Dell G5 15 SE(5505)の実機レビュー

Dell G5 15 SE(5505)のレビュー概要

コスパ高めのミドルゲーミングPC

Dell G5 15 SE(5505)は、シリーズの中でオールAMDになっているモデルで、高性能な第3世代RyzenとRadeonRX5600Mを搭載、さらにハイリフレッシュレートモニターを搭載したモデルです。

Ryzen5 4600Hモデルから、超高性能なRyzen9 4900Hモデルまで選ぶことができ、どれも価格面から考えると非常にコストパフォーマンスが高いモデルとなっています(本レビューではRyzen7 4800Hを評価し、Cinebench R20で4352ptsです)。

本体の重量、充電器がかなり重いことがネックになるため据え置き用ノートパソコンでハイパワーに使いたい人におすすめのモデルになっています。

簡易スペック表

CPU Ryzen5 4600H
Ryzen7 4800H
Ryzen9 4900H
RAM 8~16GB
ROM 512GB~1TB SSD
画面 15.6インチ
GPU Radeon RX5600M
USB-PD 非対応
LTE 非対応
重量(実測) 2495 g
Cinebench R20 4352 pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Dell G5 15 SE(5505)実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーよりお借りしてレビューしています。

 

Dell G5 15 SE(5505)の特徴

ここではDell G5 15 SE(5505)の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

第三世代Ryzenを搭載したハイパワーノート

Dell G15シリーズにはintel・GeForceの組み合わせでのノートパソコンとオールAMDで組み合わせたバージョンのハイパワーノートパソコンが存在します。このSE(5505)モデルはAMDモデルで、第3世代RyzenプロセッサとRadeonを組み合わせた一台となっています。ベンチマーク結果でも後述しますが、ノートパソコンながらRyzen7モデルで4000クラスのCinebenchR20の結果を叩き出しています。

 

価格面でも魅力的なミドルレンジゲーミング

DELL G15 SEは性能だけでなく、価格面でも大きな魅力のあるモデル。先に述べたようにRyzenプロセッサが強力なだけでなく、それに加えて最大144Hzのハイリフレッシュレートも搭載。そのため、エントリー向けゲーマーにとって必要な機能が低価格で詰まったモデルということもできます。

 

VR readyの認定ノートパソコン

VR機器で十分使えるかどうかのスペックを示す「VR ready」の認定があります。

目次に戻る⇒

 

Dell G5 15 SE(5505)の価格とコストパフォーマンス

Dell G15 SE 5505は性能面から見て、どのグレードもコストパフォーマンスに優れています。2021年3月23日時点でRyzen7 4800Hモデルで10%税込12万円台から最上位モデルであるRyzen9 4900Hも14万円台で購入可能となっています。高性能を追求する人にとって、対価格で見て優れています。

コスト評価について

上記は2020年3月23日時点での評価です。クーポンなどにより値段が変わることも多いため、必ず公式サイトをご覧ください。

 

Dell G5 15 SE(5505)のスペック

今回レビューしたDell G5 15 SE(5505)のスペックは以下の通りです。今回は上位のCore i7モデルを評価しています。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年5月
製品名 Dell G5 15 SE
型式 5505
サイズ 365.5×254×21.6 mm
重量(実測) 本体 2495 g
電源アダプタ 945 g
CPU Ryzen7 4800H
GPU Radeon 5600M
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st 1TB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 144Hz(※2)
生体認証 指紋 ×
Windows Hello ×
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ
公称値 8.5時間

※1 詳細仕様はこちら
※2 120Hzも存在

 

スペックの解説

Dell G5 15は2020年に登場したハイスペックプロセッサの第3世代Ryzenを搭載したモデルです。さらにGPUはRadeon 5600Mを搭載したオールAMDモデルとなっています。ゲーミングで必要なリフレッシュレートは144Hz。今回のレビュー品は高いリフレッシュレートですが、下位グレードでは120Hzになるので注意が必要です。

目次に戻る⇒

 

Dell G5 15 SE(5505)のベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は4352pts、シングルコア463ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23(Test Duration 10分設定)の測定値は10458pts、シングルコア1166ptsという結果になりました。

 

PASSMARK

PASSMARKの測定値は以下の通りです。他機種との比較をしたい人はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードが3000MB/sを超えており非常に快適です。

 

VRmark

VRmarkのオレンジルームでテストを行いました。スコアは7256となりました。

 

VRmarkのブルールームでテストを行いました。スコアは1662となりました。

 

 

騒音テスト

ベンチマーク時にファンの大きな音が鳴っていました。かなり気になるレベルです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 10537 非常に快適
高品質 11694 非常に快適
標準 12649 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。軽量品質で1407と非常に低いスコアになっています。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質 4891 やや快適
標準 7208 快適
軽量品質 8971 快適

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証結果です。

 

Dell G5 15 SE(5505)の通信環境(WI-Fi)のテスト

Dell G5 15 SE(5505)の通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6のDeco X20を用いました。結果、快適な通信速度が得られています。

目次に戻る⇒

 

Dell G5 15 SE(5505)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDには非対応です。

 

Dell G5 15 SE(5505)の外観

天板です。

 

背面

 

開いた様子です。

 

完全に開いた様子です。角度は140°程度まで開きます。

 

上ベゼルです。

 

下ベゼルです。

 

キーボードです。英字配列を日本語直した形になっており、一部が変則キーとなっています。

 

エンター周りの変則キーです。

 

ミツトヨのデジタルノギスを用いて2つのキーから割返してキーピッチを算出した結果17.5mm、キーストロークは1.3mmという結果が得られました。打ち心地は軽く、少し安っぽさがあります。しっかりとした打鍵感が欲しい人には不向きかもしれません。

 

バックライトが付属しています。

 

タッチパッドは106mm幅となっています。

 

右インターフェイスです。ケンジントンロック、USB-A×2、ヘッドフォンジャック、フルサイズSDカードとなっています。

 

左側です。電源アダプタ、ミニディスプレイポート、HDMI、USB-A、イーサネットコネクタ、USB-Cが付属しています。

 

質量を測った様子です。2495gとなりました。

 

電源コネクタを含めた重量は3450gでした。充電コネクタのみの重さは945gとなっています。

目次に戻る⇒

 

Dell G5 15 SE(5505)のメリット・魅力

10万円前半からで手に入る超高性能ゲーミングノート

Dell G5 15 SE 5505の魅力はなんといっても価格です。10万円前半から手に入りintel製デスクトップパソコンに劣らないパワーを持ったプロセッサを選択することができます。リフレッシュレートは最低でも120Hzとなっているため、初心者ゲーマーが必要なスペックが揃ったパソコンと言えるでしょう。

 

豊富なインターフェイス

Dell G5 SE 5505はフルサイズのSDカードを含むインターフェースの良さが魅力。スペック的にゲームだけでなく、動画編集やRAW現像でも十分使えるスペックを持っているため、他のノートパソコンよりも取り回しがよくなります。ミニディスプレイポート、HDMIケーブルの二系統もあり複数画面出力も可能です。

目次に戻る⇒

 

Dell G5 15 SE(5505)のデメリット・欠点

スピーカー性能が低い

DELL G5 15 SE(5505)はスピーカーが貧弱な印象です。特に低音が弱くなっています。スピーカー音量を最大にしてFFベンチマークを回すと若干音割れしているような印象も受けたため、メインPCとして使うのであれば外付けスピーカーを購入した方がより快適に使えそうな印象を受けました。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

SIMPC|シンプシー
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on SIMPC|シンプシー

ミドルレンジで手に入れやすい価格帯のゲーミングパソコン。第3世代RyzenプロセッサのおかげでCPU性能が文句なしの超高性能となっており、マシンパワーに余力がある点が魅力。価格から考えれば、この性能は破格といってもいいほど。さらにオールAMDなのでロマンもある。ただ、珍しいソフトウェアを使う場合は注意が必要かもしれない。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 見た目がゴツくて男性向きかも
  • かなり重くて持ち運びが大変

 

Dell G5 15 SE(5505)がおすすめな人

安く高性能なゲーミングパソコンが欲しい人

Dell G5 15 SE 5505は安くて高性能なゲーミングパソコンが欲しい人にはピッタリです。最廉価のRyzen5 4600Hモデルでも2019年に発売されたデスクトップを性能面で上回ることが多いため、非常に魅力的なノートパソコンとなっています。

 

Dell G5 15 SE(5505)がおすすめではないタイプ

持ち運びを想定している人

Dell G5 15 SE 5505は持ち運びを想定している人には不向きです。USB-PDは使えませんし、何より充電器の重さが1kg近くあります。

 

Dell G5 15 SE(5505)のカスタマイズ・モデルの選び方

最高クラスでRyzen 9 4900Hモデルも選べるため、カスタマイズに悩みますが個人的にはRyzen7 4800Hモデルが良いと考えます。第3世代Ryzenシリーズは性能が大きく飛躍したため下位グレードでも十分な力を発揮できるようになりました。Dell G5 15では5,7,9のシリーズから選べますが、それならRyzen7を購入しゲーミングマウスなど周辺機器にお金を使った方がより良い環境投資になると考えます。

公式サイトでラインナップを見る

 

Dell G5 15 SE(5505)の実機レビューまとめ

高性能プロセッサで安いPCが欲しい人向け

結論

Dell G5 15 SE 5505は第3世代Ryzenを搭載することで、コストパフォーマンス面で大きな魅力を持ったゲーミングノートです。

高い性能を持ちつつ、豊富なインターフェイスがあり、かつハイリフレッシュレートにも対応。これといった弱点がなく、初心者向けのエントリーゲーミングとしては、お財布に優しい上に間違いのないモデルになっています。

 

Dell G5 15 SE(5505)を安く買う方法

DELLを安く買う場合は公式サイトにてキャンペーンをチェックの上、購入して下さい。特に週末など限定セールがある場合があるので必ず以下のバナーからチェックするようにして下さい。

デル株式会社

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

© 2021 SIMPC(シンプシー)