Surface Pro 7の実機レビュー

Surface Pro 7のレビュー概要

第10世代搭載の高性能2in1

Microsoftから発売されている超スタイリッシュなタブレットノートPCです。

Surface Pro 7では第10世代インテルプロセッサを選ぶことができ、最高Core i7-1065G7まで搭載可能。

Core i7を選んでも、Surfaceシリーズと考えると、意外と実勢価格が低いので価格重視でも選んでも良いモデル。

本体重量は800gを切り、12.3インチのため、女性にもお勧めしたいモデルと言えるでしょう。

簡易スペック表

CPU Core i3-1005G1
Core i5-1035G4
Core i7-1065G7
RAM 4GB~16GB
ROM 128GB~1TB SSD
画面 12.3インチ
GPU UHD グラフィックス
Iris Plus グラフィックス640
LTE なし
CINEBENCH 1600 pts

※詳細スペックはこちら
※ベンチマークは当サイトのマルチコア計測値です。シングルコアはベンチマーク結果で公開しています。

Surface Pro 7実機レビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人で安く買いたい人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本記事はMicrosoftさんからお借りしてレビューしています。

 

Surface Pro 7の特徴

タブレットPCだが最高クラスの性能

Surface Pro 7は2in1のSurfaceタブレットとして、ハイエンド系に位置する性能を持っており第10世代intelコアプロセッサをCore i7クラスまで選択することができます。さらに、メモリも16GBまで選択可能です。

プロセッサ的な優位性だけでなく、4K液晶、Windows Hello搭載、さらに900gを切る本体重量、4096段階の筆圧検知機能など、文句なしの性能を持っています。

 

さらに、Surfaceシリーズならではのアクセサリーを展開できるため、2in1 PCとしては文句なしの性能を誇っています。

 

Wi-Fi6対応

Surfaceシリーズはモデルを変更しても見た目があまり変わらないため分かりにくいですが、本モデルからWi-Fi6に対応しています。これにより、Wi-Fi6に対応した無線LANを選べばさらに高速化した環境でネットを使うことが可能になります。

目次に戻る⇒

 

Surface Pro 7のスペック

今回レビューしたSurface Pro 7のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日 2019年10月23日
サイズ 292mm×201mm×8.5mm
CPU Core i7-1065G7
GPU Iris Plusグラフィックス640
メモリ 16GB
ディスプレイサイズ 12.3インチ
ディスプレイ 2736×2834
(3:2)
記録方式 256GB SSD
生体認証 Windows Hello
フロントカメラ 500万画
リヤカメラ 800万画素
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
SIMカードサイズ なし
LTEモジュール 非対応
重量 790g(本体のみ)
光学ドライブ なし

※詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

今回レビューしたSurface Pro 7はもっとも最上位に位置する第十世代Core i7搭載モデルです。実際に使っていても非常に快適に使えるノートパソコンです。また特徴のところでも書いたように、Wi-Fi6に対応しています。

Surface Pro7に限りませんが、このシリーズにはディスプレイ比が3:2であることに特徴があります。ほとんどのパソコンは16:9ですが、縦長になっているためブラウジングがしやすいメリットがあります。また4KのPixel Displayを搭載しているため、ディスプレイが非常に綺麗です。

目次に戻る⇒

 

Surface Pro 7のベンチマーク

CINEBENCHでの測定結果です。マルチスコアで1600ptsという結果になりました。シングルスコアでは367ptsとなっています。

 

Surface Pro 7の外観

Surface Pro7の外観はです。ファブレットカバーこそSurfaceの最大の特徴ですね。

 

開いた様子がこちら。光沢ディスプレイとファブレットキーボードがSurfaceシリーズらしさを演出しています。

 

背面から見た様子がこちら。無段階で調整可能なキックスタンドで自由な角度に変更可能です。

 

右から見た様子がこちら。Surface Pro 7の側面にはUSB-C、Surfaceコネクタ、USB-Aを備えています。

 

逆側には上部にヘッドフォンジャックを備えています。

 

上側には電源ボタン、音量ボタンがあります。

 

ディスプレイがこちら。4K液晶であり、非常に美しく映ります。

 

スピーカーは前面にあります。ステレオとなっており、左右上側に存在します。

 

なお中央上側にカメラ(Windows Hello用のIRカメラ含む)があります。上部ベゼルがこちら。高級機としてはかなり大きめです。

 

下側ベゼルがこちら。下側はキーボードと重なるためほぼゼロです。

 

続いて背面です。Windowsのマークとカメラが搭載されています。

 

背面上部をよく見てみると、隙間が空いています。おそらくこれが排気口です。

 

キーボードを取った様子がこちら。映画鑑賞にはもってこいのスタイルに変貌します。

 

背面のキックスタンドを完全に倒した様子がこちら。ほぼ平面クラスまで落とすことが可能です。

 

充電器はこちらです。65Wとなっており、手に持てるサイズでコンパクトです。お決まりのSurfaceコネクタを使って充電することが可能です。

目次に戻る⇒

 

Surface Pro 7の通信環境のテスト

光インターネット1Gbpsの環境下で通信テストを行いました。無線LANにはVELOPを用いています。1F、2Fで距離を置いてテストしています。

おおよそ縦8.2m、横10.5mで検証しています。

 

実験してみたところ、無線LANの前ではPINGが10ms台と良い結果が出ていましたが、他はほとんど20msを超える結果となっており、思ったより低下が大きい結果となりました。

しかし、無線LAN前の環境45Mbpsと比較して最長距離にあたる部屋2で下り速度が35Mbpsと、思ったよりも低下していません。

目次に戻る⇒

 

Surface Pro 7のメリット・魅力

スタイリッシュな見た目

Surface Pro7は過去モデルを踏襲しており、スタイリッシュな見た目になっています。カフェで使っていても恥ずかしくないデザインです。

 

ハイエンドが選択可能であること

Surface Pro 7はハイエンド構成(Core i7、メモリ16GB)構成を選択することができます。さらにCINEBENCHでも1600ptsとなっており、高性能なベンチ結果となっています。

過去タブレットPCは性能が低いものの方が圧倒的に多かったため、ハイエンドが選択できることは非常に大きなメリットです。

 

4096段階の筆圧検知ペンが利用可能

Surface Pro 7は分離型タブレットPCのため、液タブとしての用途にも向いています。しかもCore i7を搭載できるため、Adobe製品の活用も十分こなすことができます。

そこへSurface Penが使える環境があるので、液タブとして使いたいユーザーにとってはジャストミートするパソコンとも言えます。

 

軽い

Surface Pro 7は本体重量が790g(Core i7)となっています。キーボードカバーを付けても重量はたいしてありませんし、ACアダプタを付けても十分軽いです。

 

キーボード剛性が高い

実際に使ってみて感じましたが、以前レビューしたSurface Goと比べて、キーボード剛性が高く打ちやすく感じました。ハードパンチャーには厳しいかもしれませんが、それなりのユーザーなら問題なく使えるでしょう。

 

Windowsタブレットの入力方式が便利

Surface Pro 7のメリットというよりも、システムのメリットですがWindowsタブレットはctrlキーを使うことができます。コピー&ペーストが一台で完結できるメリットは大きいですね。

目次に戻る⇒

 

Surface Pro 7のデメリット・欠点

LTEに非対応

残念なことにSurface Pro 7はLTE非対応です。もしLTE対応のものが欲しい場合は、Surface GoSurface Pro X、もしくは廃盤になっていますが、ThinkPad X1 Tabletがライバルにあたります。

 

スピーカーの音は良くない

Surface Laptop3Surface Studio2のレビューでも書きましたが、このシリーズは基本的に音がとても良いメリットを備えています。

しかし、Surface Pro 7はあまり音がよくありませんでした。少し残念なポイントです。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Surface Pro 7
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC編集部 on Surface Pro 7

とにかくかっこよく、さらにモバイル性能が高いタブレットPC。Surfaceシリーズは一般的に値段が高いが、このSurface Pro 7は控えめなので狙い目でもあると思います。

 

女性目線の口コミ

PanasonicのSZシリーズを利用する妻にSurface Pro 7を使ってもらいコメントをもらいました。

女性目線のコメント

  • 軽い
  • 出張の時楽そう
  • 見た目かっこいい
  • キーボード壊しそう

 

聞いてみて思ったのは、Surface Pro 7ならではのターゲットポイントが明確になっているなと感じました。本体重量が軽いので持ち運びが多い女性にも勧められられるモデルです。

 

Surface Pro 7がおすすめな人

モバイル性を重視する人

Surface Pro7はやはりモバイル性を重視する人にとって、選ぶ価値のあるパソコンです。軽いだけでなく薄いですし、12.3インチという特殊なサイズなので持ち運びにも向いています。

iOSが好きならiPad Proという選択肢もありますが、個人的にはWindowsが使えるということ自体にメリットがあるため、Surface Pro 7を選ぶでしょう。

 

映画・動画鑑賞をパソコンで楽しむ人

一度使ってみるとわかりますが、映画・動画鑑賞をするうえでキーボードは不要です。ないだけで没入感が高まります。パソコンで全てをこなす人にとってはSurface Pro7は無駄のない使い方ができます。

 

Surface Pro 7がおすすめではないタイプ

LTEモデルが欲しい人

残念ながら、Surface Pro 7はLTE非対応です。もし、LTE対応のWindows機が欲しいなら、ThinkPad X1 Tablet、もしくはVAIO A12などを候補とすると良いでしょう。

 

これよりも小さいサイズが欲しい人

Surface Pro7は12.3インチでコンパクトなパソコンですが、これより小さいパソコンが欲しい人もいるかもしれません。その場合はUMPCを選ぶか、Surface Goを選びましょう。

 

Surface Pro 7の実機レビューまとめ

低価格Ryzen搭載15インチPC

結論

12.3インチで本体800gを切るタブレットでありながら、ハイエンド構成まで組めるノートパソコンです。

キーボードの取り外しができ、さらに4K対応しているため、ビジネス利用だけでなく動画鑑賞といったエンタメ要素でも快適に使うことができるノートPC。

実用性は十分のため、価格が許すなら悩まずに買っていいモデルです。

 

Surface Pro 7を安く買う方法

Surface Pro 7を含めMicrosoftのパソコンはカスタマイズモデルが少ないため、通販サイトでも選びやすくなっています。そのためポイントを考慮した上で最も安いところを選ぶべきでしょう。

ただし、Microsoft公式ページではたまに大きな割引キャンペーンを行います(Officeソフトが安くなるケースもあります)。そのため必ず一度は公式ページを見るようにしておきましょう。

 

関連記事

-パソコン
-,

Copyright© SIMPC|シンプシー , 2020 All Rights Reserved.