当サイト経由で特別割引

メーカーさんからのご厚意で最大7%オフになる特別特典を頂きました。個人向けPCが12万円以上購入で7%OFFに、法人向けPCが7万円以上購入で4%OFFになります(どちらも税抜)。以下のリンクを経由することで自動で獲得できるので、かならず適用しておいてください。

限定クーポン ⇒ 個人向け7%オフクーポンを獲得する

限定クーポン ⇒ 法人向け4%オフクーポンを獲得する

Pavilion 15-eh0000(AMD)の実機レビュー

Pavilion 15-eh0000のレビュー概要

デザインの良い15インチノートパソコン

HP Pavilion eh-0000はHPらしい本体デザインの優れた15インチノートパソコンです。本体のコンパクトさ、狭いベゼル、カラーリングと同価格帯の中ではずば抜けて魅力的な外観となっています。

さらにAMD Ryzen4000シリーズを搭載しており、最廉価グレードのRyzen3 4300Uでも十分なパフォーマンスを発揮。できる限り低価格帯でデザインと性能のバランスが取れたパソコンが欲しい人にとって魅力的な端末です。

パソコンをあまり使わない、でもデザインと安さにこだわりたいという人にはこれ以上ないほどぴったりなモデルです。

簡易スペック表

発売日 2020年12月10日
CPU Ryzen3 4300U
Ryzen5 4500U
Ryzen7 4700U
RAM 8~16GB
ROM 256GB~1TB
画面サイズ 15.6インチ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 取り扱い無し
MSオフィス 選択可能
重量 1700g
Cinebench R20 1639pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

HPウェブ直販ストアで税込69,500円から。現在の価格は公式サイトからご覧ください。

 

Pavilion 15-eh0000の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。全体像を見たい方は外観を、自分にマッチしているかを知りたい場合は「おすすめのタイプ」の項目をチェックください。

※本機はHP直販ウェブサイトにて筆者が購入しレビューを行っています。

 

Pavilion 15-eh0000の特徴

ここではPavilion 15-eh0000の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

低価格帯から購入できる15インチ

Pavilion eh-0000はRyzen4 4300Uが最廉価グレードになりますが、税込6万円台から購入することができます。15インチパソコンのエントリーモデルは低価格帯が多いですが、その中でも性能とのバランスを考えた時に非常に魅力的な存在です。今回検証しているRyzen3モデルでも十分実用的な性能を持っていることを確認できました。

 

優れたデザイン

エントリーモデルのノートパソコンは国内でも海外メーカーでも厚く、野暮ったいデザインが多く見受けられる中、HP Pavilion eh-0000の外観はまとまっておりとても魅力的。6万円台から買えるノートパソコンとは思えないほどです。

 

デュアルメモリ

パソコンのメモリは同じ容量でもシングルかデュアル化によって性能が変わります。基本的にデュアルモデルの方が値段が高いモデルに搭載される中、15-eh0000はなんと6万円台ながらデュアルメモリとなっており、パフォーマンスを発揮しやすくなっています。

 

Wi-Fi6に対応

無線の最新規格であるWi-Fi6に対応しています。

 

Pavilion 15-eh0000の価格とコストパフォーマンス

HPウェブ直販ストアで税込69,500円から。現在の価格は公式サイトからご覧ください。

 

Pavilion 15-eh0000のスペック

今回レビューしたPavilion 15-eh0000のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年12月10日
製品名 Pavilion 15-eh0000
型式
サイズ 234×360×17.9~20.0mm
重量(実測) 本体 1700g
電源アダプタ 295g
CPU Ryzen3 4300U
GPU AMD Radeonグラフィックス
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB SSD
2nd
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080インチ
形式 液晶
リフレッシュレート
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ
公称値 時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

スペックの解説

プロセッサ・メモリ等は価格帯から考えて、良い性能のものが搭載されています。また昨今のトレンドであるWi-Fi6等も搭載し、一般用途で考えれば十分なスペックと言えます。今回はRyzen3モデルを評価していますが、事務作業、ネットサーフィン程度ならこれで十分です。それ以上のグレードはより効率的に作業したい人向けです。

 

Pavilion 15-eh0000のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は1639pts、シングルコア425ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は3929pts、シングルコア1092ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未評価
高品質 未測定 未評価
標準品質 3719 快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未評価
高品質 未測定 未評価
軽量品質 1832 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

Pavilion 15-eh0000の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:583.35Mbps
ポイント②:496.69Mbps
ポイント③:454.75Mbps
ポイント④:551.85Mbps
ポイント⑤:454.75Mbps
ポイント⑥:551.85Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 583.35 483.05 7
ポイント② 496.69 398.27 7
ポイント③ 454.75 366.56 7
ポイント④ 551.85 445.73 7
ポイント⑤ 454.75 366.56 7
ポイント⑥ 551.85 445.73 7

 

通信スピードテストの評価

今回のテストの結果、1戸建て環境において全てのエリアで安定した数値が得られる結果となりました。6万円台のノートパソコンとして安定度は抜群と言えるでしょう。

 

Pavilion 15-eh0000のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。30W以上では通常のパフォーマンス表示で充電されていましたが、20Wでは充電ができませんでした。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Pavilion 15-eh0000の外観

今回購入したカラーはブルーです。落ち着いた色合いとなっています。センターマークは鏡面となっています。

 

背面はセンターにパンチングタイプの通気口があります。またスピーカーは下部に設置されています。

 

開いた様子です。価格帯の割にベゼルが狭いことが特徴です。なおタッチパネルに対応しています。

 

最大開き角は約130°となっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

フロントカメラです。IRカメラはありません。

 

キーボード全体です。独立型でうち安くなっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、17.2mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキーストローを測定したところ、1.2mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、116mmとなりました。

 

本体右側には電源ポート、USBポート、ケンジントンロックがあります。

 

本体左側にはフルサイズHDMI、USB-A、USB-C、microSDスロットがあります。

 

本体の重量を測定したところ、1700gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1995gとなりました。充電器単体では295gとなります。

 

Pavilion 15-eh0000のメリット・魅力

低価格なのに高性能かつデザイン性が高い

ベンチマークの結果から見てもわかるように、Ryzen3 4300Uプロセッサが強力でCinebench R20のスコアが2000を超えています(第11世代Core i7並)。そのため処理能力としては十分な力を持ちます。さらに本体も色合い、仕上がりともに非常に良く、税込6万円台からという価格とは思えない構成になっています。

 

十分なインターフェイス

昨今のパソコンはインターフェイスを削る傾向にありますが、15インチモデルということもあって、フルサイズHDMI等も搭載しています。

 

キーボードの打ち心地が良い

値段が安いモデルはキーボードの打ちごこちが悪いモデルも多い中、15-eh0000はしっとりとしていてカチャカチャ鳴らない打鍵感になっています。6万円台PCとしてはとても良い出来と言えます。

 

ベゼル幅が狭く高級感がある

15インチエントリーモデルは価格がベゼル幅に直結するケースが多いですが、このモデルは上下左右ともに狭くなっているため安っぽさがありません。

 

Pavilion 15-eh0000のデメリット・欠点

ディスプレイがかなり反射する

ほとんど弱点のないPavilion 15-eh0000ですが、唯一ハッキリと言える弱点がディスプレイの反射です。今まで見てきたノートパソコンの中でも、反射率が高く映り込みます。必要に応じて、反射防止フィルムを検討しておくほうがよいでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Pavilion 15-eh0000
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Pavilion 15-eh0000

低価格な15インチノートパソコンとしては非の打ち所がないほど全てが整ったノートパソコン。安いからといって、外観に手を抜いているわけでもなく、むしろタッチパネルにも対応してる点を考えるとちょっとオカシイくらいのノートパソコンです。ディスプレイの反射がきつい点だけがデメリットですが、長時間使うユーザーなら気にならないでしょうし、非光沢フィルムを貼るのも一つの方法です。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 落ち着いたブルーで見た目が良い
  • キーボードがうるさくない

 

Pavilion 15-eh0000がおすすめな人

15.6インチを探している人におすすめ

Pavilion 15-eh0000は15インチの大きめパソコンを探している初心者の人におすすめです。価格帯に対して性能が高く、かつデザインも優れているため満足度が高くなるでしょう。

 

Pavilion 15-eh0000がおすすめではないタイプ

動画編集をする人

一般的な処理能力はRyzen3 4300Uでも十分ですが、動画編集までは厳しいです。その場合はGPU搭載のノートパソコンを検討してください。

 

非光沢ディスプレイが良い人

Pavilion 15-eh0000の光沢ディスプレイの反射はノートパソコンの中でもトップクラスです。フィルムを貼ったりするのが苦手な人は最初から非光沢モデルを選ぶようにしましょう。その場合は、mouse B5-R5がおすすめです。

 

Pavilion 15-eh0000のカスタマイズ・モデルの選び方

Pavilion 15-eh0000はプロセッサの性能ごとに異なる3種類があります。高性能になるほど、ハードディスク容量が増え最大1TBとなります。ただし、容量が欲しい人は別にして、実用だけの問題であれば、最廉価グレードのRyzen3 4300Uモデルで十分です。それより高いモデルはより快適に使いたい人が選ぶべきですし、グラフィックスを求めるのであれば同価格帯でも、K5などGPU搭載のモデルを選ぶ方が無難です。

公式サイトを見る

 

Pavilion 15-eh0000の実機レビューまとめ

低価格帯15インチが欲しい人に

結論

Pavilion 15-eh0000は15インチのノートパソコンの中でコストパフォーマンスがよいモデル。外観にも拘りたい人はこのモデルを買っておけば間違い無いでしょう。

タッチパネルにも対応しているので直観的に操作がしやすく初心者の人でもおすすめです。

HPウェブ直販ストアで税込69,500円から。現在の価格は公式サイトからご覧ください。

 

Pavilion 15-eh0000を安く買う方法

Pavilion 15-eh0000に限らず、HPのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2021年9月】日本HPパソコンを限定クーポンとキャンペーン・セールを使って最大限安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト