Galaxy A51の実機レビュー

Galaxy A51 5Gレビューの概要(ポイント)

マクロ搭載のミドルレンジ5G

Galaxy A51 5Gはシリーズの中でSnapdragon765Gを搭載したミドルレンジスマートフォンです。2020/11/24段階でdocomoで5万円台(割引前価格)から購入することができる一台。中価格帯モデルとしては非常にできが良く、性能、RAM、ROM、そして美しいディスプレイを備えた一台となっています。

また、この機種はGalaxyシリーズで非常に珍しいマクロカメラを搭載しており、近距離でより高精細な写真を撮影できることを特徴としています。

ミドルレンジのSnapdragon765Gは一般用途向けの利用としては必要十分。初心者からスマホは基本的にLINE、電話、SNSだけという人にすすめたい一台です。

簡易スペック表

発売日 2020/11/07
SoC Snapdragon765G
RAM 6GB
ROM 128GB
画面 6.5インチ
重量 189 g
5G(Sub-6)
5G(ミリ派)

※詳細は公式スペック表でご確認ください。
※au版の発売日です

docomo版で定価70,488円で発売開始。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またオンラインショップで購入すると事務手数料が無料になります。

 

Galaxy A51 5Gの目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。筆者が使った主観的な内容については、メリット・デメリットの項目で記載しています。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューはメーカーからお借りしてレビューを行っています。

 

Galaxy A51 5Gの特徴

この項目ではGalaxy A51 5Gの特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

Galaxyのミドルレンジスマートフォン

Galaxy A51 5Gはシリーズの中でお手頃価格でGalaxyのUIと5Gを体感できるモデルになっています。これまでのAシリーズはお手頃価格が優先されてきた印象でしたが、今回のA51では5Gに対応していることもあってか、チップセットがSnapdragon765Gの上等なモデルで6GB RAMなど一世代前のハイエンドクラスの仕上がりとなっています。

取扱はドコモとauで割引前価格で8万円以下で手に入れられるため、ミドルレンジスマートフォンとしては非常に魅力的な機種と言える一台と言えます。

 

マクロカメラを含む4眼カメラ

Galaxy A51の最大の特徴はこれまでのGalaxyシリーズでは珍しかったマクロカメラを搭載していることです。固定フォーカスのマクロですが、これにより被写体に寄って撮影ができるようになりました。例えば、花であったりネイルであったり細かな部分を写真で撮ることができるカメラ構成です。その他には広角、超広角、被写体深度のカメラを積み、計4眼となっています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gの価格とコストパフォーマンス評価

Galaxy A5 5Gの価格は7万円台です。本体の仕上がり、画面の綺麗さ、5Gに対応している、キャリアであればここから割引価格が適用されるということを考えればコストパフォーマンスに優れた機種と言えるでしょう。ただし、カメラ性能に関しては後述しますが、写真性能から考えると価格は割高感を感じざるをえません。Galaxy A51はdocomoとauで取り扱われています。

価格情報について

価格については執筆時点(2020/11/17)の情報です。現在の価格については各サイトをご覧ください。

docomo版で定価70,488円で発売開始。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またオンラインショップで購入すると事務手数料が無料になります。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gのマシンスペック

マシンスペック

Galaxy A51 5Gのマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2020/11/07
寸法 159.2×74.1×8.7mm
重さ 189g
ディスプレイ サイズ 6.5インチ
形式 OLED
画素数 1080×2400
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 電池容量 4500mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電
プロセッサ(Soc) Snapdragon765G
GPU 記載なし
ストレージ(ROM) 128GB
メモリ(RAM) 6GB
外部メモリ 最大1GB(microSD)
通信 下り最大 公式記載なし
上り最大 公式記載なし
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報 公式記載なし
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS Android10
SIMサイズ nanoSIM
DSDV ×

※スペック詳細はこちら

 

対応バンドについて

キャリア版のため非掲載です。

 

スペックの解説

Galaxy A51 5Gは中位グレードに当たるモデルですが、RAM6GBなど少し高めのスペックを積んでいるためミドルハイと言えます。後述のメリットでも書いていますが、Snapdragon765Gが優秀でミドルレンジクラスとは思えないほどのキビキビとした動きを見せてくれます。一方、スペック上の弱点として5Gの最新の通信規格に対応しているにもかかわらずWi-Fi6には対応していない点、ハイリフレッシュレートには対応していない点が挙げられます。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gのベンチマークテスト

Antutu

Antutuベンチマークのスコアは以下の通り321303となりました。その他の機種比較についてはAntutuベンチマーク測定データまとめと比較下さい。

 

GeekBench

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Galaxy A51 5Gの通信スピードテスト

Wi-Fi環境テスト

Galaxy A51 5Gの通信環境テストをアプリOoklaを用いて行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

全体的にPING、ジッターは安定していますが最長距離に当たる部屋2では下りの速度が落ちる傾向が見られました。部屋一つ挟む程度では安定した速度が得られています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gのカメラスペック

カメラスペック

メインカメラ

カメラスペックは以下の通りです。最大光学ズームは5倍でスマートフォンとしては業界トップクラス、さらにデジタルズームでは50倍となっています。広角カメラは1億画素を突破しています。望遠カメラは光学ズームできますが、F値は他モデルに比べて高くなっています。またスペック表には記載していませんがレーザーAFセンサー(被写体深度センサー)を備えています。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 4800万 2.2 - -
超広角カメラ 1200万 2.2 - -
マクロカメラ 500万 2.4 - -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

インカメラ

インカメラ(TrueDepthカメラ)のスペックは以下の通りです。前モデルとスペックは同様です。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 3200万 2.2 -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

動画撮影能力

アウトカメラのスペックは以下の通りです。

4K 撮影 30fps
1080P 撮影 30fps
720P 撮影 30 fps

 

インカメラのスペックは以下の通りです。インカメラでも4K、30fps撮影が可能です。

4K 撮影 30 fps
1080P 撮影 30fps
720P 撮影 30fps

 

Galaxy A51 5Gで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。まず、Galaxy A51 5Gでズーム機能を検証しました。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

10倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

暗い花の写真

 

接写能力を検証しました。Galaxy A51はマクロカメラを搭載しているため他のカメラと比較して接写可能です。しかしながら固定フォーカスでかなり限られている印象です。P30 Proなどのハイエンド機種の方がより寄ることが可能です。

マクロカメラで撮影

50にピントを合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ感は普通です。

前の明るい花にピント

後ろの暗い花にピント

 

ポートレートモードで撮影しています。葉の先が若干欠けていますが、ミドルレンジのポートレートとしてはそれなりに優れている印象です。

 

 

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。本来色味はもっと黄色ですが、白っぽく出ています(ZenFoneシリーズと同じ傾向)。写真はノイズも見られるため夜景モードはあまり期待しない方が無難です。

1個

4個

8個

12個

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gの外観

Galaxy A51 5Gの背面です。ブラックで縦にラインが入ったようなデザインになっています。今回レビューしたのはドコモモデルでセンターに大きなロゴが記載されています。

 

カメラは四眼で長方形形状となっています。カメラバンプ(高さ)はほとんどなくスマホを置いてもガタつきは小さめです。

 

表面です。有機ELで画面は非常に高精細です。なおディスプレイ内指紋認証となっています。

 

上部です。ベゼルは大きめでピンホールカメラを採用しています。

 

下部ベゼルです。

 

上側にはSIMスロットがあります。

 

本体右側です。音量ボタンと電源ボタンがついています。本体左側には何もありません。

 

下側にはUSB-C、スピーカー、3.5mmヘッドフォンジャックがあります。スピーカーは単独でモノラルとなっています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gのメリット・長所

ミドルレンジとは思えない弱点のない仕上がり

Galaxy A51は今までのAシリーズでは感じない弱点のない仕上がりとなっています。本体の高級感、画面に美しさ、本体性能がベンチマークの結果からもわかるように2世代前のハイエンド級のCPUを搭載しており、もたつきをほとんど感じません。低価格帯で手に入る5Gモデルとしては、ライトユーザーにこそおすすめしたいモデルと言えるでしょう。

 

有機ELディスプレイが美しい

Galaxy A51を初めて持った時に驚いたのですが、有機ELディスプレイが非常に美しく没入感のある仕上がりになっています。これまでのAシリーズとは別格に感じるモデルとなっています。

 

マクロカメラ搭載で撮影シーンが広がる

Galaxy A51にはマクロカメラが搭載しており、接写が可能になっています。マクロカメラを搭載しているだけで撮影できるものの幅が広がるので、ぜひ使いましょう。ただし、注意点としてGalaxy A51のマクロカメラはそのまま起動ではなく、「その他」を選択してからマクロレンズを起動する必要があるので注意してください。

 

精度の良いディスプレイ指紋認証

ミドルレンジクラスのスマホの場合、CPUのせいかセンサーのせいなのかはわかりませんが、ディスプレイ指紋認証が遅れるケースが散見されます。しかしながら、Galaxy A51では超高速とまではいかないものの、かなり快適に使うことが可能となっています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gのデメリット・欠点

カメラ性能がもう一つ

Galaxy A51では4眼カメラを搭載していることをウリにしていますが、写真撮影能力は上位モデルとは水を開けられています。光学ズームレンズを搭載していないこともありますが、デジタルズームの処理が甘く、望遠を多用する人には向きません。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gの口コミ・評判

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Galaxy A51
Average rating:  
 2 レビュー
by Ao on Galaxy A51

PD対応充電器と相性が悪いのか充電できなかったりする。

by SIMPC on Galaxy A51

ハイエンドを求める人には物足りないかもしれないが、ライトユーザーにはこれ以上ないほどぴったりな低価格帯ギャラクシー。値段は安いが見た目の高級感もあり、安っぽさがない点も魅力の一つ。カメラ性能はミドルレンジなりなのでもしそこにこだわるならハイエンドを選ぶべきでしょう。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gの女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 画面が綺麗
  • 本体が大きい割に軽く感じる

 

Galaxy A51 5Gがおすすめのタイプ

Galaxyを使っていて価格を抑えたい人

Galaxyシリーズは2019年ごろからたくさんのラインナップを提供するようになりました。中でもハイエンドのSシリーズ、Noteシリーズは過去モデルと比較して価格が上昇傾向にあり、ライトユーザーには手が出しにくい価格になっています。しかし、そこを補填するかのようにGalaxy Aシリーズが登場し、低価格帯の穴を埋めています。低価格帯とはいえ、本体が安っぽくなく最低限の機能をしっかりと網羅したモデルのため、ライトユーザーには機種変先としてぴったりのモデルと言えます。

 

マクロカメラを使いたいユーザー

マクロカメラ搭載スマートフォンはキャリアモデルではあまり有りません(中華SIMフリースマートフォンのミドルレンジには多い)。それゆえに接写をしたいユーザーにとってはGalaxy A51は魅力的なモデルになります。ただし、P30 Proなどはマクロカメラを搭載していないものの、マクロカメラ並に撮影できるので、ハイエンドを検討している人はこちらも合わせて見ておくと良いでしょう。

 

Galaxy A51 5Gをおすすめしない人

ハイエンドを追求する人

Galaxy A51は本体スペックにしてもカメラスペックにしてもミドルレンジでなんでもこなせるものの、悪く言えば中途半端です。ハイエンドを狙うなら、Galaxy S20、エッジの効いたモデルを選択するならNote20Galaxy Z Flipなども候補に入れてみると良いかもしれません。

 

Galaxyらしい写真写りを求める人

Galaxy AシリーズはSシリーズとはカメラが別物でGalaxyシリーズでよく見られるヴィヴィットな絵作りはされておらず、ナチュラルに写ります。それゆえに写真に迫力が足りないと感じるかもしれません。Galaxyらしい写りを求めるなら上位モデルをおすすめします。

目次に戻る⇒

 

Galaxy A51 5Gの実機レビューまとめ

ライトユーザーにぴったりのGalaxy

結論

Galaxy A51は必要な機能をばっちり抑えた魅力的なミドルレンジモデルです。価格が安いこともあり、エントリーユーザーにぴったりのモデル。

カメラの性能(Galaxyらしい絵作り)や3Dゲーム性を求めるなら、上位モデルをおすすめしますが、電話、メール、SNS、Line程度であれば、Galaxy A51は十分以上の性能をしっかりと発揮してくれる一台となっており、初心者におすすめです。

docomo版で定価70,488円で発売開始。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またオンラインショップで購入すると事務手数料が無料になります。

 

Galaxy A51 5Gのキャンペーン・安く買う方法

Galaxy A51はdocomoとauで発売されているモデルです。それぞれ、各オンラインショップから申し込むことで事務手数料が無料になり割安で購入することが可能です。

 

なお、auオンランショップでの安く買う方法については以下の記事で紹介しているので、必ず目を通しておいてください。

auでキャンペーンやポイント術を活用して安く買う方法・コツ

スマートフォンは高額なためできるだけ安く手に入れたいと思うのが心情。しかしながら、スマートフォンの契約は正直ややこしく、億劫になってしまう人も多いと思います。 そこでこのページでは、au公式で行われて ...

続きを見る

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

ハイエンドに当たるライバル機種のレビューです。

 

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)