを備えています。

 

背面にはフルサイズHDMI、ミニディスプレイポート、電源ポートが設けられています。

 

本体の重量を測定したところ、1995gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2510gとなりました。充電器単体では515gとなります。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のメリット・魅力

優れたコストパフォーマンス

なんといっても価格メリットが大きく、グラフィックボード搭載の第11世代 Hシリーズプロセッサ搭載モデルでこの価格は魅力的です。

セカンドストレージのカスタマイズまでできるので、余った予算でメモリに振ったり、ストレージを強化したりと様々なバリエーションを選択することができます。

 

ゲーム用途以外でも使いやすいスペック

本モデルはプロセッサのパフォーマンスが高いことに加え、テンキー搭載で打ちやすいキーボードや豊富なインターフェイスを持つため、事務用途で使ったり、セカンドディスプレイやペンタブレットを接続して作業効率を高めることもできます。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のデメリット・欠点

リフレッシュレートは60Hz

本モデルのリフレッシュレートは60Hzとなっています。G-Tuneシリーズですが、一般的なPCと同じレベルなので注意して下さい。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

DAIV P5-AF
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

限定モデルのため、相場よりも安く手に入る15インチノートパソコンです。GeForce GTX1650を搭載していることや、セカンドストレージの増設が可能なため、写真や軽い動画編集をしたい人にマッチするモデルと感じました。。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)がおすすめな人

写真編集する人

個人的に最もおすすめなのが写真編集する人です。PCスペックから見て、ちょうど良い塩梅のパフォーマンスが発揮できるため、コストパフォーマンスが最も高くなるでしょう。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)がおすすめではないタイプ

持ち運びする人

15.6インチでグラフィックボード搭載ということもあり、本体質量はかなり重めです。軽量性も合わせたいなら、14インチのDAIV 4Nを検討すると良いでしょう。

以下でレビュー記事を掲載しているので併せてご覧ください。

DAIV 4N(2021年モデル)の実機レビュー

約1.4kgで薄型軽量にもかかわらず、GeForce GTX1650Tiを搭載したノートパソコン。USB-PDに対応するため、ノマドワークに向くモデルです。2021年6月1日発売モデル。

続きを見る

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)のカスタマイズ・モデルの選び方

プロセッサ、グラフィックボードはカスタマイズできないので、メモリ、ストレージが焦点になります。個人的にストレージは512GBあった方が良いと感じますが、それ以外は標準でも問題ないでしょう。自分が求めるものに合わせてアップグレードして下さい。

公式サイトを見る

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)の実機レビューまとめ

リーズナブルな限定モデル

結論

今回レビューしたG-Tune P5-AFは限定だからこそ、他よりもかなり安く手に入るモデルです。特にクリエイティブ用途で使ってみたい初心者の人にはマッチする一台と言えるでしょう。

2022年10月27日時点で119,900円から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

G-Tune P5-AF(限定モデル)を安く買う方法

G-Tune P5-AF(限定モデル)に限らず、マウスコンピューターのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年7月】マウスコンピューター・G-Tuneのセール・クーポンとキャンペーン・学割で安く買う方法・コツ

この記事ではコスパの高いマウスコンピューターのパソコンを最大限安く買うための方法についてまとめました(この同メーカーのゲーミングブランド「G-Tune(ジーチューン)」を安く買う方法も含みます)。 結 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。