値下がり情報

現在、Rakuten Handが実質0円で手に入るキャンペーンを実施しています。 Rakuten Handキャンペーンページを必ずチェックして下さい。

Rakuten Hand(楽天ハンド)の実機レビュー

Rakuten Hand(楽天ハンド)レビューの概要(ポイント)

手のひらジャストの専売モデル

Rakuten Hand(楽天ハンド)は楽天モバイル専用で手のひらの中に収まるコンパクトサイズのスマートフォン。一括2万円という価格インパクトは大きい一方、中身はミドルレンジの中でも中位モデルを使っていることで、実際に使ってみてよく出来ていると感じられるモデル。またこの価格帯では信じられないことにFelicaを搭載し、日本向け仕様になっています。

カメラ性能は値段なりであまり良くはないものの、Androidで小ささを求めるならアリの一品。楽天モバイルでポイントバックも大きいので、サブ回線やモバイルルーター代わりとして使っても良でしょう。

簡易スペック表

発売日 2020/12/12
SoC snapdragon720G
RAM 4GB
ROM 64GB
画面 5.1インチ
重量 129 g
5G(Sub-6) ×
5G(ミリ派) ×

※詳細は公式スペック表でご確認ください。

本体価格は2020年12月21日段階で2万円ですが、キャンペーンにより実質4,980円で手に入ります。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。筆者が使った主観的な内容については、メリット・デメリットの項目で記載しています。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューは楽天モバイルから実機を購入の上レビューを行っています。

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の特徴

この項目ではRakuten Hand(楽天ハンド)の特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

Androidには無かったジャストサイズスマホ

2020年にAndroidでは150g以下で使えるキャリアモデルはAndroidではほぼ無かったところに投入された超コンパクトなスマートフォン。

 

5.1インチサイズで、ディスプレイサイズとしては5.1インチと小さくありませんが、縦長になっているため、横幅がその分狭く手の小さい人でも持ちやすいスマートフォンになっています。

 

ミドルレンジ上位のCPU

Rakuten HandはSnapdragon 720Gを搭載しています。ミドルレンジでは上位に当たるプロセッサとなっています。

 

2万円台という信じられない価格

この機種は楽天モバイルの専売機種となっており、戦略的位置付けのモデルなのか本体価格が一括2万円となっています。また楽天モバイルの回線同時申し込みを活用することで5,000円以下で購入することが可能になっています。

 

Felicaを搭載

Rakuten Handは2万円という低価格でありながら、なんとFelicaを搭載しています(この価格帯の格安スマホではとても珍しい)。小さいスマホは海外製でPalm Phone、同楽天モバイルのRakuten miniがありましたがこれまでFelicaは非搭載。小さいスマホに大きな利便性が加わった機種と言えます。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の価格とコストパフォーマンス評価

Rakuten Handのコストパフォーマンスは言うまでもなく非常に高いです。Snapdragon720Gを搭載している時点で2万円という激安価格でFelicaを搭載し、他にはない129gで軽量かつ小型というエッジの効いた特徴を持っています。また楽天モバイル専売モデルでキャンペーンを併用することで5,000円以下で購入することもできるため破格と言えるでしょう。

価格情報について

価格については執筆時点(2020/12/21)の情報です。現在の価格については各サイトをご覧ください。

本体価格は2020年12月21日段階で2万円ですが、キャンペーンにより実質4,980円で手に入ります。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)のマシンスペック

マシンスペック

Rakuten Hand(楽天ハンド)のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2020/12/12
寸法 138×63×9.5mm
重さ  129g
ディスプレイ サイズ 5.1インチ
形式 OLED
画素数 720×1520
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 電池容量 2500mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電 ×
プロセッサ(Soc) Snapdragon720G
GPU 記載なし
ストレージ(ROM) 64GB
メモリ(RAM) 4GB
外部メモリ 対応無し
通信 下り最大 400Mbps
上り最大 75Mbps
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報 公式記載なし
防水 IPX2
防塵 IP5X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS Android10
SIMサイズ eSIM
DSDV ×

※スペック詳細はこちら

 

対応バンドについて

5G 非対応
4G FDD 1/2/3/4/5/7/18/19/26/28
4G TDD 38/41/42
WCDMA 1/2/4/5/6/19

 

スペックの解説

Rakuten Handの特徴はなんといっても軽さと小ささ。129gで横幅63mmはこれまでにないAndroidスマートフォンのサイズ感になっています。また本体サイズの割にバッテリー容量が2500mAhと比較的大きめになっていることも特徴と言えます。一方注意点として、OLEDを搭載していますが解像度としては低め。ディスプレイサイズが小さいため解像度の影響は小さいですが、後ほどデメリットで書いているようにあまりディスプレイが綺麗とは感じないので注意してください。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)のベンチマークテスト

Antutu

Antutuベンチマークのスコアは以下の通り251759となりました。その他の機種比較についてはAntutuベンチマーク測定データまとめと比較下さい。

 

GeekBench

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の通信スピードテスト

Wi-Fi環境テスト

Rakuten Hand(楽天ハンド)の通信環境テストをアプリOoklaを用いて行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

全体的に通信速度が安定しており快適に使うことが出来ています。アンテナの弱さはなさそうです。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)のカメラスペック

カメラスペック

メインカメラ

カメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 4800万 1.8 × ×
深度カメラ 200万 2.4 × ×

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

インカメラ

インカメラのスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1600万 2.0 × ×

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

動画撮影能力

アウトカメラのスペックは以下の通りです。

4K 撮影 利用不可
1080P 撮影 30 fps
720P 撮影 30 fps

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。まず、Rakuten Hand(楽天ハンド)でズーム機能を検証しました。室内としてはかなり綺麗な写真が撮れています。

1倍

最大倍率

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。色合いが大きく変化しています。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。こちらもかなり色変化が大きいです。

明るい花の写真

暗い花の写真

 

接写能力を検証しました。接写用のレンズを搭載していないためあまり向いていません。

マクロカメラで撮影

50にピント

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ感は普通です。

前の明るい花にピント

後ろの暗い花にピント

 

ポートレートモードで撮影しています。かなりボケ味がしっかりしている上に割と正確にとらえています。葉の先が若干欠けていますが、十分実用範囲という印象です。

 

 

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。ライト4つまではボケていますが、8個以上では輪郭がはっきりとしています。ハイクラスとは言えませんが、さほど夜景能力が弱いとも感じません。

1個

4個

8個

12個

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の外観

今回はホワイトを購入しました。背面はRマークがあります。

 

カメラは2眼とフラッシュがあります。一つは4800万画素の広角カメラ、もう一つは深度カメラの構成になっています。

 

表面です。上部ベゼルはかなり広めでノッチはありません。またディスプレイ内指紋認証を搭載しています。

 

本体上側です。ヘッドフォンジャックが搭載されています。

 

左側には何もありません。

 

右側は音量ボタンと電源ボタンがあります。

 

株にはUSB-Cがあります。

 

付属品は電源コネクタ、USB-A to USB-Cのケーブルが付いています。

 

純正のカバーを取り付けた様子です。

 

カバーを取り付けて持ってみた様子です。ワンサイズ大きくなります。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)のメリット・長所

ダントツに軽くて持ちやすいAndroid

Rakuten Handの名前の通り、小型で持ちやすいことが特徴。実際に手に持ってみると手のひらに収まるようなサイズ感になっています。昨今のスマホは大型化する傾向にありますが、そのアンチテーゼ的に小さなスマートフォンとなっています。小さいながらもバッテリー容量は比較的大きく実用性を落としていない点も魅力と言えます。

 

非常に高いコストパフォーマンス

楽天モバイルの中でも戦略的位置付けモデルのため、非常に高いコストパフォーマンスとなっています。本体代が割引なしで2万円、キャンペーン適用でさらに実質4,980円とお得すぎる価格設定になっています。

 

有機ELディスプレイ

低価格帯スマートフォンになるとディスプレイに液晶を用いられることが多いですが、Rakuten Handは有機ELディスプレイです。ディスプレイの性質上、黒の沈み込みが綺麗に写っています。

 

指紋認証の性能が良い

価格の安いスマートフォンでディスプレイ内指紋認証は速度が遅いことが多いですが、Rakuten Handは驚くほどスピーディ。タッチするとすぐに画面が開きます。2万円台のスマホとしては感動するほどです。

 

純正カバーの出来が良い

Rakuten Handでは純正品を購入することができます。このカバーがよくできており、質感が高くなっています。

 

またさらに良いところがディスプレイ側にカバーの高さを出しているところ。画面の向きにおいてもディスプレイが画像側に当たりません。1,000円程度で買える割に優れたカバーと感じます。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)のデメリット・欠点

eSIMのため楽天モバイル専用

Rakuten Handはよく出来たスマートフォンで他のメーカーでも使いたくなりますが、残念なことにeSIMで楽天モバイル専用機種となっています。そのため、他のスマートフォンでは使えない弱点があります。

 

ディスプレイの解像度は低い

有機ELを採用しているため、コントラストの面で有利ですが、解像度自体は低いためさほど綺麗ではありません。目に見えてはっきりとわかるわけではありませんが、iPhoneのRetinaと比べると美しさに差を感じます。

 

カメラ性能に期待しない方が良い

Rakuten Hand自体は4800万画素のカメラを搭載していますが、画素数が高いだけで性能としてはホワイトバランスが変わりすぎており、コントロールとしてはイマイチです。カメラの性能を求めるなら、別機種を購入するか、別途一眼レフを持ち歩くなどした方が良いでしょう。

 

エッジディスプレイになっている意味がない

Rakuten Handの側面は過去のGalaxyモデルに見られたようなエッジを採用しています。しかし画面を付けるとエッジディスプレイの意味がないほどベゼルが大きくなっています。エッジになっている意味がないだけでなく、ディスプレイに保護フィルムが貼りづらくなる欠点を持っています。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の口コミ・評判

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Rakuten Hand
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Rakuten Hand

2万円という低価格で手に入る非常にコストパフォーマンスの高いスマートフォンで、他にはない129gの小型モデル。低価格ながらFelicaも搭載している。漫画を読んだり、動画を見る人には物足りないが軽いスマホが欲しい人にはベストマッチするモデルです。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • コンパクトで好感が持てる
  • 軽くて持ち運びしやすい
  • 女性のポケットでも入れやすそう

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)がおすすめのタイプ

小さなAndroidが欲しい人

Rakuten Handは他にはない小さなAndroidです。小さなスマホといえばiPhone miniがありますが、これまで小さなAndroidはありませんでした。この機種はそういった意味で革命的なモデルと言えます。

 

モバイルWi-Fiルーターが欲しい人

Rakuten Handはスマートフォンとしての魅力もありますが、それ以上にモバイルWi-Fiルーターとしての魅力も大きい機種です。2500mAhもあり、かつUSB-Cに対応しているためサブスマホ兼モバイルルーターとすることができるのでおすすめです。

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)をおすすめしない人

防水性を求める人

Rakuten Handは残念ながら防水性がIPX2とオマケ程度しかありません。そのため防水性を求める人には不向きです。もちろんお風呂などでの利用は不可です。

 

漫画や本を読む人

画面サイズが5.1インチのため、本を読めると思うかもしれませんが縦長ディスプレイのため実質的に4インチサイズで読むことなります。漫画を読むという観点では不向きなので選ばない方が良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)の実機レビューまとめ

今までになかった小さなAndroid

結論

小型でこれまでになかったAndroidスマートフォンです。ポケットに入り、小型なものが欲しい人向け。Felicaも搭載しているため、日本向けの要件を満たしています。

スマホでゲームをしたり漫画を読んだりはディスプレイサイズ的に厳しい側面がありますが、スマホでLINEをする、ネットサーフィンを少しする程度の人にはぴったりのモデルと言えます。

 

Rakuten Hand(楽天ハンド)のキャンペーン・安く買う方法

Rakuten Handを安く買う方法は唯一楽天モバイル経由で申し込むことです。楽天モバイルの申し込みは時期によってポイント付与率が変わります。購入前に公式サイトで必ず確認してください。

本体価格は2020年12月21日段階で2万円ですが、キャンペーンにより実質4,980円で手に入ります。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

楽天モバイルの公式キャンペーンについては以下のページをご覧ください。

楽天モバイルUN LIMITのキャンペーンと最大限安く乗り換える活用法

\無料対象の半分が終わってるのでお早めに/ 1年無料キャンペーンを見る   MNOになった楽天モバイル(UN-LIMIT:アンリミット)では、各種の魅力的なキャンペーンを実施しています。中で ...

続きを見る

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

楽天から発売されている低価格スマートフォンのレビュー記事です。

 

© 2021 SIMPC(シンプシー)