当サイト経由で特別割引

メーカーさんからのご厚意で最大7%オフになる特別特典を頂きました。個人向けPCが13.2万円以上購入で7%OFFに、法人向けPCが7.7万円以上購入で4%OFFになります(どちらも税込)。以下のリンクを経由することで自動で獲得できるので、かならず適用しておいてください。

限定クーポン ⇒ 個人向け7%オフクーポンを獲得する

限定クーポン ⇒ 法人向け4%オフクーポンを獲得する

Pavilion Aero Laptop13-be0000の実機レビュー

Pavilion Aero Laptop13-be0000のレビュー概要

コスパに優れた超軽量ノートPC

Pavilion Aero Laptop13-be0000はこれまでにはなかった「低価格・軽量」を両立したモデルになっています。さらにRyzen5000シリーズプロセッサを搭載することで本体パフォーマンスとしては十分。カラーバリエーションも白とピンクベージュの2色展開で好みに合わせて選びやすい構成になっています。

こんなタイプにマッチ

  • 初めてPCを買う人
  • PCを持ち運びする人
  • 外出が多い営業職の人

簡易スペック表

発売日 2021年10月13日
CPU Ryzen5600U・Ryzen7 5700U
RAM 8~16GB
ストレージ 256~512GB
画面サイズ 13インチ
GPU Radeon AMDグラフィックス
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 960g
Cinebench R20 3540pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年4月28日時点で税込93,000円から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000の特徴

ここではPavilion Aero Laptop13-be0000の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

1kg切りの軽量ノートパソコン

Pavilion Aero Laptop13は、超軽量をアピールポイントとしているように1kgを切った軽量ノートパソコンとなっています。実際に持ってみると、その軽さに驚きます。

 

Ryzen5000シリーズプロセッサでハイパフォーマンス

他社含め、これまで1kgを切る軽量ノートパソコンはintelプロセッサが多かったですが、本モデルではRyzen5000シリーズプロセッサが搭載されています(Ryzen5から選択可能)。マルチコアの性能はデスクトップに迫るパフォーマンスとなっています。

 

10万円以下から購入可能

超軽量、かつ高性能でありながら、本体価格は10万円以下から購入可能となっています。構成を考えると破格と言えるほどの値段設定になっています。

 

16:10の縦長アスペクト比

本モデルの特徴的なポイントが16:10の縦長なディスプレイ(昨今は16:9が主流)。これにより縦長で情報が取りやすくなり、Wordでの書類作成やネットサーフィンが効率的にこなせます。

 

可愛いカラーバリエーション

軽量ノートはこれまで男性向けのかっこいいデザイン主流でしたが、Pavilion Aero Laptop13は白やピンクの可愛いカラーバリエーションを取り揃えています。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000の価格とコストパフォーマンス

1kg切りのノートパソコンは10万円を超えることが多かったため、Pavilion Aero Laptop13はある意味価格ブレイカー的な存在となっています。Ryzen5000シリーズプロセッサのパフォーマンスが非常に高いため、スペック面から見てもコストパフォーマンスは抜群です。

2022年4月28日時点で税込93,000円から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のスペック

今回レビューしたPavilion Aero Laptop13-be0000のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年10月13日
製品名 Pavilion Aero Laptop13-be0000
型式 -
サイズ 209×298×16.9mm
重量(実測) 本体 960g
電源アダプタ 310g
CPU Ryzen7 5800U
GPU AMD Radeonグラフィックス
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 13インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 IPS
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 3セル
公称値 10.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3540pts、シングルコア549ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Ryzen7 5700Uを搭載しており、マルチコア・シングルコア共に高い数値が出ています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は7553pts、シングルコア1381ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値は3100MB/s以上とノートパソコンとしてはトップクラスです。ベンチマーク時にファン音が音が鳴る事もなく静かだったため、負荷は少なそうです。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2012 重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 サーっとファン音が聞こえるがかなり静か
GPUテスト時 サーっとファン音が聞こえるがかなり静か

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 100 108.1
Adobe RGB 77.6 80.1

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:647.12Mbps
ポイント②:604.16Mbps
ポイント③:620.19Mbps
ポイント④:657.34Mbps
ポイント⑤:618.95Mbps
ポイント⑥:357.27Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 647.12 602.81 5
ポイント② 604.16 421 6
ポイント③ 620.19 587.19 5
ポイント④ 657.34 573.63 6
ポイント⑤ 618.95 502.34 6
ポイント⑥ 357.27 301.94 15

 

通信スピードテストの評価

最長距離で300Mbpsを超えており、非常に高速な結果が得られています。ここまでのレベルの安定性を持つものは少ないので、大きなメリットと言えるでしょう。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。20Wでは充電できませんでしたが、30W以上では低速表示になることもなく普通に充電できています。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000の外観

今回レビューしたのはセラミックホワイトです。このカラーは他の機種でも採用されている色ですが、柔らかい白で上品さがあります。センターにはHPのロゴがメッキで配置されています。メッキ部分には段差がついています。

 

背面も天板同様セラミックホワイトとなっています。通気口は小さく、主張はあまりありません。スピーカーは背面の両サイドにあります。

 

開いた様子です。ベゼル幅は狭く、モダンさを感じます。フロントカメラの物理シャッターはありません。

 

最大開き角は135°となっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。独立キーになっています。エンターキー右側にhomeボタンをはじめとした配列が並んでいる点が一般的なキーボードと異なります。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.08mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.5mmとなっています。キーは独立しており、かつキーストロークがしっかりとあるため打ちやすいです。静音タイプなので入力時にカチカチとした音が鳴ることもありません。

 

タッチパッド幅を計測したところ、115mmとなりました。タッチパッドは幅が115mmもあり、13インチパソコンとしては大柄。食感はサラサラでタッチパッド単体でも使いやすいです。

 

本体右側にはDCプラグコネクタ、USB Type-A端子があります。

 

本体左側にはフルサイズHDMI、USB Type-A、USB Type-C端子、ヘッドフォンジャックがあります。

 

スピーカーは背面の両サイドにあります。中高音域はかなり聴きやすいですが、低音はあまりありません。

 

本体の重量を測定したところ、960gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1270gとなりました。充電器単体では310gとなります。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のメリット・魅力

コスパ抜群の超軽量ノートパソコン

Pavilion Aero Laptop13は非常にコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。2022年4月時点で1kg切りかつ、10万円未満の13インチノートパソコンはない時点で選ぶ価値があります。

 

パフォーマンスは十分

本モデルはRyzen5 5600UもしくはRyzen7 5800Uから選ぶことができますが、低グレードのRyzen5でもCinebench R20の結果は3000ptsを超えており、能力が非常に高く、一般的な処理で困ることはまずないと言えます。

 

カラーバリエーションが豊富で選びやすい

Pavilion Aero Laptop13は他社にはない柔らかい色合いが特徴です(他社の軽量ノートはどちらかといえば男性向けデザインが多く、かっこよさを重視している傾向)。男性でも女性でも選びやすいカラーラインナップを取り入れています。

 

インターフェイスは多いがゴテゴテしていない

USB Type-A、USB Type-C、フルサイズHDMIを備えていますが、USB Type-A端子は使わない時にカバーがかかるタイプのため、側面がすっきりしています。

 

ベンチマークでも比較的静か

Ryzen5 5600Uはベンチマークの結果通り、デスクトップに比肩するような数値を出していますが、ベンチマークでは比較的静かでした。人が大勢いる環境でも使いやすいでしょう。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のデメリット・欠点

ロゴが大きくアピール感が強い

背面のHPのロゴが本体に対して大きく、アピール感が強く感じました。もう少し小さくするか、プレミアムロゴを採用して欲しかったです。

 

標準電源はUSB Type-Cではない

本体に付属する標準電源はUSB PDによる給電ではなく、DCプラグタイプになっています。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

Pavilion Aero Laptop13-be0000
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

軽量で高性能、なのに10万円切りで買えるとはっきり言って文句なしのノートパソコン。動画編集や画像編集をしっかりするなら別のPCをすすめますが、ネットサーフィンやオフィスソフトを使うことを前提とするなら、性能的にも全く問題がないレベルです。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • ホワイトが可愛い
  • 軽くて持ち運びしやすい

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000がおすすめな人

外出先へ持ち運びが多い人

本体が軽量なため、持ち運びが非常に楽です。営業で使う人にピッタリマッチします。

 

パソコンを初めて買う大学生

最もおすすめなのはパソコンを初めて買う人です。本体が軽量で持ち運びしやすく、講義やゼミに持って行きやすいこと、16:10のアスペクト比のため書類が縦長表示できて使いやすい(Wordが使いやすい)ことなどが挙げられます。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000がおすすめではないタイプ

動画編集や画像編集をする人

Ryzenプロセッサは高性能ですが、しっかりど動画編集や画像編集するなら外部GPUを持たないためおすすめできません(ただし、軽い動画編集程度なら問題ありません)。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000のカスタマイズ・モデルの選び方

Pavilion Aero Laptop13を購入する場合、注意するべきはWindows 11 HomeとProどちらにするか、プロセッサはRyzen5 5600UとRyzen7 5800Uのどちらにするかが挙げられます。まず一般用途であれば、Windows Homeで十分、またプロセッサもRyzen5 5600Uで事足ります。

Ryzen7プロセッサは余裕を持って使いたい人向けですが、フルにパフォーマンスを使い切れることは普通の人にはまずないと思うので、オーバースペックと言えるでしょう。

公式サイトを見る

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000の実機レビューまとめ

間違いなく買いの一台

結論

軽量かつハイスペックなので、外出先に持ち出す用のノートパソコンを探している人にとってははっきり買いと言えるモデルです。特にこれからパソコンを買おうとしている大学生や営業周りでPCを持ち運ぶ人におすすめです。

2022年4月28日時点で税込93,000円から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Pavilion Aero Laptop13-be0000を安く買う方法

Pavilion Aero Laptop13-be0000に限らず、HPのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年9月】日本HPパソコンを限定クーポンとキャンペーン・セールを使って最大限安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。