Yoga C740(15)の実機レビュー

Yoga C740(15)のレビュー概要

スマートデザインな15インチ

15インチのパソコンは野暮ったいデザインのものが多い中、このYoga C740(14)はスマートなデザインが特徴となっています。

プロセッサのスペックの面では他のスタンダードモデルとあまり差はありませんが、ポイントは低価格モデルでもUSB-PDに対応している点。

少し重めですが、USB-PDに対応していることでより少ない荷物にして外で作業できる端末になっています。

また、15インチで本体冷却に余裕があるからかCore i5モデルでもフルHD動画の書き出しが10分以下の結果となっており、簡単な動画編集なら使える機種と言えます。

簡易スペック表

CPU Core i5-10210U
Core i7-10510U
RAM 8~16GB
ROM 256~512GB SSD
画面 15.6インチ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測)  1880 g
CINEBENCH R20  1300 pts

※詳細スペックはこちら
※ベンチマークはCore i5-10210Uモデルで計測

公式サイトで見る

 

Yoga C740(15)実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事はメーカーからお借りしたものを用いて検証しています。

 

Yoga C740(15)の特徴

ここではYoga C740(15)の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

スマートコンパクトな15インチ

Yoga C740は一見して15インチには見えないほどコンパクトでスマートな15インチノートパソコンです。本体デザインが黒で締まっていることもありますが、さらに他の15インチに比べると薄くなっていることも特徴です。

 

15インチはどうしても野暮ったく見える側面がありますが、これなら外で使っても恥ずかしくないデザインとなっています。

 

USB-PDに対応

15インチノートパソコンはエントリークラスかゲーミングが多いため、USB-PD対応製品が少なくなっていますが、本製品は対応しています(純正付属品もUSB-PD充電器)。サードパーティ製の窒化ガリウムUSB-PD充電器を用いれば、よりモバイル性を上げることも可能です。

目次に戻る⇒

 

Yoga C740(15)の価格とコストパフォーマンス

Yoga C540(15)はCore i5-10210Uモデルが8万円からと、スペック上のコストパフォーマンスは高くありません。しかしながら、8万円代としては優秀なほどのデザイン、USB-PD対応、2in1タッチパネル対応などスペック以外の部分で優れている部分が多いノートパソコンとなっています。

ただし、性能だけを追い求めるなら、第三世代Ryzenモデルを検討する方が良くなり、2020年に登場した同メーカーのIdeaPad Flex 550が有力な選択肢になります(ただしこちらは14インチ)。スペック優先なら、こちらを検討してください。

 

Yoga C740(15)のスペック

今回レビューしたYoga C740(15)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年3月10日
製品名 Yoga C740(15)
型式 81TD005GJP
サイズ 357.8×235.35×16.02 mm
重量(実測) 本体  g
電源アダプタ  g
CPU Core i5-10210U
GPU 内蔵グラフィックス
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1440
形式 IPS液晶
光沢 グレア(光沢)
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋
顔認証 ×
フロントカメラ 画素数
物理シャッター ×
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 -
SIMカードサイズ -
光学ドライブ -
バッテリー公称値 サイズ 3セル
JEITAによる基準 17.8時間
ACアダプタ容量 65W

※詳細仕様はこちらからご確認ください。

 

スペックの解説

今回レビューしたのは最廉価グレードにあたるCore i5-10210Uモデルです。昨今のノートパソコンとしては標準的な性能と言えるでしょう。特徴的なのはバッテリーで、JEITAの公称値が17.8時間となっています。

15インチのノートパソコンでここまでバッテリーが持つものは意外とありません。大画面を持ち歩きしたい人には魅力的な数値と言えるでしょう。

目次に戻る⇒

 

Yoga C740(15)のベンチマーク(CINEBENCH、動画編集など)

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の計測値は通常時でマルチ1300pts、シングル401ptsとなりました。他機種との比較はCINEBENCH R20のデータ一覧をご覧ください。

 

PASSMARK

PASSMARKのデータは以下の通りです。他機種との比較はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。3,558MB/sとトップクラスの速さを誇ります(3,000以上はトップクラスとお考え下さい)。

 

騒音テスト

動画書き出し時の騒音を計測しました。55~58dB程度でそれなりにファン音が大きいです。

 

ベンチマーク時の熱について

ベンチマーク実行時にキーボード部が若干暖かくなるものの、気になるほどではありません。以下はダビンチリゾルブでのフルHD動画書き出し時の温度推移です。一時的に80℃近くまであがるものの、70℃付近で安定する挙動となっています。

 

動画編集ベンチマーク

Davinch Resolve16を用いて、フルHD動画の書き出しを行ったところ、9分52秒でした。内蔵グラフィックスにしてはかなり速いです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 1138 設定変更を推奨
高品質 1607 設定変更を推奨
標準 2170 普通

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。なお、標準品質以上はスペック的に厳しく、ベンチが回らなかったため、未測定です。

モード スコア 評価
高品質 未測定 未測定
標準 未測定 未測定
軽量品質 805 動作困難

目次に戻る⇒

 

Yoga C740(15)の通信環境(WI-Fi)のテスト

VivoBook S15(2020)の通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを5GHz帯で用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

全部屋で非常に安定した数値が得られています。ただし、最長距離において、若干の下り速度の低下が見られました。

目次に戻る⇒

 

Yoga C740(15)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDによる充電テストを行いました。18W、30W、61Wで検証したところ、全て充電を確認できました。実測は以下の写真の通りです。クリックにより拡大できます。

-18W-

-30W-

 

-61W-

 

Yoga C740(15)の外観

天板はYogaと書かれたシンプルなデザインになっています。メタルで指紋が付きにくくなっています。

 

底面です。背面センターに控えめにスリットが入っています。

 

スピーカーが下部にあります。

 

開いた様子です。光沢ディスプレイとなっています。

 

テントモードにした様子です。

 

上部ベゼルです。幅は6mmほどになっています。

 

下部ベゼルです。

 

フロントカメラです。物理シャッターが付いています。

 

キーボードです。テンキーを付属しています。

 

エンターキー付近が変形しています。またスペースキーも変形しています。

 

ーピッチはミツトヨのデジタルノギスにより2点間のキーの距離を測ってから割返した結果17.8mmでした。キーストロークは1.0mmです。

 

タッチパッドは105mmとなっています。

 

キーボードはバックライトが付いています。

 

右側は電源ボタン、USB-Aが2つあります。

 

左側にはUSB-C、ヘッドフォンジャックが2つあります。

 

重量の測定結果です。1880gでした。

 

充電器込みの測定結果です。差分より、充電器は355gとなっています。

目次に戻る⇒

 

Yoga C740(15)のメリット・魅力

シンプルでスタイリッシュなデザイン

Yoga C740(15)の最大の魅力は、シンプルでスタイリッシュなデザインと言えるでしょう。15インチノートパソコンはどうしても野暮ったくなってしまう側面が大きいです。ところがこのパソコンは天板、底面、開いた時のベゼルの細さなど、デザイン面での妥協点が少ないことが魅力。それでいて、本体価格はリーズナブルで8万円から購入できる利点もあります。

 

動画編集能力が意外と高い

実際にベンチを回した結果、オンボードグラフィックしかないにも関わらず10分以内でフルHD動画(10分)を書き出すことができました。Core i5 第8世代では、22分かかっていたケースを考えるとかなり高速化していると言えます。Ryzen第3世代には敵わないものの、書き出し速度の面だけで考えれば簡単な動画なら編集できる能力があると言えそうです(ただし本当に動画編集するつもりなら、GPU搭載モデルを選んでください)。

 

大画面2in1でエンターテイメントも

Yoga C740(15)は2in1にもなるモデルで、光沢ディスプレイを搭載しています。そのため、エンターテイメントを楽しみたい人にとっては嬉しさのあるPCでしょう。15インチのためより大画面で楽しめる点も魅力です。

目次に戻る⇒

 

Yoga C740(15)のデメリット・欠点

インターフェイスが少ない

15インチのノートパソコンにしてはインターフェイスが少なく、USB-AとUSB-Cしかありません。最低限HDMIが欲しかったところですが、搭載されていないためビジネスシーンでプレゼンが多い人やSDカードの抜き差しが多い人にはお勧めできません。

 

15.6インチとしては重め

Yoga 740(15)は本体重量が約1.9kgとなっています。15.6インチとしては比較的重くなっています。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Yoga C740(15)
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Yoga C740(15)

15インチの中ではずば抜けてカッコいい一台。USB-PD対応も好印象。ただし、スペック面で見ると普通なことと重いことがマイナス。見た目重視で買うなら、質感が高くコスパに優れた機種と言えるでしょう。スペックよりもデザインで買うパソコンです。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 黒のシンプルなデザインが良い
  • 思ったよりも本体が重い

 

Yoga C740(15)がおすすめな人

15インチでデザインが良いパソコンを探している人

15インチノートパソコンでデザインが良いパソコンはほとんどが価格が高くなる傾向があります。これはエントリークラスとハイスペック(ゲーミングクラス)に分かれるからです。そのため低価格で質感の高いYoga C740(15)は珍しい存在と言えます。

 

エンターテイメントも楽しみたい人

15インチノートパソコンで光沢ディスプレイなので、ドラマや映画をより綺麗なディスプレイで見ることができます。また2in1でテントモードにできるメリットも大きいと言えます。

 

Yoga C740(15)がおすすめではないタイプ

コストパフォーマンスとスペックを求める人

Yoga C740(15)はコストパフォーマンス的には悪くないのですが、スペックだけに絞るとRyzen第3世代が出てしまったことでコストパフォーマンスが悪くなってしまう傾向があります。前述しましたが、価格とスペックのコスパを追求するなら、Flex 550モデルを検討してください。全体の質感は下がりますが、スペックは大幅に向上します。

また、他メーカーであればおも同じ価格帯でスペックが魅力的なモデルになります。こちらはUSB-PDに対応していないデメリットはあるもののスペックを重視するなら必ず見ておきたい選択肢になります。

 

Yoga C740(15)のカスタマイズ・モデルの選び方

Yoga C740(15)はCore i5モデルとCore i7モデルがあります。このモデルはどちらにしても、デザイン性が重視されているからか、若干割高になっています。敢えて選ぶなら、Core i5モデルが安く買えるのでお得だと感じます。

Core i7モデルの場合は価格が10万円を超えてぐっと上がるので、他の15インチノートパソコンも比較してみるとよいでしょう。

 

Yoga C740(15)の実機レビューまとめ

持ち運び可能な15インチ2in1

結論

スペック面は平均レベルですが、デザイン性に優れた15インチノートパソコンで、比較的低価格で購入できる機種。

Core i5モデルなら8万円で購入できますが、この価格で薄型、かつUSB-PD対応機種は意外とないため、お得感が強いモデルになります。

光沢ディスプレイで2in1も可能なため、家で映画や動画を楽しみたい人やペン入力をしたい人にもお勧めのモデルです。

公式サイトで見る

 

Yoga C740(15)を安く買う方法

Yoga C740(15)に限りませんが、LENOVOのパソコンはある方法で安く買うことができます。以下で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Lenovo(レノボ)公式のネット限定Eクーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買うためには、ネット限定の「Eクーポン」と「キャンペーン(セール)」があります。 あまり知られていませんが、レノボの購入ページは同じに見えて割引率が違う ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)