Android One S8の実機レビュー

Android One S8レビュー概要

仕上がりの良いエントリーモデル

Android One S8は京セラから販売されているエントリー向けのスマートフォン。格安スマホらしい低価格帯でありながら、メモリが4GBと多いなどエントリープラスαのスペック構成となっていて余裕を持たせたモデルになっています。

本体背面がスマートフォンでは珍しい質感になっており、指紋がつかず、かつ質感が良いためケース無しで使いたい人におすすめ。ケースを付けなければその分、薄く、軽くなり持ち運びを楽にすることができます。

ただし、Wi-Fiが弱かったり、カメラの連射性能が低いなどの点で弱点もあるのでデメリットをよくご確認ください。

簡易スペック表

発売日 2020年12月17日
SoC MediaTek Helio P65
RAM 4GB
ROM 64GB
ディスプレイ 5.5インチ
重量 167g
5G(Sub-6) 非対応
5G(ミリ波) 非対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

Android One S8はワイモバイルの専売モデルです。新規・機種変更で買う場合は申し込みで特典が異なるため、以下の記事をご覧ください。マンガで解説しています。

 

Android One S8レビューの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合は「おすすめのタイプ」の項目からチェックください。

※この記事はY!mobile公式サイトよりAndroid One S8を購入した上で執筆しています。

 

Android One S8の特徴

ここではAndroid One S8の一般的な特徴について解説しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

エントリー+αな構成の一台

Android One S8はスペック面で見た時に非常にスタンダードな構成。プロセッサにはMediaTekが使われている点が他の多くの格安スマホとは異なりますが、メモリは4GBとなっており一般的な国産スマートフォンを比べると少し大きくなり、余裕を持たせています(国内格安モデルは3GBメモリが多い)。

 

デザインの優れたスマートフォン

Android One S8では背面にザラザラ感のある珍しい質感の素材を採用しています。海外製のスマートフォンではここがプラスチックでデザインが光沢で安っぽかったりしますが、このAndroid One S8ではそういったことはなく、特殊な質感ゆえに高級感を増しています。

 

Android One S8の価格とコストパフォーマンス

Android One S8はコストパフォーマンス的には微妙です。価格は安く手に入れやすい側面はあるものの、同ランクに位置するAQUOS sense4 basicの出来が優れており、かつ安いからです。スペック的にはAQUOS sense4 basicの方が劣りますが、ソフトウェアの問題なのかAQUOSの方がサクサク動きます。もしコストパフォーマンスを求めるなら、より安いAQUOS sense4 basicも合わせて検討する方が良いでしょう。

価格情報について

2021年3月30日時点のコスト評価です。現在の価格については各サイトをご覧ください。

Android One S8はワイモバイルの専売モデルです。新規・機種変更で買う場合は申し込みで特典が異なるため、以下の記事をご覧ください。マンガで解説しています。

 

Android One S8のマシンスペック

今回レビューしたAndroid One S8のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日 2020年12月17日
製品名 Android One S8
型式
サイズ 162×76×8.7mm
質量 169g
ディスプレイ サイズ 6.26インチ
形式 TFT液晶
画素 2280×1080
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 容量 4100mAh
ワイヤレス充電 非対応
知バースチャージ 非対応
急速充電 非対応
プロセッサ MediaTek Helio P65
GPU 内蔵
メモリ(RAM) 4GB
メモリ(ROM) 64GB
外部メモリ 形式 microSDXC
容量 1TB
通信 上り最大 112.5Mbps
下り最大 46Mbps
Wi-Fi6 非対応
bluetooth バージョン 5.1
最大接続台数 記載なし
生体認証 指紋認証 非対応
ディスプレイ内指紋認証 非対応
顔認証 対応
光彩認証 非対応
おサイフケータイ 対応
緊急避難速報 対応
防水 IPX5,IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 非対応
OS USB-C
SIMサイズ nanoSIM
DSDV 非対応
5G通信 非対応

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

対応バンドについて

キャリアモデルのため未掲載です。

 

スペックの解説

Android One S8ではプロセッサにHelio P65が用いられています。スペック的には低めで動作はややもっさりします。特にカメラ起動時にワンテンポ遅れる印象を受けました。ディスプレイはTFT液晶ですが格安モデルとしては画素数は高めとなっています。注意点として下り最大速度が112.5MbpsとなっているためY!mobileの通信速度を活かしきれないスペック構成になっています。

 

Android One S8のベンチマークテスト

Antutu

Antutuの値は以下の通りです。その他の機種比較についてはAntutu測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

GeekBench

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Android One S8の通信スピードテスト

測定環境・条件

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher A10 Proを用いました。Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:39.7Mbps
ポイント②:22.3Mbps
ポイント③:33.9Mbps
ポイント④:27.4Mbps
ポイント⑤:33Mbps
ポイント⑥:12.2Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING ジッター
単位 Mbps Mbps ms ms
ルーター前 39.7 26 5 14
ポイント② 22.3 1.12 6 6
ポイント③ 33.9 13.9 5 30
ポイント④ 27.4 3.08 5 26
ポイント⑤ 33 5.67 6 6
ポイント⑥ 12.2 2.47 7 128

 

通信スピードテストの評価

Android One S8のWi-Fi能力は非常に低いです。2.4GHzの広範囲に広がる無線であっても50Mps以下の結果しか得られていません(同環境において他は100Mbps以上を超える)。特に距離に反比例して通信が不利になっていく結果が得られているため、4LDKクラス以上ではハイグレードなWi-Fi環境を作っておかないと通信が厳しくなると予想されます。

 

Android One S8のカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1600万画素
超広角カメラ 800万画素

メインカメラ評価

広角カメラと超広角カメラを備えています。画素数から考えると値段は低めと言えます。


インカメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 800万画素

アウトカメラ評価

インカメラは800万画素シングル構成です。顔認証に対応していますが、IRカメラは有りません。


Android One S8で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。0.5倍では暗いですがその他は比較的綺麗です。

0.5倍

1倍

2倍

4倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロカメラがないこともありますが、全く寄れません。

文字を撮影

50に合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ味はかなり弱い印象です。

前の花にピント

後ろの花にピント

 

ポートレートモードで撮影を行いました。ポートレートの輪郭を正確にとらえておらず切り抜き位置がズレています。

ポートレート①

ポートレート②

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。夜景は比較的輪郭をしっかりと捉えていますが若干ノイジーです。

1個

4個

8個

12個

 

Android One S8の外観

背面です。今回購入したのはペールブルーで、ミントっぽい色合いが特徴です。表面はマット仕上げになっており、サラサラとした質感になっています。

 

表面です。TFT液晶でディスプレイは綺麗です。格安モデルということもあってかベゼル幅は広め。特に下部が大きく気になります。

 

上側です。ヘッドフォンジャックを備えています。

 

下部にはUSB-Cポートが有ります。

 

本体右側です。音量ボタン、電源ボタン、Googleアシスタントボタンを備えています。アシスタントボタンのみバイカラーとなっています。

 

本体左側です。SIMスロットを搭載しています。

 

実際に手に持って見た様子です。

 

Android One S8のメリット・魅力

軽くて大画面

Android One S8を持ってみるとわかりますが、大画面にもかかわらず持ちやすくなっています。6インチを超える大画面モデルは重くなり、長時間見ることが厳しいことも多いので、嬉しいメリットと言えるでしょう。

 

ケースなしで持ちやすい一台

Android One S8は傷が付くことを気にしなければ、ケース無しで運用して欲しいモデルと言えます。背面はザラザラとした質感のプラスチックになっており、指紋が付きません。またその質感自体もおしゃれです。ケースを付けないことで軽く使えるなどのメリットも大きいので、ケース無し運用をしたい人に検討して欲しいモデルです。

 

低価格帯ながら基本をしっかり抑えている

Android One S8は低価格帯スマートフォンですが、防塵・防水、おサイフケータイといった基本をしっかりと抑えています。

 

Android One S8のデメリット・欠点

スペックは低め

サクサクと使えることに間違いはありませんが、昨今のスマートフォンのトレンドから考えるとスペック、ベンチマーク結果は低めです。ただし、低価格帯で限って言えば、むしろスペックは高めの部類に入ることは覚えておきましょう。

 

バッテリー面で少し不利

Android One S8はワイモバイルの専売モデルですが、同時期に発売されたモデルとしてAQUOS sense4 liteという存在があります。このモデルはIGZO搭載、大バッテリーとなっているため相対的に不利になります。

 

指紋認証がない

Android One S8には指紋認証がありません。顔認証だけなので注意して下さい。

 

カメラの連写性能が低い

実用性の面で最も気になったのがカメラの性能。画質は価格なりなので気になりませんが、それよりも保存のスピードが遅いことが気になりました。こういったところでプロセッサの弱さが出ているようです。

 

Wi-Fiの通信速度が遅い

ベンチマーク結果の通り、Wi-Fiの通信速度がかなり遅めになっています。4LDK環境以上ではスマホ側の問題でうまく通信できない可能性もあるので、注意してください。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Android One S8
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Android One S8

本体の質感が高い点、ディスプレイが大きいのに軽くて持ちやすい点など評価できるポイントはたくさんあるものの、Wi-Fiの遅さとカメラの起動の遅さ(オートフォーカス含む)が弱点。同じ値段帯なら他のモデルの方がおすすめです。

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 本体が濃いブラウンで高級感がある
  • 持ち運びは厳しい

 

Android One S8のおすすめな人

ケース無しで運用したい人(軽い方が良い人)

Android One S8を実際に触ってみて感じた最大のメリットはやはりケース無しで運用できる背面素材と指紋がつかない質感と言えます。光沢プラスチックでは指紋が付くことを避けるためにケースを付けたりするので、余計なコストをかけたくない人や軽さを最重要視したい人には向いているといえます。

 

スタンダードなスマホが欲しい人

Android One S8は格安スマホに位置されるモデルですが、年々このクラスはレベルが上がっているためスタンダードモデルとなりつつあります。電話、LINE、メールなどがメインの人には良い候補となるでしょう。

 

動画をよく見る人

Android one S8はディスプレイサイズが大きい割に、軽いため動画を長時間見る人におすすめです。ヘッドフォンジャックも備えているため、有線イヤホンで楽しむことも可能です。

 

Android One S8のおすすめではないタイプ

ハイスペックなスマホが欲しい人

Android One S8は価格帯から見て、スペックはどうしても低くなってしまいます。ハイスペックなスマホが欲しい人はワイモバイルではiPhoneがあるのでそちらを選ぶ方が良いでしょう。

 

カメラの撮影スピードを重視する人

カメラを多用する人はAndroid One S8を避けた方が無難です。デメリットでも書いた通り、連写スピードが遅いのでシャッターチャンスを逃す恐れがあります。

 

コスパを求める人

さらに安くて使い勝手の良いスマートフォンを求めている場合は、同じY!mobileのAQUOS sense4 Basicがおすすめです。スペックは劣りますが、うまくまとめられており快適性は上です。以下でレビューしているので合わせて参考にしてください。

AQUOS sense4 basicの実機レビュー

2020年11月に発売されたAQUOS sense4 basicの実機レビューです。専売モデルで1万円台で購入できるにも関わらず十分なスペックと大容量バッテリーを持つモデルです。

続きを見る

 

Android One S8の実機レビューまとめ

ケース無しで使いやすいスマホ

結論

Android One S8は格安スマホながら基本をしっかりと抑えておりスタンダードに使える一台です。特に4GBとメモリ量が多く、他の国産格安スマホと比べると余裕があります。3Dゲームなどスマホをハードに使う人は除き、一般的な用途(電話、ライン、ネットサーフィン、YouTube)などであれば、これで十分と言えるモデルです。特に本体が大画面で軽いので映像を楽しむ人にとってはメリットが大きいでしょう。

Android One S8はワイモバイルの専売モデルです。新規・機種変更で買う場合は申し込みで特典が異なるため、以下の記事をご覧ください。マンガで解説しています。

 

Android One S8を安く買う方法

Android One S8はワイモバイルの専売モデルです。そのため、購入経路は公式のみとなります。公式から安く買う方法については以下のページからご覧ください。

ワイモバイル(Yモバイル)のキャンペーン・キャッシュバックや学割を利用して最大限安く乗り換える活用法

\最大還元を受けるにはこちらをクリック/   このページではY!mobile(ワイモバイル)のキャンペーン・キャッシュバックについて、4年以上、6社の格安SIMを使っている私が最大限活用する ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)