iPhone SE 第二世代 (2020)の実機レビュー

iPhone SE 第二世代(2020)レビューの概要(ポイント)

2020年版のiPhoneSE

2020年に発売されたiPhone SEは、iPhone8と同じ筐体を持ちながらA13 Bionicを搭載した高性能スマートフォン。

アウトカメラを強化しつつ、イン・アウトカメラともにポートレートモードに対応するようになりました。

本体は4.7インチで重さは148gと軽量。さらに64GBモデルなら消費税込みでも5万円以下の価格設定。

これまでiPhone8以前のモデルを使ってきた人にとって、非常に魅力的なモデルに仕上がっています。

簡易スペック表

発売予定月 2020/04/24
SoC A13 Bionic
RAM 3GB(※)
ROM 64~256GB
画面 4.7インチ
重量 148 g
5G(Sub-6) 非対応
5G(ミリ派) 非対応

※Geekbench5測定より判明

iPhone SE(2020)
Apple
64GB:44,800円~
キャリア価格は各公式をご覧ください。
※オンラインなら事務手数料(3,000円)が無料になります。

お知らせ

さらにiPhoneSEが格安SIMでも買えるようになりました。月額料金が大幅に安くなるのでぜひ検討してください。Y!mobileなら最大8555円分のポイントが貰えるので非常にお得。詳しくはワイモバイルのキャンペーンをご覧ください。

本文の前に

SIMフリー版のiPhoneを買おうとしている場合は、「Apple 製品を安く買う方法」の記事もご覧ください。1,2分のちょっとした手続きだけで1%の楽天ポイントと今なら500円分の楽天ポイントがもらえます(たまにポイントアップすることもあるので要チェックです)。

Apple製品(iPhone・iPad・MacBook)を安く買う方法

iPhone、iPadをはじめとしたApple製品は魅力的です。しかしブランドがしっかりしている分、価格は高くなっています。だからこそ、ほんの少しでも安く買いたいと思う人は多いはず。 そんな人のために ...

続きを見る

iPhone SE 第二世代(2020) 実機レビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューはApple Storeにて実機を購入の上レビューしています。

 

iPhoneSE 第二世代(2020)の特徴

この項目ではiPhone SE 2020のメーカーの特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

148gと超軽量な本体

iPhoneSE 2020では重量は150gを切り、148gとなっています。この重量はiPhone8と全く同じ。iPhone11 Proは188gなので40gも差があります。

 

高性能になったカメラでポートレートも可能

iPhone XRから搭載されたシングルカメラポートレートがiPhone SE 2020でも搭載されることになりました。iPhone8でも同じ画素数(1200万画素)ですが、ソフトウェア側で機能追加されることはユーザーにとってはありがたい限りです。

 

ホームボタン(Touch ID)が復活

iPhone SE 2020ではホームボタン(Touch ID)が復活しました。iPhoneX以降のFACE IDではマスクを認識しないことから日本の環境では不利でしたが、Touch ID搭載のA13 Bionicモデルが出たことは有難い限りです。

目次に戻る⇒

 

iPhone SE 第二世代(2020)の価格とコストパフォーマンス評価

iPhoneSE 2020は価格が安いです。Apple Storeでの実売価格は以下の通りです。

容量 値段
64GB 44,800円
128GB 49,800円
256GB 60,800円

 

価格とコストパフォーマンスの観点から考えると、64GBで消費税込みでも5万円切りとなっており、非常に優れていると言えます。Androidoでは5万円以下でハイエンドチップセット(Snapdragon800番台、もしくはKirin900番台)を載せているものはほとんどないので、性能コスパは圧倒しています。

特に狙い目は128GBです。5,000円アップで容量が倍になるのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

価格情報について

執筆時時点の情報です。また、上記はApple Storeでの実売価格になります。各キャリアの値段は各公式サイトをご覧ください。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)のマシンスペック

マシンスペック

iPhone SE 2020のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2020/04/24
寸法 67.3×138.4×7.3mm
重さ 148g
ディスプレイ サイズ 4.7インチ
形式 Retina HD
画素数 1334×750
バッテリー 電池容量 公式記載なし
ワイヤレス充電
リバースチャージ ×
急速充電 対応
プロセッサ(Soc) A13 Bionic
GPU 公式記載なし
ストレージ(ROM) 64,128,256GB
メモリ(RAM) 公式記載なし
外部メモリ -
通信 下り最大 公式記載なし
上り最大 公式記載なし
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証 ×
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水(お風呂) IPX5,IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ Lightning
OS iOS 13
SIMサイズ nanoSIM,eSIM
DSDV

※スペック詳細はこちら

対応バンドについて

4G 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/14/17/18/19/20/21/25/26/28/29/30/32/34/38/39/40/41/42/46/48/66
3G 850MHz / 900MHz / 1700MHz / 1900MHz/2100MHz

スペックの解説

iPhone SE 2020はA13 Bionicを積んでいることもあって、高性能と捉えられるかもしれませんが、個人的にはバランスが悪いと感じます。というのもSocのみが突出し、ディスプレイスペックが置き去りになっているように見えるからです。iPhone8と部品を共通化したことでコストダウンを図ったのかもしれませんが、できればLiquid Retinaを搭載して欲しかったところです。

ただし、これはマイナス面ばかりではなく、液晶のディスプレイスペックが低ければ負荷がかからずSoC性能やバッテリーの持ちの面でプラスに働く可能性もあります。他に目立った特徴として、iPhoneSE 2020ではWi-Fi6に対応しています。またApple Payも対応です。

海外版(グローバル版)について

グローバル版iPhoneはイオシス でよく販売される香港版では物理SIMが2枚挿しでき、Felica(Suica)にも対応しています。海外版はEtrorenなどの販売窓口がありますが、日本で買うつもりなら国内に数多くの店舗があるイオシスが良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE(第二世代) 2020のベンチマークテスト

GeekBench5

GeekBench5の測定結果は以下の通りです。クリックで画像を拡大することができます。

 

iPhoneSE 第二世代(2020)のカメラスペック

カメラスペック

カメラスペックは以下の通りです。ズームに最大倍率は5倍です。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
メインカメラ  1200万 1.8
インカメラ  700万 2.2 -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

動画撮影能力

アウトカメラは以下の通りです。4Kは30fpsです。

4K 撮影 24,30,60 fps
1080P 撮影 30,60 fps
720P 撮影 30 fps

 

インカメラはのスペックは以下の通りです。おそらくiPhone8と同等クラスを搭載しています(iPhone11系統では1080Pは60fpsにも対応しているため)。

1080P 撮影 30 fps

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)で撮影した作例

標準レンズと光学ズームした時の比較です。ズームでも荒れは少なく実用性は高いと感じました。

オート

光学2倍

 

フォーカスによるホワイトバランスの変化を検証しました。あまり色の変化は感じませんでした。

黒にフォーカス

緑色の葉にフォーカス

 

接写能力を検証しました。文字にピントが合うことを前提に撮影しています。iPhoneシリーズ全般に言えることですが、接写能力は低いです。

充電器の文字にピント

50に合わせて撮影

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)の外観

iPhone SE 2020は上下にベゼルのあるデザインです。iPhone8からの変更点として白色モデルでも前面が黒になっています。黒・白・赤のカラーバリエーションになっています。

まず外箱と外観です。

 

以下はiPhone XS MAXとの比較ですが、かなりはっきりとした白色になっています。

 

上部には何もないすっきりとしたデザインです。

 

右サイトにはマナーモードボタンと音量ボタンがあります。

 

右サイドにはnano SIMスロットと電源ボタンがあります。

 

下部にはLightningコネクタがあります。ヘッドフォンジャックはありません。

 

カメラ高さは0.7mmとなっています(参考値:iPhoneXs MAXは1.1mm、iPhone11 Proは1.0mm)。

 

付属品です。

 

コンセントはUSB-Aとなっており、iPhone8同様に低速充電になります。

 

参考までにiPhone11 ProとiPhone XS MAXと比較した写真です。

 

iPhone11 Proと比較すると薄くなっています。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)のメリット・長所

本体価格が安い

最も容量の小さな64GBであれば、税込みでも5万円を切る価格になっており格安スマホ並みのレベルと言えるでしょう。コストパフォーマンス評価でも書きましたが、ハイエンドのSoCを搭載して5万円以下は国内販売されているスマホではほぼありません。

SIMフリーモデルで言えば、値落ちしたHuawei nova 5Tくらいでキャリア版では値引きを考慮しなければ、5万円以下のハイエンドモデルはありません。価格は安い方がいいが、性能は妥協したくない。という人にピッタリすぎるスマートフォンと言えます。

 

重量が軽い

iPhone SE 2020は本体の重さが148gしかありません。長時間の通勤・ゲームは直接肩に負担が来ます。重量が軽いことは長く使うためには最重要項目と言ってもいいほどです。

 

背面の白が美しい

私が購入した白に限った話ですが、鮮やかな白で美しいです。サイドのアルミニウムの加工も滑らかなので、ケース無しで運用したくなる色合いになっています。

 

インアウトともにポートレートが可能に

iPhone SE 2020ではiPhone8ではできなかったポートレートモードができるようになっています(iPhone8 Plusは可能)。なお、インカメラもポートレートモードに対応しています。

画質の点ではiPhone11 Proの方が断然上ですが、ポートレートは画質云々ではなく、強制的にボケを生み出しているため、画質以上に美しさの寄与が大きいと感じます。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)のデメリット・欠点

Liquid Retinaではない

iPhoneSE 2020の最大の欠点はLiquid Retinaではないことです(iPhone8のRetina HD相当のスペック)。iPhone8の生産工場を流用したのかもしれませんが、ディスプレイが型落ちとなっているのは残念です。

普段からiPhone11 Proを使っている著者にとっては、残像感がかなりきつく感じました。

 

ホワイトモデルの前面が黒

個人的な意見ですが、私は前面は白の方が好きです。今回カラーバリエーションには白を備えていますが、ホワイトモデルも全面は黒になっています。

 

実際に使ってみるとほとんど気になりませんが、選択肢がなかったことは残念です。

 

超広角・ズームはない

シングルカメラなことでiPhone11 Proのような超広角・望遠は備えていません。

 

インカメラが据え置きである

インカメラ自体はポートレートモードや深度コントロールが可能ですが、ハードウェアスペック上は全くiPhone8と同じとなっています。実機を見ないとわかりませんが、賛否両論分かれるところと言えるでしょう。

 

充電ケーブルが過去モデルである

iPhone11シリーズは充電ケーブルがUSB-CとLightningの充電ケーブルが同梱されていますが、iPhone SEは残念なことに旧モデルです。MacBookがUSB-Cしか搭載していないことを考えると余計な負担がかかる恐れがあります。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)の口コミ・評判

iPhoneSE
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC編集部 on iPhoneSE

150gで軽くて持ちやすく、動作もきびきびとしており、ネット閲覧においては実用上全く問題を感じない。しかし、ポートレートのにじみやOLEDになれた目だと残像感をかなり感じる。指紋認証は実用性が高いので〇。

値段帯から考えると十分コスパは良いのでカメラを重視せず、ネットが中心な人なら買いの一台。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)の女性目線の口コミ

普段、iPhone8を使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 8と同じで軽くて良い
  • 動作の違いは感じない
  • 目新しさはないかも

 

基本的に妻はライトなことしかしないのでiPhoneSEの恩恵を感じづらいのかなと感じました。ただ、持ちやすさが継承していることは良いと評価していました。

 

iPhoneSE 第二世代(2020)がおすすめのタイプ

安く高性能なスマホが欲しい人

iPhoneSE 2020の魅力はチップセット性能に対するコストパフォーマンスです。安くて高性能なスマホが欲しい人は5万円以下で最新のA13 Bionicを積んだiPhone SE 2020はベストな選択肢です。

 

軽いスマホが欲しい人

iPhoneX以降全てのモデルでiPhoneは150gを大きく超える重量になっていました。しかし今回iPhone 8と同じ148gとなったことで、軽さを重視する人でも受け入れられやすいモデルとなっています。

 

iPhoneSE 第二世代(2020)をおすすめしない人

カメラ性能を重視する人

iPhoneに限りませんが、スマホのカメラは複数のカメラを利用することで画質を向上させる方法を取っているケースがほとんどです。特にポートレートモードはソフトウェアの賜物です。シングルカメラのiPhone SE 2020の場合は一つのカメラで強制的に行うため、画質の面でマイナスに働きやすくなります。

また当然ですが、超広角・望遠のレンズがないことで被写体構図のバリエーションが取れないこともカメラ好きにはおすすめできない理由の一つです。

 

液晶の綺麗さを重視する人

iPhone SE 2020は残念ながら、Retina HDのiPhone8相当の液晶ディスプレイです。Androidを含めOLEDを使ったことがある人は画質が悪く見えると推測されます。

目次に戻る⇒

 

iPhoneSE 第二世代(2020)の特徴レビューまとめ

低価格の防塵・防水スマホ

結論

これまでiPhoneはFACE ID搭載、大型化する傾向にありましたが、廉価モデルで全く逆のTouch ID、軽量化モデルを発売しました。

これまで重さに飽き飽きしていた人にとっては最良と言っていいほどの選択肢となるiPhoneです。

唯一の心残りは、第一世代iPhoneSEの4インチサイズの全画面化出なかったことくらいです。

 

iPhoneSE 第二世代(2020)のキャンペーン・安く買う方法

iPhone SE 2020は全てのキャリアで取り扱いがあります。どのキャリアもオンラインの購入で事務手数料が3,000円無料になります。

iPhone SE(2020)
Apple
64GB:44,800円~
キャリア価格は各公式をご覧ください。
※オンラインなら事務手数料(3,000円)が無料になります。

 

関連記事

iPhoneのレビュー

iPhoneの過去レビューです。

 

関連公式サイト

© 2020 SIMPC(シンプシー)