当サイトの記事は広告を含みます。

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの実機レビュー

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのレビュー概要

国産のパワフル16インチ

LAVIE Direct NEXTREME Infinityは第13世代intel HシリーズプロセッサとdGPUにintel Arc A570M Graphicsを搭載した16インチのパワフルノートパソコンです。

ディスプレイにはOLEDが採用され美しい描写力を備えています。

こんなタイプにマッチ

  • 国産のパワフルノートが欲しい人

簡易スペック表

発売日 2023年
CPU Core i5-13500H
Core i7-13700H
Core i9-13900H
RAM 16~64GB
ストレージ 512GB~2TB
画面サイズ 16インチ
GPU intel Arc A570M Graphics
USB-PD 非対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 2450g
Cinebench R20 6101pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2023年11月13日時点で256,080円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの特徴

ここではLAVIE Direct NEXTREME Infinityの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

第13世代intelプロセッサ搭載

本モデルは第13世代のintelプロセッサHシリーズから選択でき、Core i5からCore i9でカスタマイズすることができます。今回テストしたのはCore i7モデルですが、これでも十分なパフォーマンスが得られています。

 

Intel ArcのdGPU搭載

本モデルでは珍しいintel Arc A570M Graphicsを備えています。

 

16インチのOLEDディスプレイ

ディスプレイは有機ELで光沢のディスプレイとなっています。外観でも書いていますが、他とはっきりと違いが分かるほど綺麗な描写力があります。

 

Creative Cloud1年ライセンス付き

先着順にはなるものの、Adobe Creative Cloudが一年分付属しています。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの価格とコストパフォーマンス

本モデルは256,080円(税込)からとなっており、構成はCore i5-13500H、16GBメモリ、intel Arc A570M Graphicsとなっています。同ランクのノートパソコンと比較するとコストパフォーマンスは低めです。

2023年11月13日時点で256,080円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのスペック

今回レビューしたLAVIE Direct NEXTREME Infinityのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売年 2023年
製品名
型式
サイズ 254.1×359.8×19.9~30.9mm
重量(実測) 本体 2450g
電源アダプタ 890g
CPU Core i7-13700H
GPU intel Arc A570M Graphics
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 1TB
2nd -
ディスプレイ サイズ 16インチ
解像度 3840×2400
アスペクト比 8:5
形式 OLED
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 9.7時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は6101pts、シングルコア368ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Cinebench R20のスコアはマルチでなんと6000ptsを超えるパフォーマンスを出しており、ノートパソコンとしては非常に高いレベルです。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は9408pts、シングルコア782ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は4400MB/s程度であり、高めのパフォーマンスとなっています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2834 やや重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 100% 153%
Adobe RGB 97% 113.4%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:488.9Mbps
ポイント②:310.6Mbps
ポイント③:526.57Mbps
ポイント④:414.39Mbps
ポイント⑤:142.82Mbps
ポイント⑥:51.9Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 488.9 339.25 15
ポイント② 310.6 234.97 15
ポイント③ 526.57 323.8 17
ポイント④ 414.39 274.23 16
ポイント⑤ 142.82 206.63 18
ポイント⑥ 51.9 53.82 16

 

通信スピードテストの評価

最大距離で通信速度の低下がみられたものの、それ以外では100Mbpsを超えるパフォーマンスを出しています。

 

LAVIE Direct NEXTREME InfinityのUSB-C(PD)による充電テスト

本モデルはUSB PD充電非対応です。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの外観

天板はNECのロゴのみとなっており、シンプルです。

 

背面の通気口は三角形が交互に重なる形となっています。

 

開いた様子です。OLEDディスプレイが採用されており、非常に美しいことが特徴です。また光沢ディスプレイとなっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボードはFnとCtrlが逆転していることを除けば一般的なキーボードと変わりありません。テンキーを搭載しています。またキーボードの手前側の角が落とされておりキータッチが滑らかな印象を受けました。

 

本体右側には優先イーサネットコネクタ、USB Type-Cポート、USB Type-Aポートを備えます。

 

本体左側には電源ポート、フルサイズHDMI、USB Type-A、コンボジャックを備えます。

 

本体の重量を測定したところ、2450gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、3340gとなりました。充電器単体では890gとなります。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのメリット・魅力

美しいディスプレイ

OLEDディスプレイを搭載していることに加え、光沢ディスプレイのため開けた瞬間に違いがわかるほどきれいなディスプレイになっています。映像を楽しむマシンとしてもぴったりと言えるでしょう。

 

強力なパフォーマンス

Cinebench R20のスコアからもわかるように高いプロセッサパフォーマンスを叩き出しています。実際に使っていても不満に感じることはほぼありません。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのデメリット・欠点

コストパフォーマンスが低い

国産モデルということもあってか、コストパフォーマンスの低さがネックとなっています。同じレベルのスペックであれば、より安く手に入ってしまいます。

 

スピーカー音が軽い

公式サイトでスピーカー音を売りにしていますが、音は軽めで迫力が足りません。一般的なノートに比べれば音は良いですが、あまり大きな期待をしない方が良いでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

LAVIE Direct NEXTREME Infinity
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

パフォーマンスとディスプレイ性能は十分な一台。スペックに対して価格が高めなところが残念なポイントです。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityがおすすめな人

国産で美しいディスプレイを求める人

このノートパソコンが一番マッチする人は国産、かつOLEDの美しいディスプレイを求めている人でしょう。国産モデルではOLEDかつ光沢ディスプレイは意外とない印象です。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityがおすすめではないタイプ

対性能でコスパを求める人

デメリットでも書いた通り、価格に対してパフォーマンスは他社製品に劣ります。コスパを重視する人は外資メーカーを選ぶ方が良いでしょう。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityのカスタマイズ・モデルの選び方

このモデルはカスタマイズ幅が広く、予算や自分の求めるスペックに対して細かく調整できます。最廉価グレードがCore i5-13500Hかつメモリ16GBになっており、このスペックなら十分使えるのでここから自分の要望に合わせてグレードアップしていく形で良いでしょう。

公式サイトを見る

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityの実機レビューまとめ

パフォーマンスの高い国産機

結論

エントリー機が多い国産のノートパソコンの中で、パワフルな性能と美しいディスプレイを持つ一台となっています。

欲を言えばdGPUにGeForce RTXの選択肢が欲しかったところです。

2023年11月13日時点で256,080円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

LAVIE Direct NEXTREME Infinityを安く買う方法

LAVIE Direct NEXTREME Infinityに限らず、NECのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年5月】NECダイレクトのLAVIEをクーポンとキャンペーン・セールで最大限安く買う方法・コツ

NECのパソコンといえば「LAVIEシリーズ」。安定した性能と安心のサポートで、日本のパソコン業界を牽引してきたメーカーです。LAVIEを安く買うならまずは公式の「NEC Direct」のチェックが必 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。