本記事はアフィリエイト広告を含みます。

Inspiron13(5320)の実機レビュー

Inspiron13(5320)のレビュー概要

13インチのスタンダードノート

Inspiron13は第12世代のintelプロセッサを搭載したコンパクトノートパソコン。

精悍なフォルムと実用性を兼ね備えた13.3インチとなっています。

こんなタイプにマッチ

  • 持ち運びする人
  • ビジネスパーソン

簡易スペック表

発売日 2022年6月14日
CPU Core i3-1215U
RAM 8GB
ストレージ 256GB
画面サイズ 13.3インチ
GPU Intel UHD Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス -
重量 1210g
Cinebench R20 2203pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Inspiron13(5320)の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Inspiron13(5320)の特徴

ここではInspiron13(5320)の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

13インチのコンパクトノート

Inspiron13 5320はコンパクトですっきりとしたデザインのノートパソコンです。薄型かつ比較的軽量で持ち出ししやすいモデルと言えるでしょう。

 

第12世代intelプロセッサ採用

CPUには第12世代のモバイル用intelプロセッサが採用されています。今回検証したモデルはCore i3ですが、それでも十分なパフォーマンスが得られています。

 

Thunderbolt4採用

低価格なモデルでありながら、USB Type-CポートはThunderbot4になっています。どちらもDisplay Portに対応しているので、インターフェイス面でも優れています。

 

Inspiron13(5320)の価格とコストパフォーマンス

2023年5月31日時点では公式サイトでは販売が終了しています(後継モデルが発売済みです)。

 

Inspiron13(5320)のスペック

今回レビューしたInspiron13(5320)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年6月14日
製品名 Inspiron13 5320
型式 -
サイズ 213.5×296.68×14.35~15.65mm
重量(実測) 本体 1210g
電源アダプタ 295g
CPU Core i3-1215U
GPU intel UHD Graphics
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 13.3インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 200万画素
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 公式記載なし
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 公式記載なし時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Inspiron13(5320)のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2203pts、シングルコア577ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Core i3モデルではあるものの、Cinebenchのスコアは2200ptsを超えており、十分なパフォーマンスと言えるでしょう。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は5543pts、シングルコア1394ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Crystal Diskmarkの結果4000MB/sを超える結果が得られました。昨今のノートパソコンと比較して高めの数値になっています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2195 重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファン音が聞こえる
GPUテスト時 ファン音が聞こえる

 

Inspiron13(5320)のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 96.4% 100.2%
Adobe RGB 73.3% 74.3%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Inspiron13(5320)の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:476.36Mbps
ポイント②:264.92Mbps
ポイント③:507.75Mbps
ポイント④:461.57Mbps
ポイント⑤:236.46Mbps
ポイント⑥:121.36Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 476.36 493.92 14
ポイント② 264.92 238.28 15
ポイント③ 507.75 496.64 15
ポイント④ 461.57 506.18 15
ポイント⑤ 236.46 262.56 15
ポイント⑥ 121.36 77.28 15

 

通信スピードテストの評価

全エリアにてダウンロード速度は100Mbpsを超えており十分なパフォーマンスとなっています。

 

Inspiron13(5320)のUSB-C(PD)による充電テスト

今回はテストを行なっておりません。

 

Inspiron13(5320)の外観

天板はシルバーでDELLのロゴが刻印されています。

 

背面もシルバー素材で天板と同じカラーとなっています。

 

開いた様子です。ベゼル幅は並程度です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.78mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、105mmとなりました。

 

本体右側にはヘッドフォンジャック、USB Type-Aポートがあります。

 

本体左側にはフルサイズHDMI、USB Type-Cポート(Thunderbolt4)が搭載されています。

 

本体の重量を測定したところ、1210gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1505gとなりました。充電器単体では295gとなります。

 

Inspiron13(5320)のメリット・魅力

十分なパフォーマンス

ベンチマーク結果からも分かるようにプロセッサのパフォーマンスは十分。さらにCrystalDiskmarkの結果は同じ価格帯のノートパソコンと比較して1000MB/sほど高めとなっており、実用性は十分です。

 

持ち運びが楽

本モデルは質量が約1.2kgとなっています。持ち運びしやすい重さとサイズ感になっており、大学生やビジネスパーソンの強い味方になってくれます。

 

インターフェイスが優秀

特徴でも触れましたが、Thunderbolt4端子をはじめ数多くのインターフェイスを備えています。唯一SDスロットがないことが弱点ですが、そこさえ除けば、インターフェイスで困ることはまずなさそうです。

 

Inspiron13(5320)のデメリット・欠点

キーボードにチープさを感じる

実際に使ってみて、キーボードにチープさを感じました。あくまで主観的な判断ですが、打ち心地がイマイチでした。

 

タッチパッドが固い

タッチパッドを使っていて、クリック時の硬さが気になりました。個体差があるかもしれませんが、マウスを使わないユーザーは注意しておく方が良いかもしれません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Inspiron13(5320)
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

13.3インチのノートパソコンで持ち出したい人に向くモデル。ビジネスパーソンや大学生にちょうど良いでしょう。

 

Inspiron13(5320)がおすすめな人

PCをよく持ち出す人

Inspiron13 5420は本体質量1.25kgで比較的軽量なため、PCをよく持ち出す人に向いています。

 

ビジネスパーソン

前述の軽さに加えて、インターフェイスが一通り揃っており、外出先でプレゼンするシーンでもスマートに行えます。

 

Inspiron13(5320)がおすすめではないタイプ

タッチパッド操作が多い人

個体差かもしれませんが、筆者が評価したモデルについてはタッチパッドが非常に硬く扱いづらい印象を受けました。外出先でもワイヤレスマウスなどをうまく使うと良いかもしれません。

 

Inspiron13(5320)のカスタマイズ・モデルの選び方

2023年6月4日時点で公式サイトのラインナップがないため、この項目は省略します。

公式サイトを見る

 

Inspiron13(5320)の実機レビューまとめ

13インチの優秀なノート

結論

Inspironは元々優秀なノートパソコンですが、このモデルは13.3インチでユーザーが求めるもの(例えば軽量性やインターフェイス)をうまく取り入れているモデルです。高すぎず、安すぎずでバランスの取れた機種と言えるでしょう。

 

Inspiron13(5320)を安く買う方法

Inspiron13(5320)に限らず、DELLのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年2月】Dell(デル)をキャンペーン・キャッシュバックやクーポン・セールで最大限安く買う活用法・コツ

世界でトップクラスのシェアを誇るDELLのパソコンは、多彩なシリーズ展開と豊富なカスタマイズ、そしてコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。 そんなDELLのパソコンですが、購入窓口によって価格 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト