TUF Gaming A15 FA506IHの実機レビュー

TUF Gaming A15 FA506IHのレビュー概要

頑丈さとコスパの両立モデル

ASUSから発売されているTUF Gaming A15は見た目からもわかるように、頑丈さをアピールした外観がウリのゲーミングパソコンです。

そのため、高いイメージを持たれるかもしれませんが、実際にはコストパフォーマンスが高く、10万円以下でも十分なスペックをもつノートパソコンになっています。

しかも、それでいてリフレッシュレート144Hzの高駆動に対応。ディスプレイはこれが標準で追加料金は必要ありません。

さらに12万円近く出せば、ミドルレンジの中でもハイエンドに近い性能を得ることができるため、外でも快適なゲーミング環境を作れる優れたPCとなっています。

簡易スペック表

CPU Ryzen7 4800H
Ryzen5 4600H
RAM 8~16GB
ROM 512GB SSD
画面 15.6インチ
GPU GeForce GTX 1650
GeForce GTX1650Ti
GeForce GTX1660Ti
USB-PD 非対応
LTE 非対応
重量(実測)  2065 g
CINEBENCH R20  2668 pts

※詳細スペックはこちら
※ベンチマークはRyzen5 4600Hモデルで計測

公式サイトで見る

 

TUF Gaming A15 FA506IH実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事はメーカーからお借りしたものを用いて検証しています。

 

TUF Gaming A15 FA506IHの特徴

ここではTUF Gaming A15の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

高性能なRyzen4000シリーズ

TUF Gaming A15では、ノートパソコンの中でも高性能なHシリーズを搭載しています(今回検証したモデルはRyzen5 4600H)。

 

ウルトラブックに搭載されているUシリーズと比較して、一回り高いパワーを持つプロセッサとなっています。

 

唯一無二の屈強なデザイン

TUF Gamingの魅力は外観にもあります。他のノートパソコンでは見られないミリタリーを意識した外観。さらにパソコンを開けるとクリアボタンがお目見えし、まるでコクピットを感じるようなデザインとなっています。

 

高いコストパフォーマンス

これだけ特徴がありながら、TUF Gaming A15にはさらに「コストパフォーマンスが高い」という魅力があります。Ryzen5、8GBモデルであれば10万円を切る価格で購入可能です。

目次に戻る⇒

 

TUF Gaming A15 FA506IHの価格とコストパフォーマンス

TUF Gaming A15は特徴でも述べた通り、非常にコストパフォーマンスの優れたノートパソコンです。本体性能が高い上に、価格も安く手に入れることが可能。さらに、ディスプレイは144Hzの高駆動が標準のため、ハイリフレッシュレートに対して新たにお金を投入する必要がありません。

他のゲーミングデバイスよりもミリタリー感があって、意匠が凝っていることもあり、安っぽさもなく、外観面でのコスパも高いと言えるでしょう。唯一コストダウンを感じるのは、Windows Hello(生体認証)です。指紋、顔認証、ともにないためこれらが必須の人には追加投資が必要になります。

ただし、これらを勘案してもコストパフォーマンスは非常に高いため、ミドルレンジのゲーミングパソコンを探しているなら、買ってよいレベルと言えるでしょう。

公式サイトで見る

 

TUF Gaming A15 FA506IHのスペック

今回レビューしたTUF Gaming A15 FA506IHのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年3月10日
製品名 TUF Gaming A15 FA506IH
型式 FA506IH-R7G1650
サイズ 359.8×256×24.9 mm
重量(実測) 本体 2065 g
電源アダプタ 445 g
CPU AMD Ryzen5 4600H
GPU GeForce GTX1650
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 512GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1440
形式 IPS液晶
光沢 ノングレア(非光沢)
リフレッシュレート 144Hz
生体認証 指紋 ×
顔認証 ×
フロントカメラ 画素数 92p
物理シャッター ×
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 -
SIMカードサイズ -
光学ドライブ -
バッテリー公称値 サイズ 48Wh
JEITAによる基準 6.6時間
ACアダプタ容量 150W

※詳細仕様はこちらからご確認ください。

 

スペックの解説

今回レビューしたTUF Gaming A15は販売モデルの中でも、低いグレードのモデルです。Ryzen5 4600U、高駆動ディスプレイを搭載したモデルとなっています。GPUはRTXからも選ぶことが出来ますが、今回の検証機はGTX1650です。

レビュー品はメモリ8GBで心もとないですが、実際に使用してみたところ作業に不安を感じることはあまりありませんでした。上位モデルでは16GBを選ぶこともできるので、そちらを検討しても良いかもしれません。

バッテリー駆動時間の公称値はゲーミングパソコンとしては少し長めの6.6時間です。決して長くはありませんが、ほんの少しだけ持ち出すなら、使えるレベルとなっています。

目次に戻る⇒

 

TUF Gaming A15 FA506IHのベンチマーク(CINEBENCH、動画編集など)

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の計測値は通常時でマルチ2668pts、シングル437ptsとなりました。他機種との比較はCINEBENCH R20のデータ一覧をご覧ください。なお今回は標準モードで測定をしています。

 

PASSMARK

PASSMARKのデータは以下の通りです。他機種との比較はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。1987MB/sなので、昨今のSSDでは最速ではありませんが、十分に速いレベルです。

 

騒音テスト

動画書き出し時の騒音を計測しました。平常時は静かですが、書き出し時はかなり音が大きくなります。

・通常時

・動画書き出し時

 

 

ベンチマーク時の熱について

以下はダビンチリゾルブでのフルHD動画書き出し時のCPUとGPUの温度推移です(ブラウンがCPU、ブルーがGPU)。書き出し時は90℃を超える温度で推移しており、100℃に到達しそうになりますが、その時点でサーマルスロットリングのような挙動となりました。

 

 

動画編集ベンチマーク

Davinch Resolve16を用いて、フルHD動画の書き出しを行ったところ、4分00秒でした。快適に書き出しが出来ています。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 8872 非常に快適
高品質 9596 非常に快適
標準 10030 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。なお、標準品質以上はスペック的に厳しく、ベンチが回らなかったため、未測定です。

モード スコア 評価
高品質 3743 普通
標準 5197 やや快適
軽量品質 6596 快適

目次に戻る⇒

 

TUF Gaming A15 FA506IHの通信環境(WI-Fi)のテスト

VivoBook S15(2020)の通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを5GHz帯で用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

一部屋をまたいだ距離では安定していましたが、最長距離では半分以下と大きく速度が低下する結果となりました。

目次に戻る⇒

 

TUF Gaming A15 FA506IHのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDには非対応です。

 

TUF Gaming A15 FA506IHの外観

検証機の天板はマットなグレーです。MacBookのスペースグレイのような質感となっています。センターにTUF Gamingのロゴが配置されています。

 

背面はハニカム構造のようなデザインとなっています。スピーカーもデザインの一部に内包されています。

 

スピーカーの意匠も特徴的です。

 

開いた様子です。ベゼルは標準ですが、ミリタリー感があるせいかあまり広くは感じません。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。下部は比較的広めの設定になっています。

 

キーボードです。W、A、S、Dのキーがクリアになっています。その他の配列は一般的です。

 

ゲーミングカテゴリのため、キーボードが光ります。色鮮やかで綺麗です。特にブルーが美しい印象でした。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2つのキーの割返しから算出したキーピッチは17.2mm。キーストロークは1.2mmとなっています。

 

クリアキーの拡大です。

 

F5にはパフォーマンスキーが割り当てられています。

 

タッチパッドは108mm。クリックは音の鳴らない静穏タイプとなっています。

 

上部には排気孔があります。

 

本体右側です。ケンジントンロックとUSB-Aがあります。

 

本体左側です。電源アダプタ、イーサネットコネクタ、HDMI、USB-A×2、USB-C、ヘッドフォンジャックの並びになっています。

 

本体の質量を測定しました。

 

充電器込みの質量を測定しました。USB-PD非対応のため、これが持ち運び重量となります。

目次に戻る⇒

 

TUF Gaming A15 FA506IHのメリット・魅力

見た目とは裏腹に打ちやすいキーボード

TUF Gamingは見た目が特徴的なため、実用性を薄く感じる人がいるかもしれませんが実際はまったくそんなことはありません。キーボードが非常に打ちやすい。それなりにストロークもあり、カチカチ音もないためキーボード音でイライラすることはないでしょう。

 

ハイスペックなのに低価格

特徴、価格でも書いているように、このスペック、ベンチマーク結果でこの値段はある意味おかしいです。特に高駆動のミドルレンジをできるだけ安く手に入れたいなら最廉価のRyzen5モデルで十分と感じます。

 

他にはないデザイン

TUF Gamingの魅力は他にはない角ばったデザインです。しかも、実際に手に取ってみて感じた印象としては角ばっているにもかかわらず、意外とシックな雰囲気も漂っていることです。

 

人と違ったデザインのパソコンが欲しい人に向いています。

 

スピーカー音質に優れる

主観的な印象ですが、音がかなり良いです。低音もノートパソコンとしてはそれなりに出ているので、一台で完結したい人にはより向いていると言えるでしょう。

目次に戻る⇒

 

TUF Gaming A15 FA506IHのデメリット・欠点

インターフェイスが後ろではない

ゲーミングPCとして最も大きく感じたデメリットです。クリエイターPC、ゲーミングPCの数多くはインターフェイスが後ろに存在します。ところが、TUF Gaming A15 FA506IHの場合はインターフェイスが左側に存在します。

 

音はそれなりに大きい

ゲーミングPCということもあり、それなりに音は大きくなります。そのため、外で使う時はインターフェイスからファン音を抑えたモードを選ぶと良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

TUF Gaming A15 FA506IH
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on TUF Gaming A15 FA506IH

非常にコストパフォーマンスに優れたゲーミングノートパソコン。Ryzen5でも十分に動く。エントリーでゲームを始めてみたい人が手を出しやすいパソコン。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 特徴的で見た目がかっこいい
  • マークにインパクトがある
  • 持ち運びには重い

 

TUF Gaming A15 FA506IHがおすすめな人

低価格ゲーミングノートを探している人

低価格のゲーミングノートを探している人にはぴったりの一台。安いからと言って、デザインやキー入力もしっかりしていますし、さらに高リフレッシュレートにも対応。ゲーミングとしてはミドルレンジですが、その他の一般用途やクリエイター用途でも十分力を発揮します。

 

持ち運び用途で探している人

TUF Gamingの良いところは角ばったデザインで持ち運びが意外としやすいところ。ゲーミングPCにありがちな、エッジの効いたデザインがなく、カバンの中に入れやすいメリットがあります。

 

TUF Gaming A15 FA506IHがおすすめではないタイプ

定位置で拡張したい人

TUF Gaming A15のインターフェイスは側面に集まっています。そのため、定位置で拡張したい人にはこのパソコンの場合、配線が横から見えてしまうため、あまりおすすめはできません。

 

TUF Gaming A15 FA506IHのカスタマイズ・モデルの選び方

Ryzen5 4600Hモデルがとにかくおすすめです。当然上位モデルもありますが、このモデルの魅力は廉価グレードにあると感じます。高価格帯も安いですが、それならよりバッテリー駆動時間が短くなると思いますし、定位置で拡張する人が多くなると思うので、それなら背面にインターフェイスが付いた別モデルの方が良いと考えます。

 

TUF Gaming A15 FA506IHの実機レビューまとめ

コスパに優れたゲーミング

結論

TUF Gaming A15は検証の通り高い性能、ディスプレイ機能を持つノートパソコンです。しかもそれでいて非常に安い。

今からパソコンでゲームを始めようと考えている人にとって、エントリーモデルとして非常に適しています。

またゲームだけでなく、プロセッサ、GPUスペックからクリエイティブ、動画編集面でも十分使うことができるPCとなっています。

公式サイトで見る

 

TUF Gaming A15 FA506IHを安く買う方法

TUF Gaming A15 FA506IHはASUSの公式ショップでセールを利用して安く買えることがあります。できるだけ低価格で手に入れるために、必ず以下の記事をご覧になってください。

ASUSでクーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

ASUS(エイスース)のパソコンは他社と比べて、コスパが高くなっています。特に2020年に入ってから、性能と安さを兼ね備えたモデルを多く出しているため、「現行が安い」+「型落ちモデルも安い」とユーザー ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)