LEGION Y540(17)の実機レビュー

LEGION Y540(17)のレビュー概要

17インチのGTX搭載モデル

LEGION Y540(17)は上位のY740に対して、GTX1650、もしくはGTX1660Tiを搭載したエントリークラスのゲーミングノートパソコンです。

17.3インチの大画面にリフレッシュレート144Hzのディスプレイを搭載していることでより快適にプレイすることができる一台。

予算に合わせてエントリークラスの中でも性能を調整できる点も魅力になっています。

上位版とはCPUだけでなく音質の観点でも違いがあるので、その点についても触れています。

簡易スペック表

CPU Core i7-9750H
RAM 16GB
ROM 1TB SSD
1TB HDD+256GB SSD
画面 17.3インチ
GPU GTX 1650
GTX1660 Ti
USB-PD 非対応
LTE 非対応
重量(実測) 2.795 kg
CINEBENCH R20 2574 pts

※詳細スペックはこちら

公式サイトで見てみる

 

LEGION Y540(17)実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事はメーカーからお借りしたものを用いて検証しています。

 

LEGION Y540(17)の特徴

ここではLEGION Y540(17)の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

高リフレッシュレートの17インチ

LEGION Y540(17)は本体の性能よりもディスプレイに特徴があるといっても過言ではありません。144Hzのリフレッシュレートとノートパソコンとしては最大クラスの17.3インチのディスプレイを搭載していることでどこでもゲームを楽しめる一台になっています。

 

ゲーミングとしてはエントリー価格

LEGION Y540(17)はゲーミングとして必要な要素を備えながらエントリーの価格になっています。高リフレッシュレート、17インチで20万円以下で購入することが可能です。

目次に戻る⇒

 

LEGION Y540(17)の価格とコストパフォーマンス

LEGION Y540(17)は購入時に注意してほしいポイントがあります。というのはグレードによるROMとCPUの違いです。上位グレードはオールSSDですが、低グレードはSSD+HDD構成、CPUはCore i7-9750HとHFがあります。また、高リフレッシュレートも上位モデルのみ対応となっています。

コストパフォーマンスとして17インチで見ると高くなっていますが、ゲーミングパソコンに限定すればRyzen4000シリーズの登場により費用対効果が下がってしまっています。大型ディスプレイに魅力を感じるならありと言えるでしょう。

公式サイトで見てみる

 

LEGION Y540(17)のスペック

今回レビューしたLEGION Y540(17)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年1月
製品名 LEGION Y540(17)
型式 81T3006YJE
サイズ 399.8×290×25
重量(実測) 本体 2.795  kg
電源アダプタ  975 g
CPU Core i7-9750H
GPU GTX 1660Ti
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st 1TB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 17.3インチ
解像度 1920×1440
形式 IPS液晶
光沢 ノングレア(非光沢)
リフレッシュレート 144Hz
生体認証 指紋 ×
Windows Hello ×
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 搭載
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth 4.2
LTEモジュール 対応の可否 -
SIMカードサイズ -
光学ドライブ -
バッテリー公称値 サイズ 3セル
JEITAによる基準 最大3.2時間
ACアダプタ容量 230W

※詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

ノートパソコンとしては高いですが、ゲーミングパソコンとしてはエントリークラスです。検証機はGTX1660Tiとなっている通り、シリーズでRTXを選ぶことはできません。また大型ディスプレイということもあり、バッテリー公称値は3.2時間となっています。

外観で掲載しているようにACアダプタ容量が230Wでかなり大型で、本体と合わせると3kg弱あるため持ち運びには不利だと言えます。

目次に戻る⇒

 

LEGION Y540(17)のベンチマーク(CINEBENCH、動画編集など)

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の計測値は通常時でマルチ2574pts、シングル441ptsとなりました。Core i7 10510Uを凌ぐ性能を持ちます。他機種との比較はCINEBENCH R20のデータ一覧をご覧ください。

 

PASSMARK

PASSMARKのデータは以下の通りです。他機種との比較はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。3025MB/sとなっています。最高クラスの速度となっています。

 

騒音テスト

CINEBENCH R20計測時に測定を行いました。比較的静かで55~63デジベル程度でした。かなり音はうるさいです。

 

ベンチマーク時の熱について

FF15のベンチマーク測定時に温度測定を行いました。なおHDの高品質にてベンチマークを回しています。青線がCPU、紫線がGPU温度です。

 

動画編集ベンチマーク

Davinch Resolve16を用いて、フルHD動画の書き出しを行ったところ、7分30秒でした。CPU、GPU性能の割には遅い印象です。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。

他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 13414 非常に快適
高品質 15381 非常に快適
標準 17331 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質 5911 やや快適
標準 7674 快適
軽量品質 10041 とても快適

目次に戻る⇒

 

LEGION Y540(17)の通信環境(WI-Fi)のテスト

LEGION Y540(17)の通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを5GHz帯で用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

一戸建て全ての部屋において、アップロード、ダウンロードは安定した数値が出ていますが、遠距離ではPINGが落ちる傾向が見られました。距離が長い場合はメッシュWi-Fiを組むか、ゲームならよりWi-Fiに近い環境で作るほうが良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

LEGION Y540(17)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDは非対応です。

 

LEGION Y540(17)の外観

天板はLEGIONマークが入っています。同色で加工されているためあまり目立ちません。

 

底面は大胆に通気口が施されています。

 

開いた様子です。本体が大きいわりにベゼルが狭いので、大画面が際立ちます。ただし、本体下部のベゼルがかなり大きめです。

 

左右ベゼルの幅は7mmとなっています。

 

下部ベゼルです。下側にカメラが仕込まれています。物理シャッターも付属されています。

 

キーボードです。英字配列となっています。テンキーがあります。

 

キーストロークはミツトヨのデジタルノギスでキーボードの2点間の距離を計測した結果17.5mmでした。またキーストロークは1.3mmでした。

 

タッチパッドの幅は101mmで17インチの割には小さめになっています。

 

右側にはUSB-Aがあります。

 

左側はUSB-Aとヘッドフォンジャックがあります。

 

背面にポート類が集約されており、ケンジントンロック、USB-C、ディスプレイポート、USB-A、HDMI、イーサネットコネクタがあります。

 

重量を測ってみた様子がこちらです。本体の重さは2795gです。

 

電源アダプタを測ってみた様子がこちらです。電源アダプタだけで975gもあります。

目次に戻る⇒

 

LEGION Y540(17)のメリット・魅力

エントリーゲーミングなら十分な実力

実際にベンチマークした通り、エントリーゲーミングなら十分な実力を誇ります。ディスプレイサイズが大きいので、一旦はこれだけでゲームをスタート出来るオールインワン性の高いPCになっています。

 

高いリフレッシュレートと大画面

ディスプレイサイズが大きいだけでなく、ゲーミングにおいて重要なリフレッシュレートが高くなっています。そのため、ゲームの時に視野をとりつつ、反応が遅れないようにすることができます。

目次に戻る⇒

 

LEGION Y540(17)のデメリット・欠点

上位モデルと比べると音が劣る

Y540には上位にY740(17)がありますが、音が全く違います。というのもLegion Y740(17)は本体側にサブウーハーを積んでおり、低音が強化されているからです。オールインワンでスピーカー性能まで求めるならY740の方が良いでしょう。

 

サイズに拘らなければコスパが悪くなる

Legion Y540が出た時にはコストパフォーマンスとしては普通でしたが、2020年にRyzen4000番台が登場したことで状況が大きく変わりました。ディスプレイサイズに拘らなければ、Zephyrus G14でRyzen9とRTXでリフレッシュレート144Hzのパソコンがあるため、LEGION Y540のコスパが見劣りしてしまいます。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

LEGION Y540(17)
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on LEGION Y540(17)

エントリークラスの17インチ、ゲーミングノートパソコンですが、2020年9月段階においては第三世代Ryzenの登場によりコスパが悪くなっている感が否めない。性能重視なら他モデル、ディスプレイの大きさ重視ならこのモデルを選ぶ方が良いと考えます。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 大きすぎて持ち運びはできない
  • 画面が大きくて見やすい

 

LEGION Y540(17)がおすすめな人

大画面とエントリーをオールインワンで両立したい人

LEGION Y540(17)は17インチのディスプレイを持っている、かつ価格が安めなので大画面とエントリーを両立したい人には良いでしょう。

 

LEGION Y540(17)がおすすめではないタイプ

画面を外部接続する人

画面を外部接続する前提ならあまりおすすめはできません。理由はディスプレイサイズに依存せず、CPUの性能だけで言えばより性能の高いモデルが存在するからです。

 

CPUの性能を重視する人

上と同じ理由になりますが、CPUだけで見るとこの価格帯よりもより高い性能で低価格なモデルが存在します(例:Zepyhrus G14)。そのため、性能の費用対効果は薄くなっています。

 

オールインワンで音も楽しみたい人

LEGION Y540(17)は音が悪いわけではありませんが、上位のLEGION Y740(17)を聞くと戻れないほど貧弱に感じてしまいます。17インチならオールインワンで使うことを想定していると思うので、サブウーハー搭載のY740(17)を選ぶ方が良いでしょう。以下でレビューしているのでよければご覧ください。

LEGION Y740(17)の実機レビュー

LEGION Y740(17)のレビュー概要 音まで魅力的な17インチ Lenovoのゲーミングブランド、Legionシリーズの中でも大型モデルに位置する「LEGION Y740(17)」は、高性能C ...

続きを見る

 

LEGION Y540(17)のカスタマイズ・モデルの選び方

LEGION Y540(17)はいくつかモデルがありますが、選ぶならゲームで重要なリフレッシュレート144Hzのものを選びましょう。低価格モデルは高リフレッシュレート非対応なので要注意です。

 

LEGION Y540(17)の実機レビューまとめ

低価格で始めるゲーミングPC

結論

17インチのディスプレイを持つエントリーゲーミングもでるなので、性能と価格にちぐはぐなところもありますが、オールインワンでとりあえずゲームを始めたいなら選んでも良い一台です。

ただし、Ryzen4000番台の性能が良いため、結果的にコスパが悪くなってしまっているため買い替えたくなるかもしれません。

特にディスプレイを2枚目使って運用することを視野に入れているなら、サイズを落としてCPU側の性能をアップするように構成を組んだPCを選ぶ方が良いと考えます。

公式サイトで見てみる

 

LEGION Y540(17)を安く買う方法

LEGION Y540(17)に限りませんが、Lenovoのノートパソコンは買い方によって値段に差があります。以下で最も安く買える方法についてまとめているのでご参考ください。

Lenovo(レノボ)公式のネット限定Eクーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買うためには、ネット限定の「Eクーポン」と「キャンペーン(セール)」があります。 あまり知られていませんが、レノボの購入ページは同じに見えて割引率が違う ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)