Galaxy A20の実機レビュー

Galaxy A20レビューの概要(ポイント)

激安Galaxyスマホ

2019年モデルで日本発売したものの中で最安になるモデルがGalaxy A20。

スペックはそれなりなのでハードに使う人には向いていません。

このスマホは「初めてスマホに乗り換える人」や「Galaxyを使っていて電話とメールだけだから安いスマホにしたい」という人向けの機種です。

簡易スペック表

CPU Exynos 7884B
RAM 3GB
ROM 32GB
画面 5.8インチ

中古を見る ヤフオク

docomo公式で見る

Galaxy A20 実機レビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本機はお借りして実機レビューを行っております。

 

Galaxy A20の特徴

2万円台の超低価格モデル

Galaxy A20は2019年10月からの法改正に合わせて提供された分離プラン用の低価格モデルです。

 

ドコモを含むキャリアの製品は約10万円するモデルが普通でしたが、Galaxy A20は2万円強。月額で分割しても500円台と驚異的な価格を誇ります。

 

初心者向けのUI

低価格帯モデルだけあって、ターゲットを初心者に絞っています。そのため、ユーザーインターフェースがわかりやすいことも特徴の一つ。通常のホーム画面に加え「かんたんホーム」を搭載し、文字やアイコンの拡大が簡単にできるようになっています。

 

ラジオFM機能搭載

Galaxy A20には上位版にもない機能として「ラジオFM」機能があります。3.5mmイヤホンを繋ぐことでネットがない環境下でも使える機能です(イヤホンがアンテナの役割を果たすため、ケーブルタイプのイヤホン必須)。この機能は国内販売されているスマホではZenFone6くらいで非常に珍しい機能です。

 

サムスンの独自CPU

Galaxy A20は、Galaxy A30同様にサムスンの独自CPU「Exynos 7884B」を搭載しています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20のマシンスペック

マシンスペック

Galaxy A20のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2019/10/25
寸法 71×150×8.4mm
重さ 151g
ディスプレイ サイズ 5.8インチ
形式 TFT
画素数 720×1560
バッテリー 電池容量 3000mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電 公式記載なし
プロセッサ(Soc) Exynos 7884B
GPU 公式記載なし
ストレージ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
外部メモリ 512GB
通信 下り最大 262.5Mbps
上り最大 50Mbps
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 3台
生体認証 指紋センサー ×
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水(お風呂) IPX5/IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS 9.0
SIMサイズ nanoSIM
DSDS ×

※スペック詳細はこちら

 

対応バンドについて

キャリア端末のため非掲載。

 

スペックの解説

Galaxy A20はスペック的には2019年発売モデルとしてはもっとも低いランクになります。CPU性能、メモリ3GB、ROM32GBなのでハードな利用ではほぼ耐えられません。またディスプレイは720×1560pxとなっており、解像度も低めです。

ただし、実際に日常の電話、メール想定で使ってみると思ったよりもスペックの低さは感じません。最低限、必要な性能を持つスマートフォンと考えておきましょう。

目次に戻る⇒

 

通信スピードテスト

家庭用回線を使ってスピードテストを行いました。40Mbpsの結果が得られています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20のカメラスペックと作例

カメラスペック

Galaxy A20のカメラに関するスペックは以下の通りです。

メインカメラ(標準)
有効画素数 800万画素
F値 1.9
光学手振れ補正 公式記載なし
電子式手振れ補正 公式記載なし
インカメラ
有効画素数 500万画素
F値 2.0
光学手振れ補正 公式記載なし
電子式手振れ補正 公式記載なし

 

Galaxy A20で撮影した作例

以下の写真はタップで拡大できます。スマホの場合は横にしたからタップするとより大きく見ることができます。

 

通常モードでの撮影

カメラにフォーカス

ライトアップを撮影

右側の葉にフォーカス

 

 

ズームを検証

ズームを検証しました。最大4倍です。

標準倍率

3倍ズーム

2倍ズーム

4倍ズーム

 

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20の外観

Galaxy A20は最近のスマートフォンと違い、すっきりとしたデザインになっています。

 

カメラの出っ張りもほとんどありません。

 

右側には電源ボタンと音量ボタンがあります。

 

左側にはSIMスロットと最近のスマホでは非常に珍しいストラップホールがあります。

 

上部にはイヤホンジャック。

 

下部にはスピーカーとUSB-Cコネクタがあります。ローエンドモデルでType-C搭載は嬉しいですね。

 

正面ディスプレイがこちら。水滴型ノッチになっています。

 

かなりベゼルは大きめです。上側はこちら。特にノッチ部の落ち込みが大きいです。サイドも広め。

 

下側はこちらです。全画面スマホとしてはかなり大きく感じる設計になっています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20のメリット・長所

かんたんホーム

Galaxy A30はかんたんホームを搭載しており、初心者が使いやすい設計になっています。設定画面からワンタッチで切り替えることが可能で文字やアイコンを見やすくする機能も備えています。はじめてガラケーから乗り換える人や文字が小さくて見づらい人にもお勧めしやすいモデルです。

 

災害時に役に立つラジオ

Galaxy A30はイヤホンとスマホがあればFMラジオを聴くことができます。ネットが使えなくても、ラジオは機能するため、有事の際に安心できる機能です。

 

軽い

Galaxy A20は本体重量が151gとなっています。2019年に発売されたスマホの中ではかなり軽い部類に入ります。スマホは軽いほうが肩が凝らないので、軽さは正義です。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20のデメリット・欠点

ベゼル幅が大きい

最近のスマートフォンはどれもベゼル幅が小さいものばかりのため、ベゼル幅の大きさはかなり気になり、安っぽさを感じてしまいます。

 

顔認証のみ

Galaxy A20では指紋認証を備えていません。Galaxy A20の顔認証は簡易的なものであるため、セキュリティ面では弱くなるデメリットがあります。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20の口コミ・評判

Twitterの良い口コミ

Twitterの悪い口コミ

 

あなたの口コミを投稿する

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Galaxy A20
Average rating:  
 2 レビュー
by たくあん on Galaxy A20

4ヶ月間使ったのですが、電池持ちはまあまあです。本体はとても軽くいたってシンプルで画面も大きくていいです。RAMが3GBなのは少なく感じたのですが荒野行動は省電力モードをオンにしない限りは快適にプレイできます。しかし、フォートナイトはカクカクとなり、快適にプレイはできませんでした。ROMは32GBとなっており、ゲームを目的としているのであれば容量不足になるので注意です。galaxyはsdカードの内部ストレージ化ができないので非常に困ります。ラジオの受信感度は問題ありませんでした。また、受信できる周波数は108MHzまで受信できます。しかし、受信するときはアプリのradiko+FMを起動ごとに最初に位置情報をオンにしてインターネットに接続する必要がありますのでインターネットの環境なしでは受信できる画面までいけないので受信できません。災害時にはモバイルデータが使用できないことがありますので災害時には役に立たないでしょう。ラジオの受信用としてスマホを購入するのであればxperia z3などがよいでしょう。ワンセグやフルセグには非対応であり、それに関するアプリは入っていません。ワンセグだけでも対応して欲しかったです。そうすればラジオの代用として使えたかもしれません。スピーカーはモノラルスピーカーで音質は悪くないです。ハイレゾには非対応。カメラはアウトカメラが800万画素、インカメラが500万画素です。インカメラのズームは出来ません。HDRはついており手振れ補正がありません。画質はズームしてもしなくても悪いです。生体認証は顔とPINのみ。顔認証の精度は微妙です。結論ですが安くて性能のよいスマホを求めるのであればこの機種はおすすめしません。目安としてはRAMが4GB以上でROMが64GB以上。CPUはSnapdragon630以上のものでスピーカーはステレオ、カメラはアウトカメラが1200万画素、インカメラが800万画素で手振れ補正付きのもの。生体認証は指紋付きのものをおすすめします。

by SIMPC編集部 on Galaxy A20

価格が安いのでしょうがないが、性能は低めのスマートフォン。動作は引っ掛かりがあり、ちょっと快適とは遠い。

とはいっても2万円台でキャリアで購入できる選択肢ができたのは嬉しいところ。スマホを初めて使う初心者さんにのみすすめたいモデル。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20がおすすめのタイプ

完全初心者向け

Galaxy A20は完全に初心者向けです。初めてスマホを使う人が選ぶスマホです。

 

Galaxy A20をおすすめしない人

将来的にスマホをさらに使いこなしたい人

初めてスマホを持ちたい、さらにどんどん使いこなしたい、という人にはA20は向きません。理由はスペック上の問題。やりたいことが増えるほど性能が付いてこないため、A20から買い替える必要性が出てしまいます。

同じかんたんホームが使えるモデルにAQUOS sense3があります。値段は1万円ほど上がりますが、スペック上は2ランクほど上になるため、やりたいことが出てきても対応力が高いと言えます。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A20の実機レビューまとめ

分離時代の激安スマホ

結論

分離プランが登場したことでできた激安モデルのGalaxy A20。

スペック的には初心者にしか進められないモデルですが、通話、メールが基本ならこれでも十分です。

docomo公式で見る

目次に戻る⇒

 

ライバル機種のレビュー

2019年発売のライバル機種のレビュー記事を中心にピックアップしました。

関連公式サイト

Copyright© SIMPC|シンプシー , 2020 All Rights Reserved.